あっと言う間の四日間、こちらに帰って来てからの楽しみは、送ったマグロを食す事。

15キロクラスのキハダとフライを丸呑みしたメバチ、それにカツヲを何時もお世話になっている地元のKさん宅に送りました。

勿論捌くのは私。

でも、今回は料理人を目指す息子と、そのGFが手伝ってくれました。

そこでは、捌く・料理を作る・提供するの繰り返し。

キハダとメバチは、刺身・炙り・カマ焼き・ユッケ・握り寿司、カツヲは昔の松乃屋さんの味を再現した毛鉤屋特性タタキにしました。

どれも、とっても美味しかったですよ、ホント。

デジイチも持って行ったのですが、忙しすぎてこの日は一枚も写真が撮れませんでした。






自宅用にキハダの半身の半分くらいを晩酌用に持ち帰りました。






e0123808_2228574.jpg

-晩酌-

肴は、漬け丼・ゴーヤの梅肉和え・自家製の佃煮です。

合わせたお酒は、Kさん宅で頂いた長野の地酒 大信州 辛口特別純米です。このお酒、目茶苦茶美味しいですよ。香りよく、米の旨味をしっかり残しながらすっきりとキレる、和食にピッタリの辛口です。「旨い」







e0123808_22364734.jpg

-キハダの漬け丼-

キハダの大トロと中トロの漬け丼、旨いに決まってますよね!

手前の大トロは、まるで肉のようですね。

仕事で遅く帰った息子にも作ってあげましたが、大絶賛でしたよ。






e0123808_22403752.jpg

-晩酌-

肴は、キハダのユッケ・ゴーヤの梅肉和え・海老くるみ・ラッキョウの塩漬けです。

この日もお酒は大信州、ちょっと燗をつけてみました。十分美味しいですが、このお酒は冷酒の方が断然美味しいですね。






e0123808_22462020.jpg

-キハダのユッケ-

キハダにアボカド、タレは昨日の漬け丼のタレをベースにハチミツ・醤油・日本酒・コチジャンでピリ辛に味を調えました。

酒の肴にも、ご飯にもバッチシです。







e0123808_22513283.jpg

-キハダの炙り漬け丼-

赤身に焼き目を付けて漬けにしました。

炙ることにより芳ばしさが出て、より美味しくなりました。

お酒は何を呑んだっけなぁ~、キンキンに冷やした大信州だったかなぁ。






e0123808_2334113.jpg

-晩酌-

肴は、キハダのタタキ・ゴーヤの梅肉和え・ざる豆腐です。

合わせたお酒は、山口の地酒 貴 純米吟醸雄町 限定品です。

正に食中酒、雄町特有の甘みを酸が上手く調和させていますね。

美味しいものが、より美味しくなりますよ。






e0123808_23123035.jpg

-キハダのタタキ-

おろしニンニク・おろしタマネギ・醤油・酢・砂糖・日本酒・胡麻油で味を調えます。

私的には、昔の松乃屋さんの味を超えたと自負しております。







e0123808_23182419.jpg

-タタキ-

「旨い!」


★翌日の口臭にはご注意下さい★





最後はこれ、重たい思いをして持って帰って来た真っ青な島バナナです。


数日前から黄色くなって来て、昨日今日は真っ黄色。

そこで今夜 ・ ・ ・ ・ ・







e0123808_23225597.jpg

-バナナフランベ-

バターで焼いてハチミツとシナモンで味付けし、ブランデーでフランベして香り付け、バニラアイスを添えて出来上がり。

「さあ、召し上がれ」






e0123808_23261787.jpg

-頂きま~す-

「う、うんめ~!」

最初は島バナナの酸味が気になりましたが、食が進むにつれてその酸味が丁度良く感じて来ます。

島バナナの熟成につれ、ハチミツの量など調整しながら最後の一本まで美味しく頂きます。





これにて、「四年振りの南の島」の報告を終わります。


お付き合い、ありがとうございました。
[PR]
by kebariya | 2012-06-27 23:37 | マグロ | Comments(2)

いっぱい釣して疲れた体を癒すには、やっぱりお風呂が一番なんだな。






e0123808_23105645.jpg

-キターッ!さん-

二日目、三日目と一番乗りのキターッ!さんでした。






e0123808_23122276.jpg

-M嶌さん-

心地いい疲労に満面の笑みですね。






e0123808_23132924.jpg

-マスターフグさん-

今回はちょっと、物足んなかったでしょうか?






e0123808_23152447.jpg

-おやつ大臣-

「あっちっちっち!!」

毎回、半パン・Tシャツで釣りしてます。

そりゃ~、熱いでしょうよ。






e0123808_231863.jpg

-daisageさん-

今回は、船酔いしなかったのが最高!





風呂入ってさっぱりして、中華に居酒屋、三軒目は昭和の匂いプンプンのスナックです。






e0123808_23212368.jpg

e0123808_23214186.jpg

e0123808_23215424.jpg

e0123808_2322527.jpg


昼はロッドを掴み、夜はマイクを握りしめ ・ ・ ・ ・ ・



こうして、三日目の夜は更けていったのです。


そのあと誰かさんは、海坊主の可愛い店員さんを誘ってレゲーバーに消えて行きましたとさ。ウフフ






e0123808_23263163.jpg

-南の島のトラックドライバー-

毎回此処へ来ると、くに丸船長のトラックをお借りし、決まって私がドライバーです。

南の島には、エアコンも効かないこういうトラックが似合いますね。
[PR]
by kebariya | 2012-06-26 23:32 | マグロ | Comments(2)

e0123808_2322823.jpg

-出港準備-

今朝は船長より早く港に着き、準備に取り掛かります。







e0123808_2324117.jpg

-特等席-

移動の時は、此処が特等席です。

本来は船長が此処に座り、リモコンを使い船を操る場所なんです。






e0123808_2326439.jpg

-光る海-

昨日船長が言っていた通り、今日は穏やかな凪です。






e0123808_23275182.jpg

-もう直ぐパヤオ-

おおっ、パヤオが見えて来たぞ!






e0123808_23305478.jpg

-七番パヤオ-

凪のおかげで、パヤオ到着が幾分早まったようです。






e0123808_23324957.jpg

-M嶌さんヒット-

レギュラーサイズの小振りのキハダのようです。






e0123808_2335337.jpg

-トリプルヒット!-

M嶌さん、daisageさんと私のトリプルヒット!






e0123808_23365335.jpg

-フライをパックリ-

フライをパックリ、ご満悦のdaisageさんです。






e0123808_2338686.jpg

-マスターフグさんヒット!-

今回の遠征でも、一番多く竿を曲げていました。






e0123808_23393652.jpg

-キターッ!さんヒット!-

フライでの釣りは何時したのかな?

ルアーロッドをよく曲げていましたね。






e0123808_23414843.jpg

-キターッ!さんとマグロ-

ルアーロッドでは、楽勝でしょう。






e0123808_2343845.jpg

-サイズアップ-

最後の方はサイズアップを目的に、フライラインを外し漁師仕掛けを付けて水深130mラインを攻めました。






e0123808_2346027.jpg

-15キロクラス-

ディープを攻めるとサイズアップしました。

本当はもう少し大きなマグロを期待していたのですが、今回は皆このサイズまででした。

チューンアップの甲斐あって、リーリングは軽いし、バットエンドをお腹のどの部分に当てても痛くありません。

おやつ大臣さん、「ありがとう!」






e0123808_23493868.jpg

-記念撮影-

港に戻って皆で記念撮影、良型はほぼ同サイズの15キロクラス。


全員で15キロクラス9本、小型のマグロ・カツヲ多数、上々の出来だったのではないでしょうか。


今夜は皆、ガッツリ呑むそうです。




ラストの四日目は、釣り無しでただ帰るのみ。

台風4号の影響を考慮して早めに空港にチェックイン、那覇からは一便早い便に乗れるようになりました。


ホッとしたような、寂しいような、ちょっと複雑な気持ちで帰路に着きました。

南の島、やっぱり良いなぁ~。


また、行きたいなぁ。
[PR]
by kebariya | 2012-06-26 00:09 | マグロ | Comments(0)

S川ノート

【6月24日 日曜日 曇り 気温25度 微風 17:40~19:05】

昨日の結果に納得がいかず、今日もS川です。






e0123808_0103911.jpg

-今日のS川-

先行者が三人、内二人は餌釣りの少年、もう一人はスピニングタックルの青年です。






e0123808_0131255.jpg

-本流-

本流は相変わらずどちゃ濁りです。

合流点を見ると、如何に支流が澄んでいるかが解りますね。






e0123808_0142745.jpg

-152mm 雄-

昨日は鮎のライズに惑わされてしまいましたが、今日はライズの無い所を冷静に攻めてみました。

結果は直ぐに表れ、最初の一尾目から堂々の雄です。






e0123808_0173168.jpg

-別アングルで-





e0123808_017582.jpg

-リリース-

昨日の170mmオーバーの鮎よりもナイスファイトでした。






e0123808_0193626.jpg

-148mm 雄-

更に雄を追加。

やはり、ライズが殆ど無いチャラ瀬からです。



その後、もう一尾雄を追加しましたが、ネット無しの写真を撮ろうとしたところ、残念、流れに帰られてしまいました。






e0123808_0235425.jpg

-夕暮れ-

もう暗くて毛鉤が見えません、曇りの日は夕暮れが幾分早いようです。

でも、今日は納得いきました。


早く本流が綺麗になって、鮎たちが居なくなってくれる事を切に思います。
[PR]
by kebariya | 2012-06-25 00:27 | 川の釣り | Comments(0)

S川ノート

【6月23日 土曜日 曇り 気温24度 南寄りの微風 18:10~19:20】

南の島の報告が途中ですが、S川に行って来ました。







e0123808_0425277.jpg

-今日のS川-

台風4号と低気圧の影響で本流はどちゃ濁りですが、支流は全く濁りがありません。

ただ、本流も支流もかなりの増水です。






e0123808_0465356.jpg

-宵待ち草-

大雨で辺り一面薙倒されていますが、この花だけは健気に咲いていました。






e0123808_0483886.jpg

-メインルート-

過去、一二番の増水ではないでしょうか。

期待通り、水はクリアです。






e0123808_0511875.jpg

-たぶん雄-

あっちもこっちも、至る所でライズがありますが思うように釣れません。

一体如何なっているんだろう?

今日は楽勝かと思いきや、納得いかない釣れ方ばかり ・ ・ ・ ・ ・






e0123808_115272.jpg

-あぶら鰭-

かなり暗くなってきた頃、こんな魚が釣れました。







e0123808_124456.jpg

-鮎172mm-

#15のパラシュートをパクリと咥えました。

まあまあの引き、でも、オイカワの引きでも無く、ウグイの引きとも違う、「何だ?」

銀色に光る魚体、やっぱりウグイじゃ無い。

ネットに収まった魚体を観てビックリ!

何と「鮎」でした!!!

春先には、5cm足らずの小さな鮎が釣れてしまう事はあるけれど、解禁後の成魚が毛鉤で釣れたのは初めてでした。

あっちこっちで跳ねていたのは、鮎だったのかもしれませんね。







e0123808_1133336.jpg

-チェリオ-

やっぱり今日も、チェリオな気分でした。
[PR]
by kebariya | 2012-06-24 01:15 | 川の釣り | Comments(0)

e0123808_0322587.jpg

-BLUE WATER-

南の島二日目は、くに丸にてパヤオフィッシングです。

久々のブルーウォーター、綺麗ですね。

梅雨明け前ですが、良い天気です。







e0123808_0361243.jpg

-うねり-

うねりは、結構あります。

2メートルから2.5メートル位だと船長が言っていました。

でも、明日は「凪だからな」って、言っていました。






e0123808_0413915.jpg

-アミモンガラ-

パヤオ周りで初めて釣れたトロピカルフィッシュ、それもスレ掛かり、結構引きましたよ。

帰って来て調べたところ、アミモンガラと判明。

結構美味しいそうで、肝和えは絶品とか。

今度釣れたらキープしましょうね。





e0123808_0453599.jpg

-メバチマグロ-

このメバチ、キビナゴフライをペンチでも取れないほど呑み込んでいました。

そこまで偽物のフライを呑み込んでくれるなんて、毛鉤釣り師冥利に尽きますね。

なので、このメバチは此方に送って、美味しく頂き毛鉤も回収いたしました。



船初日のこの日は、大型は姿を見せず小型のキハダとカツヲが釣れただけでした。


皆さんの写真が無いのは、そう、ご想像の通りゲロゲーロ。5ゲロ位しちゃいました(泣き)






e0123808_0583389.jpg

-ぐったり-

帰りはみんなぐったり。

キターッ!さんもゲロゲーロしてたそうです。






e0123808_101234.jpg

-松乃屋-

もしかしたら、久米島一番の楽しみかも「松乃屋」さん。

釣った魚をその日の内に料理してもらい頂く、最高の幸せ。






e0123808_132364.jpg

-カツヲとマグロのお造り-

今年は特に、マグロが旨かった。






e0123808_15054.jpg

-カツヲのタタキ-

これを食べないと、久米島に来た気がしませんね。






e0123808_1549100.jpg

-カツヲとマグロの握り-

「へへ~、うんめ~!」






e0123808_172295.jpg

-松乃屋特性味噌汁-

久米島に行ったら必ず伺う松乃屋さんで、初めて注文した味噌汁。

具沢山でとっても美味しい、「何でもっと早く頼まなかったんだろう!」(反省)



休みが取れて、釣りが出来て、美味しいものが食べられて、なんて幸せなんだ。





さあ、明日に備えて就寝前にも酔い止めを飲んでおきましょう。
[PR]
by kebariya | 2012-06-22 01:18 | マグロ | Comments(0)

e0123808_0294469.jpg

-那覇空港-

羽田を6時20分出発、1時間半位のトランジット。

「あぁ~、お腹空いたね」







e0123808_0332510.jpg

-ソーキソバ-

早速、ソーキソバで軽~い朝食を頂きました。

そうそう、食後に頂いた塩アイスも美味しかったなぁ。






e0123808_0365542.jpg

-プロペラ機-

いよいよ搭乗です。






e0123808_0381528.jpg

-めんそ~れ!-

30分のショートフライト、あっと言う間に到着です。


「四年振り、めんそ~れ久米島!」






e0123808_040022.jpg

-久米島ソバ-

ホテルにチェックイン前に亀吉で昼飯です。

お約束ですね、私は久米島ソバを頂きました。





さあ、チェックインを済ませたらオカッパリですよ。





e0123808_044782.jpg

-シンリ浜-

何時来ても綺麗なフラットですね。

小さく写っているのは、おやつ大臣・daisageさん・マスターフグさんです。





e0123808_0491445.jpg

-M嶌さん-

今回初参加のM嶌さんです。

最近、ルアーでGTも始めたそうです。





e0123808_0505614.jpg

-あれっ!-

私と同様、今回が四年振りのキターッ!さんが見当たらないぞ!

テトラの先に居た筈なんだけどなぁ。



残念ながら、此処での釣果はゼロ。

でも、30cm~50cmちょいのカスミの群れ(7~80匹)が射程圏内を通過しました。キャストチャンスは二度あって、二度とも毛鉤は群れの中を通過「喰え!喰え!!」と思いながらもうドキドキ・ハラハラ。

完全に「無視」されました(残念!)






e0123808_102213.jpg

-メッキ-

場所を変えた二か所目で、漸くおやつ大臣が釣ったメッキです。


ちょっと厳しいオカッパリでしたね。



その後、ゆっくり風呂に入って、海坊主で美味しい島料理を頂きました。



二日目は、いよいよパヤオでのマグロ狙いですよ ・ ・ ・ ・ ・
[PR]
by kebariya | 2012-06-21 01:06 | マグロ | Comments(2)

実に四年振りの南の島、一月半程前からワクワク・ソワソワ。

梅雨明けせず、台風発生のニュースもちらほら。

でも、そこは晴れ男の私が行くんだから大丈夫、行って来ましたよ。


先ずは準備編(工作)から ・ ・ ・ ・ ・







e0123808_20184976.jpg

-キビナゴフライ01-

工作に取り掛かったのは、もしかしたら5~6年振りかも。







e0123808_202138100.jpg

-キビナゴフライ02-

材料、製法には、特に変わったところはありませんが、サイズ&触感がピッタリのワームを偶然見つけることが出来ました。

ワームを一切加工する事無く、マイラーチューブに差し込むだけ。あとは、フックを付けてギラギラシートと目ん玉貼り付け、コーティングするだけ。

至って簡単、あっと言う間に出来ちゃいました。






次は道具です。







e0123808_20303995.jpg

-フルチューン-

SCOTT BW 8415は頼りになるブルーウォーター最強ロッドですが、対マグロ用に更に改良を加えました。







e0123808_20353266.jpg

-EXバット-

グリップエンドが短い旧8415はキンバルが使えず、大物とのファイトの後はおへその周りがアザだらけ。そのためにはこの不恰好が、丁度良い。






e0123808_20402423.jpg

-ALL SIC GUID-

ALL SICにすることにより、強度と摩擦抵抗が格段に向上します。



これらのチューンナップは、これからのファイトに多大なアドバンテージを約束するものでしょう。



続きます ・ ・ ・ ・ ・
[PR]
by kebariya | 2012-06-18 20:46 | マグロ | Comments(0)

S川ノート

【6月10日 日曜日 曇り 気温26度 南の風少々 18:05~19:10】

昨日は雨で、今日は昼過ぎまでお仕事。

「ああ~、釣りがしたい!」

そんな時はやっぱり、S川です。







e0123808_2328224.jpg

-今日のS川-

昨日の雨の影響も無さそうです。






e0123808_23292289.jpg

-メインルート-

むしろ、減水気味です。






e0123808_23293460.jpg

-本流-

メインルートと本流の合流点から、本川下流を望んだところです。


今日も調子は良くありません。

ここまでで三尾、内、二尾は後ろに反らしてしまい、一尾は5~6cm程度のベビーサイズ。

「ヤバイ、どうしよう!」




「もう一あがきしてみよう」






e0123808_2337454.jpg

-ほっ。-

超小さなアタリ、合わせてみて重さにビックリ。

中々の引き、15cmジャストの雄でした。




「さあ、帰ろう!」
[PR]
by kebariya | 2012-06-10 23:40 | 川の釣り | Comments(0)

旨い魚を喰らう

「旨いもの釣り」二日後の晩飯です。

この日も、息子BのGFと三人での食事です。







e0123808_23583958.jpg

-晩飯-

この日のお酒は、四百年以上もの歴史がある滋賀県の地酒七本鎗(シチホンヤリ) 純米吟醸 山田錦四年熟成 19BYです。

このお酒、目茶苦茶旨いんです。この日はキンキンに冷えた冷酒で頂きましたが、開口一番「この酒、旨い!」と、唸っていました。四年熟成と言うことですが、重たさは微塵も無く円やかで優しく旨味たっぷりな味わい。間違い無く、燗が旨そう!

翌日からは、燗をつけて頂いております。「勿論、燗も目茶苦茶旨いんです」






e0123808_0134588.jpg

-真鯒の漬け丼-

酢飯に甘酢生姜と大葉を乗せ、そこに漬け真鯒をたっぷり乗せ、さらに小口葱と胡麻、本山葵を乗せた「超贅沢丼」の出来上がりです。

何の形容も要りません、「旨いです」素直に旨いです。

大漁の時には、是非やってみて下さい。






e0123808_0203570.jpg

-潮汁-

あれだけのアラを入れたんだから、旨くない訳がありません。





e0123808_022522.jpg

-胃袋の酢の物-

息子Bのオリジナル、正に日本酒のための一品です。






e0123808_0242632.jpg

-さんが焼き-

前日のなめろうの余りを焼いてみました。生食用の味付けだったため、火を入れたらちょっと塩辛くなりましたが、これも旨かった。


息子Bが最後に一言「暫く真鯒はいいかな」って、贅沢過ぎるぞ(笑)


と、言う訳で、残った魚は冷凍保存されました。


そうそう、漬け丼で余った真鯒は、オリーブオイルで焼いてお弁当のおかずに最高でしたよ。
[PR]
by kebariya | 2012-06-09 00:31 | 美味しいもの | Comments(0)