【9月10日~11日一泊二日】


折角年券を購入したのに、今年はどうも上手くいかない。

先月も諸般の事情で行くことが出来ず、今回も二泊の予定が一泊でしか行けず、中々思うようには行かないものですね。





e0123808_2257380.jpg

-台風の爪痕-

土曜日の朝8時頃ポイントに着いてビックリ、前回まではパラダイスだったプールが台風12号の影響でほぼ埋まってしまいました。

僅かに個体は確認できたものの、毛鉤に反応を示すものはおりませんでした。





e0123808_2334624.jpg

-堰堤下の流れ-




e0123808_23253519.jpg

-新しいプール-

堰堤下の流れの先に新しくプールが出来ました。まだ、魚影は確認出来ませんでしたが、今後期待出来そうです。





別のポイントをチェックします。

ロッド片手に歩いて橋にさしかかった所で、地元別荘地のパトロールカーに声を掛けられました。

「あの大雨で石がみんな流されちゃったし、魚も流されちゃってるんで釣りにならないんじゃ無い?」

「まぁ、それも覚悟の上来たんで、取敢えず様子見てみます」


そうは言ってみたものの、今までに見たことの無い水量と川底の色が全く別物になっていたのには、正直不安になりました。





e0123808_23313946.jpg

-岩魚-

そんな不安の中、大石裏の流れが弱くなった所に毛鉤を投入すること4投目、バックリ毛鉤を咥えました。





e0123808_23493265.jpg

-リリース-

川底の石が白っぽくなると、其処に住む岩魚も白っぽく体色を変えるようですね。





e0123808_23521696.jpg

-チビ山女-

こんな小さな山女も反応します、魚は残っているようです。





e0123808_2354951.jpg

-岩魚-

少し上流に行った所では、川底の石が余り流されなかったようで、何時もの色をした岩魚が釣れました。





e0123808_23573538.jpg

-岩魚-

今回の最大魚、およそ八寸でした。




e0123808_031525.jpg

-堰堤下-

オーバーフローがプールを叩きつけます。

何時もはそこそこの魚をストックしている場所ですが、今回は釣りになりませんでした。





e0123808_064216.jpg

-堰堤上-

前回の釣行で此処は、ほぼ干上がって伏流水になっていた所です。それがこの大きなプールになっていて、よーく見ると15CM程度のチビ山女が結構な数泳いでいるのを確認出来ました。




マズメを過ぎた時間帯、移動も含め3時間ほどの釣果で岩魚4尾、山女1尾、川の状況からして上出来な午前の釣りでした。





e0123808_015485.jpg

-みのり-

昼食の何時もの蕎麦屋へ行く途中、田圃が黄金色に染まっています。刈り取りを待つばかりの稲も、台風の影響で倒れているのが目立ちました。

後で聞いた話ですが、収穫には影響が無いそうです。

早生の玄米の放射能は、不検出だったそうですよ。





e0123808_0222035.jpg

-秋色の暖簾-

朱色の暖簾が秋を感じさせます。





e0123808_024888.jpg

-天ぷら合わせ盛り-

はじめて頂く蕎麦とうどんの合わせ盛りです。





e0123808_0261752.jpg

-合わせ盛り-

蕎麦は食べ慣れた何時ものもの、うどんは程良いコシとツルンとした舌触りで美味しかったのですが、少々長過ぎて食べ辛かったなぁ。




夕マズメはまた、別のポイントへ行きましたが此処も大きく流れが変りパッとせず、チビ山女が釣れただけでした。






e0123808_033125.jpg

-朝の流れ-

小雨交じりの憂鬱な朝、今朝も岩魚の反応はありませんでした。




e0123808_0352922.jpg

-アザミ-




e0123808_036241.jpg

-コスモス-

色褪せた紫陽花も咲いていて、春と夏と秋の花が混生していました。


禁漁前に、もう一度行こうと思います。



その時は、岩魚よりキノコ(舞茸)が目当てになりそうです(笑)
[PR]
by kebariya | 2011-09-14 00:42 | 川の釣り | Comments(2)

キス五目

e0123808_19113216.jpg

-出港-

此れも先週末なんですが、一時帰国の息子をダシに友人のプレジャーボートで五目釣りに連れて行って貰いました。





e0123808_19144275.jpg

-釣果-

メインのキスの他は、ベラ、シーバス、カマス、フグ、ヒイラギでした。





e0123808_19174570.jpg

-フグ-

此れは海に帰って頂きました。





e0123808_19185341.jpg

-ヒイラギ-

此れも海に帰って頂きました。




e0123808_19193814.jpg

-シーバス-

餌じゃないとこんな小さいのは釣れませんね。勿論、此れも帰って頂きました。





e0123808_19211520.jpg

-キュウセン ♂-
e0123808_19215763.jpg

-キュウセン ♀-

キュウセンはキープしました。


キープした魚は、翌日頂くことにします。





e0123808_19233033.jpg

-晩飯-

久し振りの三人での晩飯です。




e0123808_19255574.jpg

-キスの昆布〆 糸造り-

手間をかけた分、とっても美味しかったです。

隣りに盛られた烏賊は、春先に釣った墨烏賊を冷凍保存しておいたものです。

因みに、盛りつけは息子Bがやってくれました。





e0123808_19295611.jpg

-キュウセンの煮付-

外見の色彩とは裏腹に、淡白で上品なお味で美味しゅう御座いました。

手前の卵は、キスの卵です。これも淡白で上品なお味でした。





e0123808_19314791.jpg

-天ぷら-

大きいキスは刺身にし、小ぶりのものは天ぷらにしました。一緒に揚げたやさい天は、薩摩芋・蓮根・新ごぼうでした。


どれも美味しく、息子たちも大満足でした。



ガッチャン、ありがとうございました。

また、よろしくお願いします!!
[PR]
by kebariya | 2011-09-04 19:35 | 美味しいもの | Comments(2)

新しい首輪

e0123808_18225262.jpg

-METAL CAT-

「ヨロシク!!」

シルバーの新しい首輪です。








e0123808_19212792.jpg

e0123808_192140100.jpg

-インド家庭料理 RAANi-

先週の事なんですが。

お盆前から息子Jが帰国しておりまして、彼のリクエストでお気に入りのRAANiへ食事に行ってきました。




e0123808_1925417.jpg

-タンドリーチキン-

三人で1ピースづつ頂きます。

柔らかくてスパイシーで旨いです。





e0123808_22335955.jpg

-メインのカレー-

カレーは、このお店で一番辛いマサラカレーをチョイス。

ナンは普通のナンも滅茶苦茶美味しいのですが、先ずはやっぱりガーリックナンを。

それと飲み物は定番のラッシーです。

息子Jはパンジャミキーマカレー、息子Bはマトンカレーを注文。

ナンは全員ガーリックナンをチョイス。

それぞれ少しづつ味見をしてみましたが、やはり私のマサラカレーが飛び抜けて辛かったです。


その後、普通のナンとガーリックナンを一枚づつ追加し、三人で平らげました。





e0123808_22562410.jpg

-マサラチャイ-

食後は、スパイスが効いたマサラチャイを頂きます。

この手のお茶は、砂糖多めで甘目にした方が美味しいですよね。





e0123808_232016.jpg

e0123808_2321899.jpg

-レーズンナン-

息子Bが注文したレーズンナン。

何処がどうデザートなのか、三人とも興味津々。

一口食べた途端、二人の息子は「旨い、旨い」を連発。

私にはもっちりした甘味のある粉物、小腹が空いた時のおやつにピッタリな感じでした。


う~ん、旨い。

毎度のことながら美味しいカレー、ご馳走様でした。





e0123808_23115112.jpg

-シルバーアクセサリー-

お腹も一杯になって会計を済ませようとした時に、オーナーのハリオムさんが「此れ上げます、似合いそうだから」。

「えっ!」一瞬、何が起きたのかと思いました。

「以前はお店で売っていたものですが、、、絶対皆さんなら似合うから差し上げます」

「本当に、良いんですか」  息子大喜び。

「YOU LIKE IT?」

「YES I LIKE IT!!」

と、言う訳で、根性ピアスの息子Bにブレスレッド、私と息子Jにはピンキーを頂きました。

息子たちは大喜び、特に息子Bは自分でもシルバー細工をするので興奮気味でした。

あらためて、ありがとうございました。




e0123808_23354864.jpg

-光りもの-

猫って、キラキラするものが好きなんですかねぇ~。

直ぐによって来て、クンクンしていました。



な、訳で、ちょいと首に付けてみました(笑)
[PR]
by kebariya | 2011-09-03 23:40 | 美味しいもの | Comments(2)