<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旨い魚を喰らう

先日釣ったキビレとイナダを、2日ほど寝かせてから頂きました。

あっ、そうそう、マゴチと他のイナダは播磨家に行きました。






e0123808_2221018.jpg

-晩飯と晩酌-

何時ものように息子は晩飯、私は晩酌です。

肴はキビレの湯引き、刺身、イナダのなめろう、キビレの頭とアラで出汁を取った潮汁です。

合わせたお酒は、雪中梅のぬる燗です。






e0123808_222535.jpg

-キビレの湯引き-

半身の腹側の身を湯引きしました。

お湯をかける量が少なかったのか?キビレの皮が硬いのか?少々歯応えが強うございましたが、臭みなど全くなく甘みがあって美味しゅう御座いました。






e0123808_22301290.jpg

-刺身-

こちらは皮を引いた背側の刺身です。

見た目も味わいも鯛そのもの、背側と言うこともあってかあっさりとして上品なお味で御座います。






e0123808_22323359.jpg

-イナダのなめろう-

もう、これは我が家の定番ですね。

最近はあまり細かく叩かず、食感も楽しんでおります。






e0123808_22351760.jpg

-潮汁-

キビレも良い出汁が出ますね、日本酒と塩で味を調えほうれん草・卵・葱を加えました。

ほっと、落ち着きますよ。






e0123808_22412396.jpg

-熟成四日目の晩酌-

肴はキビレの刺身と、キビレのハラスと引いた皮の塩焼きです。

この日のお酒も、雪中梅のぬる燗です。






e0123808_22445881.jpg

-刺身-

お皿の上段が背側の身で下段が腹側の身です。

やはり腹側の方が脂があって旨味が強いですね。

二日寝かせたものよりも、四日熟成させた方が私好みかな。

好みは人それぞれだと思いますが、コリコリとした食感よりも私は甘味や旨味の方を好みます。






e0123808_22525482.jpg

-塩焼き-

少々強めに振った塩と胡椒、皮がカリッとするように焼き上げました。

旨いですね、きっとビールのつまみなんかにも合うんでしょうね。

勿論、日本酒にもバッツシですよ。


写真は撮りませんでしたが、ほうじ茶で頂く「なめろう茶漬け」も馬鹿旨でしたよ。


感謝です。
[PR]
by kebariya | 2013-09-08 22:58 | 美味しいもの | Comments(0)

S川ノート

【9月7日土曜日 曇り 気温30度 無風 17:15~18:30】

先日来の雨を期待して、5月以来4か月ぶりのS川です。







e0123808_166210.jpg

-S川-

あれだけの雨が降ったのに、本流も含め特に増水している様子はありません。

中洲の雑草はかなり繁茂しています。

「う~ん、それにしても蒸し暑い!」






e0123808_16111514.jpg

e0123808_16112939.jpg

e0123808_16114162.jpg

-オイカワ-

釣れて来るのはこんなサイズばかり ・ ・ ・ ・ ・

流れが変わってしまい、産卵できる場所では無くなってしまったんでしょうか。

婚姻色のオイカワ、もう今年は無理なんでしょうか?

また、一雨来たら訪れてみよう。






e0123808_161726.jpg

-夕闇-

日が暮れるのが早くなりましたね。
[PR]
by kebariya | 2013-09-08 16:17 | 川の釣り | Comments(0)

空と雲

昨日9月3日は有給休暇を頂いて、マゴチメインの青物狙いで出船して来ました。






e0123808_0394527.jpg

e0123808_040090.jpg

e0123808_0401593.jpg

e0123808_0402917.jpg

-空と雲-

前回の投稿で「夏の終わり」と題したのに、昨日の空は夏の様。

湾奥の千葉側では真っ黒い雲が架かり雨模様。

それでも海面を渡ってくる風は、どことなく秋の気配。







e0123808_0462941.jpg

-マゴチ-

6月以来2ヶ月半ぶりのマゴチです。

今年は4月から釣れ始めたマゴチ、今日は固め釣りを目論んでいましたがキャッチ出来たのはこの一尾のみ。

完全に乗せてからリトリーブ中にバレたのが三尾、すっぽ抜けが2尾もありました。

この時期サイズが小さくなるので秘策を以って挑んだのですが、それもリトリーブ中にバレてしまいました。

中々思うようにはいきませんね。






e0123808_0564139.jpg

-嬉しい外道-

マゴチを狙って集中してリーリングしていると「モゾッ」としたアタリ、すかさずビシッと合わせるとズシッと重く、ゴンゴンと頭を振る感触、60オーバーのモンスターマゴチだと思ったらゴン太の「キビレ」でした。

船長曰く、「この魚は普通の黒鯛と違って真鯛のように美味しいですよ、それに此処は大貫沖、水通しが良い場所なので間違いなく美味しいですよ、是非食べて下さい」

「ハイ、美味しく頂かせていただきます」



青物は鰤の可能性がある場所を数か所攻めてみましたが、イナダが三尾釣れただけでした。

まあ、鰤クラスは次回の楽しみに取って置きましょう。






e0123808_1101585.jpg

e0123808_1102750.jpg

-空と雲と太陽と-

今日は何時になく真面目に釣りをしたような気がします。

気持ちと釣果は、中々上手く合いませんね。

もっと修行しなければ ・ ・ ・ ・ ・
[PR]
by kebariya | 2013-09-05 01:13 | 海の釣り | Comments(0)

夏の終わり

昨日8月31日は、屋形船で花火見物と洒落てみました。






e0123808_23475529.jpg

-船宿-

今回お世話になった船宿は、あの「釣りバカ日誌」の舞台になった太田屋さんです。






e0123808_23511276.jpg

-屋形船-

船の中では料理やら何やら、一生懸命準備が進められています。






e0123808_23524123.jpg

-船中-

午後六時漸く乗船です。

船の中は結構広く、子供からお年寄りまで40人以上のお客さんが乗っています。






e0123808_23552399.jpg

-船中から-

日が落ち始めた六時過ぎ、良いタイミングでシーサイドラインの車両が入って来ました。






e0123808_041252.jpg

-チーム旨いもん-

メンバーは、はりパパ&はりママ&kebariyaの「チーム旨いもん」です(笑)






e0123808_07797.jpg

e0123808_071875.jpg

-料理-

最初に用意されていたのは、お刺身・焼き鳥・烏賊のガーリック風味サラダ・先付三点盛り・枝豆・漬物です。






e0123808_095999.jpg

-天ぷら-

一通り料理を頂きお酒も廻ってきた頃、船で調理された揚げたての烏賊と茄子の天ぷらです。

テーブル毎に揚げたてが供されます、熱いうちに頂きましょう。

チーム旨いもん、花火より食い気です(笑)






e0123808_0153640.jpg

-花火-

一応花火の写真も撮りましたが、イマイチですね。






e0123808_0164348.jpg

-穴子天-

ややあって、またまた揚げたての穴子天ぷらです。

極太の穴子天ぷら、肉厚でほっこりしていてとっても美味でした。






e0123808_0204053.jpg

-花火-

花火も負けじとドッカンドッカン上がっています。

「ドン」っとくるこの音が良いですね、ホント近場で見ているって感じが堪らないっすね。






e0123808_023282.jpg

e0123808_0263146.jpg

-あさりご飯とあさりの吸い物-

太田屋さん名物のあさりご飯だそうです。

旨かった、私一人おかわりして二杯も頂いちゃいました。






e0123808_0271438.jpg

-デザート-

花火が終焉を迎える頃供されたメロン、これを頂くと間もなく花火も終わりです。



最後はしだれ花火の打ち上げで今年の夏の締めくくり、花火と共に猛暑の夏も秋へと移り変わります。

なんとなく、夏の終わりを感じた花火大会でした。
[PR]
by kebariya | 2013-09-02 00:38 | 美味しいもの | Comments(0)