今季初

今年もやります「海フライお馬鹿のシーバストーナメント2016」




【10月10日 曇り17度~23度 北東の風強し】




e0123808_23544114.jpg

-小田原鉛とスッテ-

もう1週間前になりますが、今季初の墨烏賊乗合に行って来ました。




e0123808_23555237.jpg

-同行のやっくさん-

予報とは裏腹に、風、波があります。




e0123808_2358073.jpg

-今季初墨-

近場の中ノ瀬からスタートしましたが、全く乗りません。

移動を繰り返す事5~6回、漸く船中一杯目が上がりました。

この一杯目が乗ったのは、大分後になってからの事でした。


初期の墨烏賊は小さいサイズの数釣りが出来るのが定石ですが、今年はちょっと様子が違いました。

釣果:12杯(100g~430g)コロッケサイズは2杯だけでした。

今週辺りは、500g超えが上がっているようです。





e0123808_091383.jpg

-晩酌-

刺身とホイル焼きです。

白ワインを合わせてみました。

酸味を伴ったドライな白は、刺身にもホイル焼きにも好相性でした。




e0123808_0114937.jpg

-ホイル焼き-

トマトが良いアクセントを与えてくれています。




e0123808_0125596.jpg

-刺身-

コロッケサイズとまあまあサイズの刺身ですが、やっぱりコロッケサイズの甘味は抜群ですね!




e0123808_0144358.jpg

-リゾット風-

ホイル焼きのスープにご飯を入れて、オリーブオイル、塩胡椒、バター、パルメザンチーズで味を調えました。

捨てたのは嘴と目、それに皮位のもので、全て美味しく頂きました。


相変わらずバラシが多く、課題が残ります。

これは、「また釣りに来い」と言われているのだと思います(笑)
[PR]
# by kebariya | 2016-10-17 00:23 | 海の釣り | Comments(0)

今年もやります「海フライお馬鹿のシーバストーナメント2016」




e0123808_2217666.jpg

-2014.2015.二連覇のヒロさん-

今年はどんなドラマ待っているか!?

よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by kebariya | 2016-10-07 22:19 | 海の釣り | Comments(0)

馴らし・雨・雨・雨

【9月18日(日)~20日(火) 雨・雨・雨】

S660の足回りの交換が済んだので、今季最後の岩魚釣りを兼ねて第2弾の馴らしに行って来ました。

圏央道に乗って暫くすると、ポツリポツリと落ちて来ました。

天気予報通りなので覚悟はしていましたが、残念です。

今回は、移動の高速走行を燃費を意識して走ってみました。

一般道に下りてからは、それなりに色々と試しながらの走行となりました。


目的地に着いた頃には、雨は既に本降りになっていました。

朝マズメは断念し、ちょっと仮眠をしてから宿に向かいました。

片道200キロちょい、平均燃費20.0km/l。





e0123808_056491.jpg

-牧之庵-

昼飯は、何時もの牧之庵。




e0123808_058287.jpg

-梅そば-

梅干しの酸味が効いて、とっても爽やかでサッパリと頂けます。

来月は1年分の玄米を分けて貰いに、また、来ます。




e0123808_121327.jpg

-雨-




e0123808_124260.jpg

-雨-




e0123808_13863.jpg

-森の宝石-

昼食後の帰り道、霧雨状態になって来たので釣りをする事に。

車を止め着替え始めた途端、霧雨が雨に ・ ・ ・

もう、着替えちゃったんだから ・ ・ ・ ・ ・


増水で釣り辛く、何とか一尾釣る事が出来ました(ホッ!)

初日は、これにてお終い。




【2日目】

朝、4時45分起床。

カーテンを開け、外を見る。

ああ、やっぱり雨か ・ ・ ・    二度寝。




e0123808_114213.jpg

-山のイタリアン-

延々と雨、止む気配が無い。

今日のランチは、山のイタリアンです。



e0123808_1161346.jpg

-グリーンサラダS-

一口、二口、うんうん旨い。

イケね、写真撮り忘れた!

で、食べかけの写真ですみません。




e0123808_1185162.jpg

-オサレな皿-

釣人をくすぐる、オサレなお皿ですね。




e0123808_1204121.jpg

-窯焼きチーズ-

グラタン皿に数種のチーズを入れ、石窯で焼くそうです。

一緒に添えられるアッソパンも、千切り易い様に切込みが入っています。




e0123808_1232393.jpg

-馬鹿旨-

これ、馬鹿旨っす!

一緒に珈琲を頼んだのですが、車じゃ無ければワインを少々飲んでみたくなりました。




e0123808_1261814.jpg

-みやこわすれ-




e0123808_1264750.jpg

-れんげ-

雨は降り続け、ちょっと買い物をして宿に戻りました。

腹ごなしに、宿の裏の流れを釣ってみました。

ワンヒット、1バラシ。

重さを感じる事無く、ティペットブレークでした。


2日目、ノーフィッシュで終わる。




【3日目】

朝5時起床、今日も雨 ・ ・ ・    二度寝。



e0123808_135175.jpg

-増水&濁り-

朝食を済ませ、昨日釣り損ねたリベンジと宿裏の流れに立ちました。

落込みの脇の渦の中に毛鉤を投入。

毛鉤の5~60センチ離れたところで、岩魚が上流を目指しての遡上行動。

一生懸命、堰堤を登ろうとジャンプをしています。

これじゃ、毛鉤なんかに見向きもしない。

此処は潔く、諦めるとしよう。




e0123808_1425752.jpg

-うな垂れるコスモス-

土手のコスモスも長雨にうな垂れていました。



三日間の釣果、岩魚一尾。

こんな年回りもありますよ、さあ、家に帰ろう。




e0123808_146365.jpg

-お土産-

限りなく天然に近い舞茸とエチゴビールを、私と息子たち用に買って来ました。

さて、何にして頂こう?

楽しみ、たのしみ。



三日間で丁度600キロ、平均燃費22.0km/lでした。

JC08モード燃費21.2km/lを上回っていました。


9月21日(水)クイックシフター及びシフトノブ交換。

小気味良いシフトフィールになりました。


来月には、コンピューターとマフラー交換です。

すっごく楽しみ!!
[PR]
# by kebariya | 2016-09-25 01:56 | 川の釣り | Comments(6)

馴らし・蕎麦・時々釣り

【三日目】

午前4時45分起床、晴れ、気温20度、ナイスコンディション。





e0123808_225268.jpg

-大好きな場所-

三日目の朝は、私のフェイバリットポイント。

しかし、全くの無反応。

早々に見切りを付けます。





e0123808_2273982.jpg

-朝日-

堰堤上のプールに朝日が立ち込めます。

眩しい!





e0123808_229222.jpg

-森の宝石-

最近入っていなかった、ちょっと下流のポイントに入ると直ぐに反応してくれました。

居るべき処に「居た」と言う感じで、何だか凄く嬉しい気分。





e0123808_22133772.jpg

-タンポポじゃない綿帽子-




e0123808_22142180.jpg

-森の宝石-

ちょっと爬虫類チック?!




e0123808_22151870.jpg

-赤い葉っぱ-

地を這う山葡萄の葉が、良い色合いになっていました。




e0123808_22173524.jpg

-森の宝石-




e0123808_22175735.jpg

-森の宝石-




e0123808_22182176.jpg

-森の宝石-

良い感じで反応してくれるので、何時もの朝より1時間も長くやってしまいました。

至福の朝マズメ、堪能しました。




e0123808_22251025.jpg

-S660-

上限を5000回転に設定(偶に6000回ってる時がありました)し、三日間で600KMちょっとの走行。

雨・曇り・晴れがそれぞれ1/3づつと言った状況。

高速道路での移動はスピードリミッターはあるものの、巡航速度等はCR-Zと遜色なし。チューニングサスのCR-Zと比べると、ノーマルのS660は細かな舗装のギャップを拾い微振動が出る。

レーンチェンジは、駆動方式の違いや重量差もあってか、S660は非常に軽快です。

一般道からワインディングに関しては、ノーマルサスでありながら圧倒的にS660の方が楽しいです。

ボディー剛性、駆動方式、重量、前後バランス、タイヤグリップ等々、考えているときりがありません。

そして三日間の平均燃費は、何んと20.0KM/Lでした。

これは嬉しい驚きです。




e0123808_22234494.jpg

-足回り交換-

1000キロ点検も終え、ノーマルの感じを掴んだところで、納車前から購入していたサスペンションに交換です。

CR-Zと同じショーワチューニング社製の「極み」です。

9月14日に交換、100キロほど走った今日9月16日ホイールアライメント調整を終えました。

なので、今度の日曜日から今季最後の岩魚釣りがてら、色々と試して来ようと思います。

あとはコンピューターと排気系を見直して、最後にシートかな(笑)
[PR]
# by kebariya | 2016-09-16 23:13 | 川の釣り | Comments(0)

馴らし・蕎麦・時々釣り

【二日目】





e0123808_1351758.jpg

-小さな森-

二日目の朝は、ちょっとテクニカルで渓流らしい流。

新しい小さな森が形成されていました。




e0123808_1381471.jpg

-森の宝石-

やっと掛けた一尾、ちょっとでもミスをすると見切られますし、出たとしても毛鉤を咥えません。

その様子が見えるもんだから、悔しいのなんのって ・ ・ ・ ・ ・




e0123808_1431892.jpg

-とんぼ-

異動の最中、竿にとんぼがとまりました。

朝は此処の魚たちに翻弄されました。





e0123808_1465547.jpg

-田圃-

昼飯は、この地で初めて鮨をつまんで来ました。

移動途中の田圃。

もうすぐ収穫できそうな、来月には新米が頂けますね。




e0123808_1511968.jpg

-S660-




e0123808_1522533.jpg

-ガマズミ-

ガマズミの実が真っ赤に熟していました。


このあと別の場所に異動したのですが、そこで豪雨に遭い戦意喪失。

厳しかった二日目の終了です。
[PR]
# by kebariya | 2016-09-14 01:59 | 川の釣り | Comments(0)

馴らし、蕎麦、時々釣り

【9月4日~9月6日 雨のち曇り、晴れたり局地的豪雨だったり】





e0123808_22391130.jpg

-S660-

ゴールデンウィークに予約し、年内に。早くて10月辺りに納車になればいいかなと思っていたのですが、8月の下旬に納車となりました。

リアの可動式ウィング装着と、ホイール&ブレーキ系を交換した程度です。

取敢えずリミット5000回転に抑えての馴らし運転で、何時もの新潟にやって来ました。




e0123808_225185.jpg

-森の宝石-

現地に着く頃には雨は上がって、早速竿を出します。

1投目、2投目、「あれっ、出ないか!」

次のポイントの3投目、あっさり出ました。





e0123808_22561926.jpg

-森の宝石-

サイズダウンの2匹目。

でも、小さい方が綺麗ですね。




e0123808_22575224.jpg

-森の宝石-

これが釣れる前、流れる毛鉤を背鰭を出しながら追撃する岩魚、タイミングが合わずミスバイト。

気を取り直しての数投目、今度は流れる毛鉤を手前の岩陰から迎撃、バッチリとフッキング。

「ヨッシャー!」思わずガッツポーズ!!





e0123808_2373241.jpg

-森の宝石-

尾鰭が発達した個体でした。





e0123808_2383991.jpg

-紫の花-

釣りをしていた傍らで揺れていました。





e0123808_23103964.jpg

-プール-

好調の要因は、この水位の回復でしょう。

先月までは干上がっていましたが、ここへ来て漸く回復しました。





e0123808_23125969.jpg

-山道-

釣り終えた帰り道、これから山を登る人とご挨拶。

この時点で午前8時半、これから宿に行って朝寝です。





e0123808_2317319.jpg

-秋色の暖簾-

昼飯は、何時もの牧之庵で蕎麦です。




e0123808_2318693.jpg

-ぶっかけ蕎麦-

大きな鉢に蕎麦、天ぷら、大根おろしを添えて汁をぶっかけて啜ります。

ごちそうさまでした。




e0123808_23205493.jpg

-ほうずき-

玄関前には、ほうずきが色付いていました。

秋ですね。




e0123808_23224190.jpg

-デザート-

デザートは山の中のイタリアンで、ゴマとバニラのミックスソフトクリームと珈琲を外のテーブルで頂きました。


夕マズメは、サイトで40オーバー(多分虹鱒)を狙ってみましたが見向きもされませんでした。

宿のマスターの話では、「あそこにはメータークラスの虹鱒が居ますよ」って、前回聞かされていたので狙ってみましたが ・ ・ ・ ・ ・

タイミングさえ合えばね。


初日は、ここで終了です。
[PR]
# by kebariya | 2016-09-12 23:39 | 川の釣り | Comments(0)

早目に夕食を済ませ、リオ五輪も観ずに仮眠を取ります。

11時45分に起きて、日付が変わった午前零時過ぎに宿を出ます。





e0123808_2327465.jpg

-湯沢の夜景-

零時四十分頃山頂に到着。

今年は、満天の晴天。

今迄に無いくらいの星の数、薄っすら天の川が見えます。

早速コットを広げ、寝袋に滑り込みます。

程なくして一つ目の流星。

「よし!ヤッター!!」

ここから夜明けまで、天体ショー独り占めです。

途中少し雲に覆われる事がありましたが、風がかなり吹いていたので、直ぐに晴れて来ます。

流星痕を残すもの、二つ、三つと連続するもの、二段ロケットのように途中で加速するもの等々、本当に素晴らしい天体ショーでした。

ハッキリと肉眼で確認できたのが66個。その内散在流星が3個、東南の方角から輻射点に向かうものが2個、北西の方角から輻射点に向かうもの1個。

沢山の流れ星に、願い事成らぬ妄想を抱いてしまいました(笑)

それにしても今年は天候に恵まれ、素晴らしいペルセウス座流星群を見る事が出来ました。





e0123808_23554960.jpg

-夜明け-

午前4時少し前、空が白んで来たところで流星群観賞は終了です。

コットと夜露で濡れた寝袋を畳んで撤収です。

朝マズメの用意をしてきたのですが、どうにも眠く宿に戻って眠ることにしました。





e0123808_0463.jpg

-雨上がり-

朝食後はリオ五輪を見たり、昼寝をしたりと昼食も食べずにまったりと過ごしました。

夕マズメは、昨日見たでっかくて黒い魚体の正体を見たくて同じ場所にやって来ました。











e0123808_08541.jpg

-夕暮れ-

何も釣れないまま、夕暮れを迎えていました。




e0123808_09573.jpg

-夕暮れの月-

月を寄せて撮ってみたら、トンボが数匹写り込んでいました。

もうすっかり、秋の気配。




e0123808_0115732.jpg

-森の宝石-

日が落ちてからも、ドライには全く無反応。

ちょっとした誘いを入れてやると、一発で喰って来ました。

それも、この一回きり。

昨日の黒い奴は、今日は影も見せませんでした。





e0123808_0165618.jpg

-THE END-

もう、辺りは真っ暗です。

昨日の黒い奴は、来月また狙ってみます。


これにて、流星・蕎麦・時々釣りはお終いです。

明日は渋滞を避けるため、午前3時には宿を発つ予定です。


来年の流星観賞も良い天気でありますように!
[PR]
# by kebariya | 2016-08-16 00:24 | 川の釣り | Comments(0)

流星・蕎麦・時々釣り

【8月12日 金曜日~14日 日曜日】

昨年は雨で観る事が出来なかったペルセウス座流星群をメインに、先月臨時休業で喰えなかった蕎麦と、ちょこっと釣りに行って来ました。





e0123808_2334655.jpg

-小さな森-

渋滞を避け午前3時過ぎに家を出ると、何時ものポイントに午前6時頃には到着。

何時もの宿には今朝の朝食をお願いしてあるので、ちょこっと様子見。

流れの中の石の上に、「小さな森」が形成されていました。





e0123808_2414753.jpg

-渓-

木々の間から朝日が射してきました。





e0123808_243140.jpg

-森の宝石-

先月、掛け損なったポイントで掛けた一尾。

何だか頬の筋肉が、緩んで来ます。





e0123808_2483142.jpg

e0123808_2484537.jpg

-森の宝石-

ここらでは良型の山女、たっぷりと餌を取りちょっとメタボな御嬢さん。



そろそろ時間なので、宿へ行き朝食を頂きます。



朝が早かったので、朝食後は昼寝です。






e0123808_2563177.jpg

-牧之庵-

夏色の暖簾、今日はちゃんと営業中です(笑)





e0123808_2574543.jpg

-梅そば ちょっと少な目-

遅めの朝食だったので、量を少な目でお願いしました。

この位が丁度良い。

写真は撮りませんでしたが、ご主人お手製の混じりっ気無しのトマトジュースを頂きました。

トマトから丹精込めて作り、ミキサーにかけ濾す(ここがポイントらしい)、後は塩で味を調えるのだそうです。

何度かの試行錯誤で、ベストな今の味になったそうです。

本当に美味しかったです、ご馳走様でした。




e0123808_3171870.jpg

e0123808_3174011.jpg

e0123808_3175487.jpg

-森の宝石-

午後からは、先月夕立で途中断念したポイントを再調査。

此処でも釣れて来るのは山女魚。

此処の水系では、かなりの大型。

その後は、追加するもサイズダウン。

上流を少しやって(チビヤマメのみ)戻り、様子を伺っていると何やら黒いものがゆらゆらと動いています。

「あっ、魚だ!」それもデカい!

優に40CMはありそうな黒い魚体。

暫く狙ってみるも無反応。

真っ暗になるまで執拗に狙ってみたかったけど、今回のメインはペルセウス座流星群。





e0123808_3494425.jpg

-月-

月は出て来たけどまだ明るい、午後5時半。

早目に宿に戻り、今夜に備える事にします。


今夜は、晴天が期待できそうです。
[PR]
# by kebariya | 2016-08-15 03:56 | 川の釣り | Comments(0)