<   2009年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

F.S.W.F.F.S.T.2009開幕

海フライお馬鹿のシーバストーナメント参加の皆様、あと数時間で開幕ですよ。





e0123808_20424184.jpg

-2008表彰式-


11月1日午前零時スタートフィッシング、そして12月31日午後12時ストップフィッシング。

エントリー方法は昨年と同様、その都度私まで写真とサイズ(叉長)の報告をメールにてお願いいたします。



巷では、フライで93センチが釣られたとか、景気の良い話が飛びかわっています。


さてさて、今年は ・ ・ ・ ・ ・


【参加選手】 順不同

・マスターフグさん
・キターッ!さん
・やっくさん
・マスターブレッドさん
・chaさん
・falconerbridgeさん
・ねこじゃらしさん
・ヒットマンOさん
・わけー衆さん
・IWAXさん
・なおるさん
・NTさん
・シノさん
・haripapaさん
・harimamaさん
・おやつ大臣さん
・kebariya


昨年より二名多い総勢17名参加による、二ヶ月間の熱き戦い。


秋から冬へのこの時期、一年中で最も大きいシーバスが釣れる可能性大。

90オーバー、いやいやメーターオーバー目指して頑張りましょう!!!


それでは皆様、良い釣りを。
[PR]
by kebariya | 2009-10-31 21:06 | 海の釣り | Comments(0)





e0123808_11231680.jpg

-旧北海道庁-

赤レンガ造りの重厚な建造物旧北海道庁。

そう、今回は最高級の蕎麦粉の産地、北海道は札幌に残念ながら仕事でやって来ました。


初日のお昼は絶対蕎麦にしよう!

と言うことで、ネットで色々調べた結果、このお店に。





e0123808_11314979.jpg

-蕎麦切り 春のすけ-

手打ち十割そばと日本のお酒



札幌の蕎麦屋ランキングでは一位では無いが上位ランクイン、クチコミではかなりの高評価、札幌駅から徒歩圏内(同行の先輩がちょっと足に)、スタッフのブログが良かった等の理由で選んでみました。


愛想も無いが嫌みも無い普通の蕎麦屋、カウンターと小上がりの座卓がある小じんまりしたお店。私たちは小上がりに腰を下ろす。

先輩は温かい蕎麦(何か変わった名前が付いていました、こちらで言う肉南蛮)、私は大ざるをどちらも細切り(噛締めるタイプの太打ちと喉越しの良い細打ちがありました)で注文。




e0123808_12163466.jpg

-おおざる-

すみません、画像の色合いが良くありません。 昼時で他のお客様もいらっしゃいますし、ストロボカシャカシャは無粋と思い控えております。


さて、お蕎麦の方ですが本場の蕎麦粉と言うことで期待が膨らみます。

新そばの香りより海苔の香りが先に、海苔をよけ蕎麦のみを手繰ると強くは無いがほんのり蕎麦の香りで、一口すすると程好い腰で穀物味を感じます。

汁をつけて頂くと、この蕎麦には合っているのかスルスルと入っていきます。 




e0123808_1252014.jpg

-蕎麦湯-

程なくして出された蕎麦湯、温かい蕎麦にも蕎麦猪口を出して下さるのも嬉しいですね。 とろーりと白濁した蕎麦湯は、蕎麦粉を溶いて別誂えしているんでしょうね。 濃厚で香りが良いスープでした。


場所は繁華街から少し離れた処にあり人通りも疎ら、それでもお客様は入れ替わり立ち替わり地元に根付いたお店なんですね。




e0123808_12572174.jpg

-名刺-

Team Harunosuke

今度があったら、蕎麦前をじっくり頂き〆に太打ちの田舎蕎麦を頂きたいな。


ご馳走様でした。
[PR]
by kebariya | 2009-10-31 13:07 | 美味しいもの | Comments(0)

峰乃白梅

今夜は、新潟の地酒峰乃白梅を頂きました。





e0123808_23193469.jpg

-峰乃白梅 純米吟醸 720ml-

◆福井酒造株式会社
◆新潟県新潟市福井1833
◆使用米 五百万石・ゆきの精
◆精米歩合 60%
◆使用酵母 新潟オリジナル酵母
◆日本酒度 +5
◆アルコール度 15度以上16度未満
◆酸度 ―


立ち香は何だろう、僅かにちょっと古くなった漬物の様な形容し辛い香り。 含むと一瞬独特の酸を感じましたが、直ぐにその感覚も香りも消え、スッキリとしていながらコクがある独特な世界観。 二口目三口目あたりから「旨いねぇ」と思わせるお酒です。





e0123808_23423972.jpg

-晩酌セット-

つまみは、焼き厚揚げ・焼きさつま揚げ・ハタハタ焼き・昆布の山椒煮です。


一杯目は、常温の冷やで頂きました。 つまみを頂きながら含むと、これまた旨い。 二杯目からはぬる燗で頂きました。





e0123808_23475370.jpg

-ハタハタとお燗酒-

良~く焼いたハタハタに、ぬる燗は合いますね。 燗冷ましも、また旨かった。



やっぱり、新潟のお酒は旨いんですね。


まだ、先月新潟へ行った際に購入してきたお酒が数種類あります、益々楽しみですねぇ。







さて、デザートは ・ ・ ・




e0123808_23541646.jpg

-定番デザート-

早速、昨日頂いたしまバナナで作りました、バナナフランベ。

酸味が少~しあるバナナの甘味にシナモンとブランデーの香り、バニラアイスをたっぷり添えて。


あぁ~、堪らない!


メタボなんか、気にしません!!


ご馳走様でした。
[PR]
by kebariya | 2009-10-28 00:00 | 日本酒 | Comments(0)

蕎麦屋DEデート

今日は、女性同伴である。




e0123808_23552018.jpg

-蕎麦屋DEデート-

蕎麦屋DEデートなんです。




e0123808_23564458.jpg

-そばがき-

そばがきを頂き、




e0123808_2357346.jpg

-鴨焼き-

e0123808_235819.jpg

-鴨と葱と大根おろしと七味で-

鴨焼きを頂き、




e0123808_23593652.jpg

-せいろと三色-

e0123808_005710.jpg

-三色(せいろ・柚子切り・芥子切り)-

彼女はせいろ、私は三色を〆で頂きました。




そして、彼女からのプレゼント、


















e0123808_024529.jpg

-しまバナナ-

な~んと、大好物のしまバナナです。




e0123808_034555.jpg

-ガブリ-

写真を撮っている内に捥げてしまいましたので”ガブリ”、「うっ、旨い!」



早速明日は、フランベしてアイスクリームを添えて頂きましょう。


楽しみ、楽しみ。
[PR]
by kebariya | 2009-10-27 00:08 | 美味しいもの | Comments(2)

昨日までは、逗子で外二で打つ「おろしそば」と蕎麦前を楽しもうと思っていたのですが、日頃の寝不足解消と思い寝過ぎてしまったのと、生憎の雨模様のため断念。

ならば、電車一本で行ける渋沢のくりはらさんにしよう。 ここなら絶対外さない、それは前回で実証済みで、おまけに土日は夜間も営業との事。


たまった洗濯などをやっつけて、風呂に入って小ざっぱりして夕方家を出ました。




e0123808_0351025.jpg

-入口-

駅からの道のりは、行きかう人も2~3人、信号を曲がって店までの間は真っ暗。 この先にお店があるのかなと思わせる程です。




e0123808_0404740.jpg

-お新香-

店に入ると先客が4~5組、前回同様6人掛けのテーブルを案内され腰を下ろす。

直ぐにお新香とお茶が出されます。 


テーブルにさりげなく飾られた草花が、ほっと心を和ませてくれます。


蕎麦前はいづみ橋の赤とんぼを燗で、つまみはにしんの旨煮・前回も頼んだ豆腐の味噌漬け・自家製蒟蒻の田楽の3品を注文しました。

蕎麦は、前回と同じ手挽き粗挽きのざるを声掛けです。




e0123808_0492122.jpg

-お酒・お通し・豆腐の味噌漬け-


e0123808_0503993.jpg

-いづみ橋 赤とんぼの燗-

お酒とお通しの蕎麦味噌豆腐の味噌漬けが同時に運ばれました。

このお燗酒は美味しいですね、以前いづみ橋の純米吟醸の雄町を頂いたんですが、雄町らしく無く薄っぺらな感じがしたんですが、これは旨いです。


酒器のセンスがまた、良いですね。




e0123808_0565750.jpg

-にしんの旨煮-

柔らかくてほろほろ、味も濃過ぎ無くて私好み。 お酒が進みます。




e0123808_0591571.jpg

-蒟蒻の田楽-

毎朝蒟蒻芋を摺って造っているそうです。 その日によって、出来上がりの色が違うようです。

今日のは、薄っすらピンクで綺麗なお色でした。

山椒の風味が効いた味噌が、良くマッチしていました。




e0123808_132443.jpg

-生姜煮-

「どうぞ、召し上がってみて下さい」と、お出し頂いた生姜煮。 かえしと鰹節で炊かれた生姜、これもまた旨い、お酒が進みます。




e0123808_171493.jpg

-天の戸 美稲(うましね) ハーフ-

お酒が先に無くなっちゃいました。 
そこで、「料金そのままで美稲を半分だけ燗つけて下さい」とお願いしました。

赤とんぼよりややスッキリ系、このお酒も食事に合っていて旨いです。 流石ご主人が厳選しているお酒ですね。



e0123808_1184380.jpg

-蕎麦前終了-

綺麗に蕎麦前も終わったところで、お蕎麦をお願いします。




e0123808_1201949.jpg

-手挽き粗挽きのざる-


e0123808_1205858.jpg

-蕎麦-

透き通るような切り口に、飛び出さんばかりの蕎麦の粒々。 目でも美味しい。

香りは前回より少し弱いかな、コシは前回以上にしっかりしていてこれも私好み。

あっという間に平らげました。




e0123808_125336.jpg

-蕎麦湯-

今日のは蕎麦粉を溶いて造ったんでは無く、鍋底に残った濃い茹で汁そのまんまって感じで、これがまた旨い。 蕎麦の切れ端が結構入っていたのも嬉しい限りです。




e0123808_1291712.jpg

-完食-

あぁ~、旨かった。 


ご馳走様でした。
[PR]
by kebariya | 2009-10-26 01:40 | 美味しいもの | Comments(2)

お知らせ

今年もやります、海フライお馬鹿のシーバストーナメント。


既にご案内をしており、昨年より多い参加表明を頂いておりますが、まだ、半数近くの方がエントリーフィー未納とのことです。(21日横浜サンスイにて調査)


どうぞ、今月中にお支払い下さいますよう、お願い申し上げます。





e0123808_2123445.jpg

-2008 Winner-

昨年は、全長87センチ叉長84センチで見事優勝に輝いたマスターフグ氏。


さて、今年はどんなモンスターがエントリーされるのか楽しみです。



ここで、参加表明頂いた方々からのメッセージを紹介します。


一番最初に飛び込んで来たのが、

【キターッ!さん】
kebariyaさんこんばんは。 
今年も楽しみなトーナメントがやってきました。 
さっそくですがエントリーお願いします。 
でかいの釣りますよ!



続いては、

【マスターブレッドさん】
ご無沙汰しております。
今年も参加させて頂きます。
このトーナメントを戦わないと、年が越せない体になってしまった様です(笑)
皆様の釣果にドキドキしながら、年の瀬に向かって加速してく感じ、なんか好きです。
今から、かなり前のめり状態ですが、今年もよろしくお願いします。



【マスターフグさん】
ども。
パソコンが故障してまして、携帯メールでトーナメントのエントリーお願いします!
マスターフグ>゜)))彡



【NTさん】
kebariyaさん、

ご無沙汰しております。
毎年お誘いいただきありがとうございます。
また、お忙しい中でのご調整、お疲れ様です。

さて、今年もエントリーさせていただきますので宜しくお願いします。
どの時期が確率化が高そうか、鹿内さんに相談して見ます。




【わけー衆さん】
kebariya様

返信遅くなって大変申し訳ありません。
実は10月10日に挙式で、てんてこ舞いでした。。。
とりあえず無事に終了したのでやっと返信できます。

参加希望いたします。I 澤くんにも伝えておきますねー。

それでは宜しくお願いいたします。



【IWAXさん】
シーバストーナメントに参加させて頂きます。
よろしくお願いします。
ニックネームはIWAXでお願いします。





以上、現在まで届いている皆さんの心意気です。

今回初めてご参加頂く方は特に、一度メールをお願いします。 今後の連絡等ありますので、よろしくお願い致します。



スタートフィッシングは、11月1日午前零時からですよ。


今年もデカイの釣りましょう!
[PR]
by kebariya | 2009-10-25 22:01 | 海の釣り | Comments(2)

生ける

このところ、急に寒くなってきましたね。


S川に行っても、あまり花を見かけなくなりました。

S川の季節を生けてみたい、と、思っていたのですがままなりません。





e0123808_1455511.jpg



e0123808_14552168.jpg



e0123808_14553933.jpg


スーパーの生花コーナーで一束380円でした。



お陰で、小さな出窓が華やぎました。
[PR]
by kebariya | 2009-10-25 14:58 | 雑談 | Comments(0)

紀土-KID-

昨夜は、和歌山の地酒 紀土‐KID‐(キッドと読みます)を頂きました。


このお酒は、私がお酒を呑み始める時の酒選びの基本となった雑誌dancyu2009/3で、「杜氏経験3年以内のルーキーが醸す新銘柄の青田刈り」で紹介されたお酒です。 

パット目を引くラベルデザイン、ましてや読みを「キッド」と読ませるあたり、憎いではありませんか。 近い将来、是非呑んでみたいと思った一本でした。

dancyuでは純米酒が紹介されていましたが、購入店には純吟と両方ありました。 酵母が9号系の純吟をチョイスしました。




e0123808_16542596.jpg

-紀土‐KID‐ 純米吟醸 720ml-

◆平和酒造株式会社
◆和歌山県海南市溝ノ口119
◆使用米 山田錦
◆精米歩合 50%
◆酵母 協会9号
◆アルコール度 15.5度
◆日本酒度 非公開らしい
◆酸度 非公開らしい


立ち香は、林檎の様な葡萄の様な爽やかで上品な軽いタッチ。 含むと甘酸っぱいようで、米の甘味と乳酸系の酸が混然一体となって口に広がる。 「旨いじゃん」と、自然と漏れる。 う~ん、これは燗も旨そうだ。





e0123808_17181863.jpg

-晩酌セット-

今夜は鍋でゆずこしょう、鶏肉団子・豚バラ肉・豆腐・みずな・葱・韮を具材にウルトラたっぷりの昆布出汁で軽ーい塩味に仕立てました。 これがまた、ゆずこしょうと相性バッチリ。 お酒を呑むのを忘れそうな旨さでしたよ。




e0123808_1725153.jpg

-お燗-

無~ん茶ってね、しっかりお酒も頂いています。 二杯目からはお燗、ぬる燗よりちょっと熱めの上燗。 これが旨いんです、燗酒はあ~だこ~だの理屈抜きで旨いですね。


幸せです。





さて、翌日の今日。


本来ならば、鍋の後には〆の雑炊を頂きたいところですが、超満腹でとても無理。

てな、訳で今日の昼は ・ ・ ・





e0123808_17373198.jpg

-雑炊-

一晩経った鍋には、鶏団子と豚バラから出た油が白くかたまっています。 これをキレイに網ですくい取り、火に掛け味を調えます。

沸騰してきたところでご飯を投入、一掻き混ぜして薬味(刻み葱と韮)を入れ、続いて溶き卵を回し入れます。 これも一掻き混ぜして火を止め、蓋をして蒸らします。


休日のお昼時、体に優しい最高のブランチです。





e0123808_17495234.jpg

-昆布の山椒煮-

付け合わせの昆布の山椒煮です。 晩酌の後、コトコトと煮込んで作りました。

ウルトラたっぷりの昆布出汁は、このためだったんです。 実山椒の醤油煮は前日に作って置いたものです。

昆布を2センチ角に切り直し鍋に入れ、梅干し・日本酒・醤油・味醂・三温糖・水を適量入れ煮汁が無くなるまで、中火から弱火で煮込みます。 煮汁が無くなる頃に実山椒の醤油煮を加えて、さらに煮詰めて出来上がりです。 

ちょっと手間かもしれませんが、美味しさは格別ですよ。

これは充てには勿論、白飯は何杯でもイケそうです。



う~ん、晩酌が楽しみだ。
[PR]
by kebariya | 2009-10-24 18:12 | 日本酒 | Comments(0)

ゆずこしょう

今夜は、お土産に頂いたと、言うよりリクエストして買って来て頂いた「ゆずこしょう」で晩酌しました。




e0123808_23264465.jpg

-晩酌セット-

ゆずこしょうを味わうために用意したのが、手羽元・青紫蘇つくね・軟骨(やげん)の焼き鳥3種。 他には梨とルッコラのバルサミコソース(今日のナッツはアーモンド)とハタハタ焼きです。

お酒は、先日開けた相模灘の燗。




e0123808_23322251.jpg

-ゆずこしょう2種-

緑色のが通常のゆずこしょう、食べなれた味で香りも良くとても美味しいです。 橙色のが今回初めて、見るのも食べるのも初物の「赤ゆずこしょう」です。 

使用材料は、レギュラーのゆずこしょうは青柚子・青唐辛子・塩なのに対し、赤ゆずこしょうは黄柚子・赤唐辛子・塩となっています。 香りは熟成した柚子の香り、辛味はより辛く感じます。 「う~ん、これも旨い」

一本の串でも、つけるゆずこしょうのよって二通りの味が楽しめます。 食卓の幅がいっきに広がった感じです。 



鍋にも合いそうだなぁ、暫く鶏料理が続きそうです。



どうも、ありがとうございました。


今日もまた、感謝です。
[PR]
by kebariya | 2009-10-22 23:50 | 美味しいもの | Comments(2)

やきいも

くどいようですが、男だってやきいも好きなんです。




e0123808_2352937.jpg

-紫芋-

今回のはちょっとハズレかな、芯があるって言うかゴジゴジ感が少しありました。




e0123808_2384489.jpg

-鳴門金時-

鳴門金時は、やっぱりやきいもの王様ですね。

ホクホク感と甘味は最高です。



ああ、焚火してやきいも焼いて喰いてぇなぁ。
[PR]
by kebariya | 2009-10-21 23:13 | 美味しいもの | Comments(2)