<   2010年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

【5月30日 日曜日 曇り 気温17度 微風 17:45~19:00】

昨夕のモンスターが脳裏を離れない。

だから、また、S川です。





e0123808_23222714.jpg

e0123808_23224210.jpg

e0123808_2330245.jpg

-雄15.2cm-

モンスターではありませんが、朱色が綺麗な雄が釣れました。

フライは、やはり昨日巻いたテール無しのパラシュートです。


フック:TMC103BL #15
ボディー:コンドルクイル/オリーブ
ウィング:エアロ ドライ ウィング ファイン
ハックル:グリズリー

15番サイズでも十分釣りになりますよ、上手く流せればしっかり口に掛かります。



来週もまた、モンスターハンターになろう。
[PR]
by kebariya | 2010-05-30 23:40 | 川の釣り | Comments(2)

S川ノート

【5月30日 日曜日 曇り 気温13度 北寄りの風少々 06:50~09:05】

寒いです。

車載温度計で13度、実質11度位でしょうか、フリースを着て車に乗り込みました。




e0123808_1514222.jpg

-今日のS川-

霧雨が降っていないだけで、昨夕のそれと変わらない模様。




e0123808_15155061.jpg

-小さな黄色い花-

何んと言う花なんでしょうかね?




e0123808_15194541.jpg

-メインルート-

此処も昨夕と変わったところはありません、相変わらず水が冷たいです。




e0123808_15213740.jpg

-一尾目-

寒くてライズも全く無く、昨夕よりも格段に反応が悪い中、漸く釣れました。

昨日、久しぶりに巻いたテール無しの#17パラシュートをパックリと咥えています。




e0123808_1527826.jpg

-ナイス・ブルー-

二順目は、やはり昨日巻いた#17のスペントタイプを試してみます。

このフライは、チャラ瀬よりもフラットな流れの方が反応が良いようです。

手前の撚れの奥の僅かなフラットを通過した時、何の疑いも無くゆっくりと咥えたのがこの魚、鮮やかなブルーが上手く出た一枚です。



大きな雄が釣れる訳でも無く、沢山の釣果がある訳でも無いのですが、場所々々の一級ポイントにフライが流れると、必ずと言って良いほど反応があり鈎掛かりしてくれます。


これが楽しくて、何時もの二倍くらい二時間以上も釣りしちゃいました。




e0123808_15453112.jpg

-黄色い花-

帰りがけの河原には、大きな黄色い花が咲いていました。
[PR]
by kebariya | 2010-05-30 15:50 | 川の釣り | Comments(0)

【5月29日 土曜日 霧雨 気温15度 無風 17:45~19:05】




e0123808_0241259.jpg

-今日のS川-

霧雨が降る中、ほのかな期待を持って今日も来ました。



e0123808_025885.jpg

-メインルート-

先日来の雨で、増水しています。



e0123808_028585.jpg

-一尾目-

開始3投目でキャッチした雌、「おっ、今日もイケるかな」



e0123808_0304362.jpg

-サイズアップ-

期待とは裏腹に、ポツポツと拾い釣り、何匹目かにやっとサイズアップ。



この魚の後です、掛けたポイントの更に奥のポイントにフライを送り込んだ時、ピシャっと小さなアタリ。 

反射的に、小さく鋭く合わせます。

すると、今までに無い強烈な引き、グググっと深場に潜り微動だにしない。

一瞬、根掛かったかと思うほど川底にへばり付く。

やや強引に引きずり出すも、グイグイとロッドを引き込み姿を見せない。

漸く見せたその姿は、身体を朱色に染めた巨大な(そう見えた)雄。

ランディングネットに手を掛けたその時、「ツン」と言う感覚だけを残して、流れに帰って行ってしまった。

「やっちまった!」

右手に残る感触の余韻を拭いながら、フライを見てみると、大きな鱗が二枚刺さっていました。

身体を浮かせた時の状態からして、フライに出て、反転したタイミングで顔の近くに掛かったものと思われます。

それにしても久し振りだったな、あの底にへばり付いて動かない感じ、何年振りだろう。


居るんですね、モンスタークラス。

それが解っただけでも、「良し」としましょう。

今度は、キッチリ釣ってやるぞ。




e0123808_134278.jpg

-ラストの一尾-

最後にこの魚を追加して、今日はお終い。




e0123808_152944.jpg

-宵待ち草-

雨に濡れる宵待ち草が、何だか寂しそう。


ちょっと足取りが重い、帰り道でした。
[PR]
by kebariya | 2010-05-30 01:09 | 川の釣り | Comments(0)

WADERS

こんにちは、Waist-hi Waders が好きなkebariyaです。


昨年、長年愛用していた二代目アングラーズハウスのウェストハイ・ウェーダーが、修理不能の水漏れ状態になりまして、先日やっと新しいウェストハイ・ウェーダーを購入することが出来ました。


その間、渓流では滅多に使用しなチェストハイ、S川の様なお手軽FFにはソックスタイプのヒップブーツを愛用していました。


ですが、二週間ほど前からお気に入りのヒップブーツが水漏れしだしまして、取敢えずは補修をする事に。


それを機に、一番使い勝手が良いWaist-hi Waders を購入しました。





e0123808_12544646.jpg

-Waders-

左が今回購入のLITTLE PRESENTS のWaist-hi Waders で、左が水漏れ補修済みのサンスイオリジナルのヒップブーツです。 いずれも透湿性素材のものです。




e0123808_1259582.jpg

-補修跡-

水漏れは、右の縫い目の所から二箇所あったのですが、バランスを考慮し左の縫い目にもアクアシールで補修して頂きました。(サンクス)


これで、暫くは快適な釣りを楽しむことが出来ると思います。


それにしても、透湿性素材のヒップブーツって、中々無いですね。 偶にあっても超高価でP社のゴアのヒップブーツ(ソックスタイプ)は、ほぼ参萬円也。 ちょっと、手が出ませんよね。


みなさんは、どんなウェーダーがお好みですか?


サンスイさん、また、「透湿性素材のヒップブーツ」作って下さい。
[PR]
by kebariya | 2010-05-29 13:13 | 雑談 | Comments(2)

NINE9(夏の生酒)

昨夜は、岡山の地酒菩提酛のNINE9を頂きました。





e0123808_043481.jpg

-GOZENSHU9(NINE) ブルー・ボトル 菩提酛純米夏の生酒 500ml-

◆岡山県真庭市勝山116
◆醸造元 株式会社 辻 本店
◆杜 氏  備中杜氏 辻 麻衣子
◆原材料 米・米麹
◆使用米 雄町
◆精米歩合 65%
◆アルコール度数 15度以上16度未満
◆日本酒度 6.0(やや辛口)
◆酸度/アミノ酸度 1.6/1.3

立ち香は柔らかく穏やかで、含むと雄町米の幅のある濃醇な旨味が爽やかに広がる。 それでいて、女性杜氏を思わせる細やかな繊細さを感じさせる。 

NINE9シリーズは、それぞれに特徴があり、どれもがスッキリとした繊細なピュアなお酒です。





e0123808_0574038.jpg

-晩酌セット-

肴は、マグロの切落し・合鴨のカルパッチョ・シャキシャキ牛蒡サラダ・レタス、トマト、キュウリのサラダです。

程良く脂が乗ったマグロや適度な脂肪と赤身肉の合鴨、サッパリとしたサラダにも相性抜群です。



またまた、御前酒NINE9のファンになっちゃいます。
[PR]
by kebariya | 2010-05-28 01:05 | 日本酒 | Comments(4)

純米酒仕込みの梅酒

今夜は、昨年の6月に仕込んだ梅酒を頂きました。





e0123808_22594088.jpg

e0123808_2304483.jpg

-純米酒仕込みの梅酒-

上の写真の右側の4本が、純米酒1800mlに対して氷砂糖300gの毛鉤屋参百で、左の4本が、純米酒1800mlに対して氷砂糖500gの毛鉤屋五百です。

毛鉤屋五百の方は、標準的な甘さからちょっと甘さ控えめで程良い酸味があります。一方参百は、甘さ控えめでしっかりとした梅の酸味があるスッキリ系です。

食事に合うのは参百で、単独で呑むなら五百の方でしょうか。





e0123808_23255754.jpg

-晩酌セット-

肴は、スペアリブ毛鉤屋風・サラダ(レタス、トマト、キュウリ、クレソン)・厚焼き玉子・マカロニサラダです。




e0123808_23303612.jpg

-五百と参百-

右のグラスが五百で、左が参百です。

グラスも良く冷やしてから注いだものですから、グラスが曇ってしまい色の違いが解りませんが、五百の方が極僅かに濃いようです。





e0123808_23345256.jpg

-スペアリブ毛鉤屋風-

オリジナルの薄めの漬けダレに、昨夜から漬け込みウォーターオーブンで焼いたものです。 十分脂が落ち、薄味でもしっかりと味が浸み込んだスペアリブは、サッパリとしていて十分日本酒の肴にもなりますよ。


今日の様な肉がメインの時は、酸味が立つ参百の方が良いように思います。


早い所では、既に梅酒用の梅が売られています。 本当はキッチリ一年間熟成させようと思ったのですが、次の仕込みと重なってしまいそうなので少し早目の瓶詰となりました。


初めて梅酒を作ってみましたが、梅酒って美味しいですね。 それにバリエーションがアイデア一つで、幾らでも出来るところが良いですね。


みなさんも、「オリジナルの梅酒」作ってみませんか。
[PR]
by kebariya | 2010-05-24 23:55 | 日本酒 | Comments(2)

S川ノート 雨の朝

【五月弐十参日 日曜日 雨 気温壱九度 微風 6:50~8:00】

今朝は、UEFA Champions League の決勝戦を観るために、3時過ぎに起床、風呂に入りキッチリ目を覚ましてテレビ観戦。

インテル(モゥリーニョ)、強かでしたね。 ロッベンを完全に封じ込めちゃいましたね。 面白い試合でしたね。


で、試合が終わって、何しよう。

朝マズメにでも行きますか。

と、思って着替えが済んだところで降り出した雨。

あれれれ、どうしよう。 ちょっと腹ごしらえでもしよう。

昨夜の残り物を胃袋に詰め込んで、もう一度外をチェック。 おっ、これなら行けそう。

ポツポツと落ちて来る程度なので、「降って無い」と、言い聞かせていざ出発。





e0123808_1425156.jpg

-今日のS川-

雨のS川です。

私が立っている橋の下の堰堤には、昨夜から一夜を過ごしたと思われる若者が4~5人、寝袋に入って眠っている。 雨、降っているんですけどね。





e0123808_1474176.jpg

-ピンクの花-

昨日は咲いていなかった花が、今朝は咲いています。





e0123808_1493223.jpg

-雨のメインルート-

風も無く、ライズも無く、ただ雨の跡が水面を飾っています。

そんな心配を余所に、反応は結構有ります。 先月位でしたら良型ですが、今ではレギュラーサイズかなが、そこそこ釣れてきます。


昨日写真に収められなかったような、大きな雄を釣りたいなぁ。






e0123808_1432322.jpg

e0123808_14322781.jpg

e0123808_14325191.jpg

e0123808_1433930.jpg

e0123808_14333396.jpg

-雄16.3cm-

ドーン!!出ましたよ、デッカイ雄、それも今年最大の16.3cm。

同じ轍は踏みません、今日は慎重にネットに入れてから川底造りをしました。


綺麗でしょう、これが釣りたくて毎週S川に通ってしまうんです。



「早起きは、三文の徳」って、やつですかね。


 
[PR]
by kebariya | 2010-05-23 15:00 | 川の釣り | Comments(2)

S川ノート

【5月22日 土曜日 曇り 気温24度 西寄りの風少々 18:10~19:05】

休日は何かと用があり、ちょっと遅めのスタート。

蒸し~っとした、重たい空気の夕マズメです。





e0123808_5213742.jpg

-今日のS川-

メインルートの上流部には、珍しく釣り人が居ます。 どうやら、脈釣りをしている様。





e0123808_52531100.jpg

-サブルートにも-

水があまり動かない此方には、カップルが竿を出しています。 釣れんのかな?





e0123808_5281147.jpg

-ブッシュ-

日に々々、ブッシュの背丈が伸びて来ます。 ここまで伸びると、もはや藪扱ぎのよう。





e0123808_53204.jpg

-メインルート-

ブッシュを抜けるとメインルート、水量はやや増えた模様、小さなライズが沢山見られます。





e0123808_5353650.jpg

e0123808_5355520.jpg

-最初の一尾-

反応はそこそこ有るものの、小さいのか中々乗らない。 

目の前を大きな婚姻色の雄が、肩で風を切って行くように上流へ走って行くのを目撃。

「良し、魚は居る」と確信し、キャストを続けてやっと乗せた一尾です。


その後は、このクラスがポツポツ釣れる程度でした。

唯一、15cmクラスの雄が釣れましたが、綺麗な水中写真を撮ろうと、川底を細工している内に上手く鈎を外して流れに帰られてしまいました。 残念!身体つきも体色も、中々格好良い奴だったんですけどね。



さて、これから朝マズメにでも行ってこようかな。
[PR]
by kebariya | 2010-05-23 05:49 | 川の釣り | Comments(0)

黒龍

昨夜は、福井の地酒黒龍を頂きました。






e0123808_15355391.jpg

-黒龍 逸品 720ml-

◆黒龍酒造株式会社
◆福井県吉田郡永平寺町松岡春日1-38
◆原材料名 米・米麹・醸造アルコール
◆使用米 福井県産五百万石100%
◆精米歩合 65%
◆日本酒度 +3
◆酸度 1.3
◆アルコール度 15度

ふわ~っと優しい香り、甘味のある柔らかな口当たり、ほっと和んでしまう安らぎのお酒。 これが普通酒、昔で言う二級酒とはとても思えない、まさに逸品ですね。

お燗用にと購入したのですが、先ずは常温の冷やで呑んでみましたが、これが「旨い」理屈抜きに。 その後は燗をつけて頂きましたが、勿論、燗は旨いのですが、私的には常温の冷やの方が好みでしょうか。 とてつもなくコストパフォーマンスが優れたお酒です。






e0123808_15562438.jpg

-晩酌セット-

肴は、天ぷら・焼き鳥・レバーの唐揚げ・お浸しでした。





e0123808_15575214.jpg

-天ぷら-

こごみ・山独活・蛸の天ぷらです。 

こごみは、スーパーで計り売りを見つけて早速購入したもの。 山独活と蛸は、酢味噌和えの余り物です。

山菜の独特な香りが堪りません、蛸は揚げると旨味が凝縮して、また、歯応えが更に良くなって、これもまた、酒肴にはもってこい!





e0123808_1662322.jpg

-お浸し-

こごみのお浸しです。

シャキシャキした食感と、僅かな滑り、香りとほろ苦さが丁度良い。 年に一度は、こう言った旬のもの頂きたいですね。



旨いお酒に旨いもん、ほんと感謝ですね。
[PR]
by kebariya | 2010-05-22 16:14 | 日本酒 | Comments(0)

S川ノート

【5月16日 日曜日 晴れ 気温21度 南の風少々 17:40~19:05】


昨日と比べ今日は、大分暖かなよう。 期待出来るかも ・ ・ ・





e0123808_23374110.jpg

-今日のS川-

お天気以外は、特に変わった様子はありません。





e0123808_23395166.jpg

-薄ピンクの花-

昨日の確認をすべく、河原に降りて最初に此処を訪れました。 でも、何の花か解りません。





e0123808_23431658.jpg

-メインルート-

此処も特に変わった様子ではありません。





e0123808_23441937.jpg

-一尾目-

変っていたのは昨日より反応が悪いこと、やっと形を見る事が出来ました(ホッ!)






e0123808_23465825.jpg

-ヒコーキ雲-

一匹目が釣れて、どうにかなると思っていましが、後が続きません。 

何となく後ろが気になって振り向くと、ヒコーキ雲。


写真、難しいですね、肉眼ではもっとヒコーキ雲が白く見えていたんですがね。






e0123808_2354851.jpg

e0123808_030082.jpg

e0123808_23544296.jpg

-今季最大の雄-

日がどっぷり落ちたプライムタイム、本命ポイントでフッキングミス。 少しポイントを休ませようと上流にキャストした3投目、吸い込む様な小さなアタリ。 小さくピシッと合わせると、ズッシリとした重さがロッドを伝わる。 ググッ、ググッと絞り込みロッドを曲げ、下流に走る。 小気味良い引きを楽しみながら、ネットに納まったのは今季最大の15.8cmの雄でした。





e0123808_083730.jpg

-三日月と金星-

写真を撮っている内にプライムタイムは終わってしまった模様。 暗くなった夜空には、三日月と金星が接近して、何だか良い感じ。



一時間二十分程で僅か二匹の釣果でしたが、十分満足な釣りが出来ました。


今年は本当に、もしかしたら、もしかしそう。 


17cmオーバーに期待が掛かります。
[PR]
by kebariya | 2010-05-17 00:20 | 川の釣り | Comments(4)