日本酒3rdステージ 

いよいよ日本酒3rdステージに突入です。

日本酒デビュー時の浦霞は呑み終わりましたが、一升瓶の湊屋藤助まだあるし2ndステージの日本酒も勿論まだあります。

でも、ダメなんですよね、色んなものを呑んでみたくて・ ・ ・ ・ ・

先日の週末、気になるお酒をネットで三本注文しちゃいました。

その内の一本が今夜届きました。





e0123808_22375416.jpg

e0123808_22383339.jpg

e0123808_22502897.jpg

-貴(たか)純米吟醸 雄町 中取り 春盃おりがらみ-

「貴(たか)」 

永山本家酒造場  山口県宇部市車地
精米歩合 50% アルコール度数 16.8度
使用米 岡山県産 雄町 日本酒度+5 酸度1.6 



生酒と言うものがどうしても気になって、呑んでみたくなりました。

生酒にも種類が沢山あって、さて、どれにしようか悩んでしまいます。 そこで、2ndステージで特に気に入った貴の生酒にしてみました。


クール便指定で注文したところ、冷え冷えで到着。直ぐに冷蔵庫に入れつまみの支度。適当に揃ったところで、さあ、いただきます!

香りは2ndステージの貴よりも吟醸香がやや弱い感じで、口に含んだ途端舌先にシュワッとした刺激(発砲している訳ではありません)と軽快な口当たり、喉越しはサラっとしてスーっと入って行きました。

「なんだ、これ!? 面白い!!」が第一印象です。

一口、二口、呑み方によっても感じる味が違います。

この清涼感は、乳清をお酒にしたような感覚でしょうか。

今日のメニューでは、牛肉のタタキ・ブルーチーズのサラダと厚焼き玉子とは相性が良く、焼きさつま揚げは普通でNUKADUKEとは相性が良くありませんでした。

乳清を思わせるお酒には、ブルーチーズの様な乳製品はピッタリな感じです。

あくまでも私個人の感性ですので、皆様も是非お試しになっては如何でしょうか。


いやぁ~、日本酒って深いですね。
[PR]
Commented by barbar安 at 2009-04-17 23:29 x
おこんばんは!いやーー、いい感じでやってますねーー!
なんだか、僕も嬉しい気持ちになりますーー!
相変わらず、涎タラタラの美味しいそうなおつまみに、酒!!
こちらこそ、ご馳走様ですって感じです。

生酒についてですが、先週購入した、高知の酔鯨の生酒(1升)を先日、無事に飲みきった所、個人的な感想といたしましては、開封後も、ちゃんと栓をして冷蔵庫で冷やしておけば、なんら問題が無かった様に思えます。ただ、なんとなくですが、時間が経つと若干、冷蔵庫から出した直後のまだ冷えている時に、飲むと少し酸味が強く感じたかなーーーって感じです。適温になると個人的には、気になりませんでした。

ただ、生酒に関しては、僕みたいに一週間で一升飲みきる物といたしましては、なんら問題にならないと思うのですが、時間をかけて飲まれるなら、四合瓶でいかれるのが良いと思います。

また、今度カットしがてら、じっくりと日本酒談義ができる事を楽しみにしております。
Commented by kebariya at 2009-04-18 19:43
barbar安さん

ども、こんばんは。
生酒、美味しいですね! なんだかフレッシュって言うか、まだこれから変わるよって感じがとても良いですね。
カッチリ出来上がった王道の日本酒より、私の様な駆け出しには若々しいフルーティーでフレッシュなお酒が飲み易いです。

呑み切る期間については難しいですねぇ、四合瓶で同じものを一週間ぶっ続けなら何とか成りそうですが、食べるものによっても色々呑んでみたくなっちゃうんですよね。
今はまだ、色々なものを呑んでみたい年頃なんです。(笑
by kebariya | 2009-04-13 23:22 | 日本酒 | Comments(2)