S川ノート 

【9月27日 日曜日 曇り 北東の風少々 気温27度 15:30~17:10】


買い物ついでに向かったS川、時間的にもちょっと中途半端な時間になってしまいました。


S川に降りる信号のある交差点に着いて愕然、上から見渡すS川が大減水。 

こんなんで釣りになるんかいな、と思いながら身支度して支流のポイントへ向かう。




e0123808_23375118.jpg

-減水のS川-

最大で7~80センチは減水しただろうか、川底が剥き出しになっている所が多く見られました。




e0123808_23411455.jpg

-サギ-

対岸ではサギが、餌の小魚を求めて水面を睨んでいます。




e0123808_2343070.jpg

-レギュラーサイズ-

こちらの支流は、減水の影響は余り無く飽きない程度に釣れて来ます。 サイズも上がらず、雄も釣れませんでした。


試しに本流もやってみましたが、全然ダメで、マズメ時にレギュラーサイズがポツリポツリ釣れただけでした。

意図的に堰堤を開けたのでしょうか、で、なければ状況はかなり悪くなると思います。

明日からの天気予報に期待ですね。




e0123808_23494565.jpg

-S川の草花-

帰り際にS川の草花を摘んできました。


買い物って、たまたま近所で行われていた陶器市に寄って花瓶を買ってみたのです。


中々良いですよ、雑草も(笑)
[PR]
by kebariya | 2009-09-28 23:54 | 川の釣り | Comments(2)

我家で酒宴 

昨夜は、職場の仲間を招いて日本酒をたっぷり頂きました。




e0123808_0251323.jpg

-酒宴-

先ずは、栓の開いている百楽門純米大吟醸 原酒 ひやおろしと大那 特別純米 生酛造り 無濾過生原酒を頂きました。




続いて、


e0123808_030136.jpg

-Domaine Sogga Le Sake Naturel Miyamanishiki 2008 火入れ 750ml-

これをワイングラスで呑んで頂いた。 

Tさんは、「日本酒って感じがしないですね、ワインみたい」と言っていました。



次は、



e0123808_0342545.jpg

-而今 純米吟醸 千本錦 火入れ 720ml-

流石而今、旨い。 八反錦と特別純米9号酵母の中間の様な感じのお酒ですね。

先日、而今の試飲会に一緒に行ったK君は、しきりに「旨いですね」と言っていました。



さて、次は、



e0123808_0403670.jpg

-山形正宗 純米吟醸 雄町50 袋絞り直汲み 20BY 生熟成 720ml-

角が取れて円熟の感がある酒質、雄町特有の奥行きと甘味・旨味、これもまた、旨い。 特に金目の煮付には相性抜群でした。



最後に、もう一本。



e0123808_0512977.jpg

-貴 山廃 純米吟醸 雄町50 限定品 180ml-

このお酒は、頒布会でのおまけの商品(訳あり)です。

山形正宗と同じ雄町50、それぞれ味は違うがどちらも旨くて甲乙つけ難い。

これは、頒布会の貴の雄町が楽しみだ。




中盤でお出しした、


e0123808_10125.jpg

-豚バラ肉と大根の炊き合せ-

写真撮り忘れのため、27日撮影しました。

肉の旨味が浸み込んだ大根は旨い。



終盤にお出しした、


e0123808_058478.jpg

-金目の煮付-

ちょっと薄味過ぎましたか? 毛鉤屋好みと言うことで、ご容赦下され。



Tさん、K君、また呑みに来て下さいね。
[PR]
by kebariya | 2009-09-28 01:06 | 日本酒 | Comments(2)

魚 沼 

一昨日の晩は、新潟の地酒魚沼を頂きました。




e0123808_23135666.jpg

-濃醇 魚沼 純米 720ml-

◆白瀧酒造株式会社
◆新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2646
◆特定名称 純米酒
◆日本酒度 +2
◆酸度 2.1
◆アミノ酸度 1.2
◆アルコール度数 16度以上17度未満
◆精米歩合 80%


旨味たっぷりでお燗で美味しいお酒は、との思いで購入した一本。
先ず一杯は、常温の冷で。 僅かにフルーティーな甘い香り、含むと米の旨味と甘味がグワーっと広がって思わず「旨いな」ともれてしまう。 後口もしっかりとした酸で綺麗に抜ける、お燗が楽しみです。





e0123808_23371672.jpg

-晩酌セット-

肴は、鶏レバーの時雨煮・エシャロット・厚焼き玉子・イタリアン豆腐・さつま揚げ・菜の花の辛子和えで、旨味たっぷりの魚沼には好相性です。





e0123808_2342377.jpg

-ぬる燗-

いや~、お燗は良いですね、ホッとすると言うか、ホッこりしますね。 

理屈抜きで旨いですよ。

私の場合、特に常温に戻る少し手前のあたりが最高です。



また一つ、お気に入りが増えました。


 
[PR]
by kebariya | 2009-09-27 23:52 | 日本酒 | Comments(0)

最終日三日目、九月二十一日月曜日です。

昨夜、カメラに収められなかった魚をもう一度撮りたくて、同じポイントへ向かいます。




e0123808_10384588.jpg

-外気温-

午前4時40分、車載温度計は8度表示しています。 2度位高めに表示されるので、実質6度位でしょう。 すっごく寒く、フリースを着てハンドルを握っていました。



さて、肝心の釣りですが、今朝の冷え込みのせいか全く反応してくれませんでした(笑)

勿論、暗い内から待機しタイミングを計って釣り始めたんですけどね ・ ・ ・

明るくなるまで待って様子を伺うと、魚が流れに出て来ません。 まぁ、小さいのは見えましたが、それが目的ではありませんから ・ ・ ・





e0123808_10471818.jpg

-流れ-

この流れにも、良型の岩魚が2匹は着いていたんですがね ・ ・ ・

ここも、無反応でした。





e0123808_10492853.jpg

-朝の空-

気持ち良い朝です。  今日も天気が良さそうだ。



さて、宿裏の流れでもやってみますか。





e0123808_10513931.jpg

-レンゲ-
e0123808_105217100.jpg

-デイジー-

朝露で光る綺麗な花たち。





e0123808_10533714.jpg

-山女-

チビ山女たちは元気です。



e0123808_1057269.jpg

-花と虫-


e0123808_10581131.jpg

-ミヤコワスレ?-

この花も、朝露と朝日を一杯浴びてキラキラ、ほんと綺麗ですね。




e0123808_1105713.jpg

-宝石-

岩魚も山女も小さい方が綺麗ですね、大きくなると迫力があって格好良くはなりますが、綺麗さとしたら小さい方に分がありますね。 やっぱり、「森の宝石」だ。





またまた、昼蕎麦です。



e0123808_1182567.jpg

-29度!?-

朝とは打って変わって、熱~い!!




e0123808_11112428.jpg

-御膳盛り蕎麦-

あ、今日も「牧之庵」です。

せいろやざるでは無く、御膳に盛られた蕎麦なんです。 ちょっと高足のお膳に簾を敷いた上に蕎麦が盛られています。



e0123808_1114516.jpg

-蕎麦-

少々不揃いですが、エッジの効いた切り口の蕎麦です。 コシがあって甘味があって旨いんだなぁ。



e0123808_11162127.jpg

-サラダ-

フレッシュ花オクラのサラダです。 ミズナのシャキシャキ感と胡麻油の風味、生でもヌルヌル感のある花オクラはとっても相性が良いようで美味しかったです。 ご馳走様でした。


来月は新米のお結び、旨いんだろうな。   食べたい。




e0123808_11221626.jpg

-U字溝-

駐車場とお店の間を流れるU字溝に何やら動く影、覗き込んで見るとなんと岩魚が定位していました。 少し歩いて見ると、場所によってはウジャウジャ岩魚が居ます。

驚きましたね、何て処だ!



e0123808_11272826.jpg

-杉苔と雨蛙-

e0123808_11282257.jpg

-雨蛙-

U字溝際に生える杉苔に、ちょこんと座る雨蛙。 何とも言えない可愛らしさ、思わずシャッター切ってました。



さあ、宿に戻り帰りの支度。




楽しく、美味しい新潟の蕎麦時々釣り(秋)の三日間でした。


自然と人と美味しいもの、今日も全てに感謝です。


ありがとうございました。
[PR]
by kebariya | 2009-09-26 11:09 | 川の釣り | Comments(2)

二日目、20日日曜日です。

午前4時30分起床、身支度を整え昨日目星を付けておいたポイントへ向かいます。






e0123808_232259.jpg

-岩魚-

e0123808_2371218.jpg

-岩魚-

此処は、昨日の朝多数の魚影を確認していたポイントです。 既に明るくなっていた昨日は、無反応でしたが暗い内なら何とかなると思い選んだポイントです。


明るくなるまでランディングネットの中で待って居て貰い、写真撮影にお付き合い頂きました。 お魚さん、お疲れ様でした。


この二尾で十分満足なのですが、宿の朝食にはまだ早いので、少し下流を釣る事に。





e0123808_23182982.jpg

-オレンジ・イエローの花-




e0123808_23193550.jpg

-落葉と山女-




e0123808_23202152.jpg

-流れ-





e0123808_23205745.jpg

-谷間の朝の空-




e0123808_23215139.jpg

-流れ-

水が少ないながらも、他と比べて水深があり流れの緩い処に魚は潜んで居ます。





午後は、昼蕎麦です。

今日は、越後湯沢駅前の老舗「中野屋」さんに行きました。




e0123808_23265671.jpg

-中野屋-

相変わらずの人気店で、午後の2時過ぎなのに数組が順番を待っています。 国道沿いの姉妹店は、この時間でも店の外まで長蛇の列が出来る程です。





e0123808_23315761.jpg

-盛り蕎麦-

へぎ蕎麦は、最低二人前からなので盛り蕎麦を註文。 へぎでも盛りでも蕎麦は変わりません。

長方形の板状の木枠に盛られるかの違いで、繋ぎにフノリを使い緑がかった海藻の香りがする蕎麦です。

中野屋さんで頂くのは3~4年ぶり、蕎麦の緑色は以前にも増して色濃くなったようです。 手繰ると香りは強めのフノリの香りと、残念なことに小麦粉の香りも結構感じました。 コシは程良くあり、ツルッとした喉越しは流石です。 これを汁に付けて頂くと、小麦粉の香りは消え食べ易い蕎麦になりました。



一頃前の方が、美味しかったかな。





夕マズメにはまだ早いのですが、他にする事が無いので、秘湯の一軒宿の前を流れる川を釣る事にします。





e0123808_2348469.jpg

-岩魚 on net-


e0123808_2350414.jpg

-岩魚 on water-

此処は他より水量があって良さそうです。 ただ、宿の客も釣りをするようなので入渓跡が伺えます。

小さなピンスポットに毛鉤を入れると、ちゃんと応えてくれました。





e0123808_23552111.jpg

-流れ-

こんな淵や溜りが交互に出て来るような流れですが、そう簡単には釣らせて貰えません。 夜討朝駆けの暗がりが勝負でしょうか。



本命ポイントに移動しようと車に戻ると、車の直ぐ傍に大きな雄猿が出て来ました。 向こうも怖いのでしょうか、牙を剥いて声を出し威嚇して来ました。 私も怖かったのですが、丁度脱いでいたジャケットをバフバフさせて威嚇したら、サルの方から逃げて行ってくれました。



本命ポイントでは、毛鉤が見えるか見えないかの時間帯まで待ち、勝負。 二流し目で今釣行最大の山女(27cm位)を掛けたのですが、暗い所でカメラの設定をしている内に、流れの中に帰って行ってしまいました。



体高があって良いプロポーションだったんだけどな。
[PR]
by kebariya | 2009-09-25 00:15 | 川の釣り | Comments(0)

S川ノート 

蕎麦時々 ・ ・ ・ は、今日はお休みで、S川ノートを報告します。


【9月23日 水曜日 晴れ 気温28度 ほぼ無風】



e0123808_2320443.jpg

-S川-


e0123808_23212090.jpg

-群生-


e0123808_23215426.jpg

-河原トマト-


e0123808_23223081.jpg

-雌-


e0123808_2323293.jpg

-黄色の花-


e0123808_23234569.jpg

-曼珠沙華-


e0123808_2328369.jpg

-川面に映る花-


e0123808_2330027.jpg

-雄-


e0123808_23303441.jpg

-雄-

一仕事終えて、色褪せてきた雄。 お疲れ様。

水温も高く、まだまだイケそうです、オイカワ。

二時間弱で二十四・五匹、大型の雄が釣れればなぁ ・ ・ ・



e0123808_23321075.jpg

-秋桜-

曼珠沙華に秋桜、もうすっかり秋ですね。



来週あたり、トマトが収穫出来そうですよ。
[PR]
by kebariya | 2009-09-23 23:45 | 川の釣り | Comments(2)

シルバーウィークの前半、今年最後の岩魚に逢いに越後の国へ行って来ました。


連休の初日、渋滞は避けたいので午前3時を過ぎた頃出発。




e0123808_0333583.jpg

-温度計-

渋滞も無く快適に高速を飛ばし一般道に降りてみると、何んと気温10度。 

「ひぇ~、こりゃ~さみ~や!」 フリース持ってきて良かった。




e0123808_0385454.jpg

-田圃-

7月は真っ青な稲でしたが、今回は黄金色に輝く稲穂に変わっていました。


五十以上の九十九折れのコーナーを抜け、峠を越えると何時もの宿「おん宿似っ久 わさびや」に着く。

早朝のため、遊魚券を郵便受けの中に入れといて貰い、それを持ってポイントの偵察。




e0123808_0495198.jpg

-岩魚-

e0123808_050247.jpg

-山女-

7月良かったポイントと悪かったポイントをチェック、小さいながらも魚は反応してくれた。 

ただ、減水が7月にも増して酷い。


魚の着き場が、絞り易いと言えば絞り易いのだが ・ ・ ・

その分、プレッシャーは相当高い。




e0123808_0565686.jpg

-紅葉-


e0123808_057525.jpg

-ウルシ-


e0123808_059496.jpg

-アザミ-


e0123808_0594217.jpg

-ガマズミ-

紅葉は未だですが、気が早い草木は色付き初めています。





さて、宿に向かいます。


丁度宿に着いた時、地元のキノコ名人が限りなく天然物に近い舞茸を届けに来たところでした。



e0123808_155923.jpg

-ほぼ天然舞茸-

原木に舞茸の菌を植え、舞茸が出来易い環境の山中に放置。 毎日のように山へ様子見に行き、頃合いを見て収穫するそうです。

「今夜は、舞茸鍋が喰えるぞ」




昼蕎麦の前にちょいとお買い物。

以前、通販であの而今を買ったお店が宿から120キロ位の処にある。 目的の蕎麦屋牧之庵までが40キロだから、あとその倍。



e0123808_120245.jpg

-酒と米かねせ-

長岡インターから国道403号線を北上、田圃の真中にポツンとある洒落たお店。 どう見ても不釣合いなお店、何でって感じ(失礼)



e0123808_1263676.jpg

-ディスプレイ-

而今のダミーボトルが飾られ、センス良く綺麗にディスプレイされた店内です。

ネット販売では、数秒で売り切れてしまったアレや、生産量がやたら少ないアレと白磁の杯を購入しました。 それらは追々紹介してまいります。




さて、昼蕎麦。



e0123808_1325321.jpg

-秋色の暖簾-


e0123808_1334036.jpg

-囲炉裏-

今日は囲炉裏に腰をおろします。



e0123808_1351948.jpg

-御膳蕎麦-

盛り蕎麦に魚沼産コシヒカリの大きなお結び、それに野菜天麩羅とのっぺ汁が付いたボリューム満点の品。 

「あ~、お腹空いた」って、注文したら大きいお結びがさらに大きくなって出て来ました。 「ありがたいやら、苦しいやら」(笑)



e0123808_1411898.jpg

e0123808_1413349.jpg

-花オクラのお浸しと花オクラ-

奥様のご厚意で出して頂きました。

お浸しはオクラのぬめりと、ピリッと辛しが効いてとても美味しかったです。 酒の肴にも合いそうです。


一仕事終えた御主人、蕎麦湯割りを持って囲炉裏へ。

暫し、四方山話に花が咲きました。



e0123808_1485763.jpg

-生花-
e0123808_1493276.jpg

-ドライ-

玄関から店内、全てのお花を奥様が生けられるそうです。 大胆で繊細な奥様のセンスが光る、素敵な生け花ですね。


何時も温かく迎えて頂き、ありがとうございます。




夕マズメに戻る途中、

e0123808_1541180.jpg

-稲刈り-

天候不順で、今年は少し遅いそうです。




e0123808_158028.jpg

e0123808_1581716.jpg

-チビでも岩魚-

フライが見えるか見えないか位、暗くなってこないと反応しません。 時間にして、20分位かな。


取敢えず、初日に岩魚が釣れたんで大満足。 お酒も買えたし、旨い蕎麦も喰えたし ・ ・ ・




e0123808_241813.jpg

-舞茸鍋-

e0123808_245328.jpg

-晩酌-

舞茸鍋肴に、持ち込みのお酒で晩酌出来るなんて最高の贅沢。 

「あぁ~、旨い}



今日も全てに感謝、ありがとうございます。
[PR]
by kebariya | 2009-09-23 02:07 | 川の釣り | Comments(0)

越後の川

e0123808_21492674.jpg

秘湯一軒宿の前を流れる川です。まあまあサイズの岩魚が釣れましたよ。
[PR]
by kebariya | 2009-09-20 21:49 | 川の釣り | Comments(4)

純越後

e0123808_228282.jpg

e0123808_2282821.jpg

今夜は、新潟県から新潟の地酒太陽盛純越後特別純米酒をぬる燗で頂いています。
肴は、マイタケ鍋です。あ〜、旨い〓。
蕎麦も頂いたし、ちっちゃいケド岩魚も釣れましたよ。
[PR]
by kebariya | 2009-09-19 22:08 | 美味しいもの | Comments(0)

冷 汁 

蕎麦以外にも、〆に良いものはあります。




e0123808_2225136.jpg


e0123808_22251959.jpg

-冷汁毛鉤屋風-

炊き立てのご飯に豆腐(この日は柚子のどんぶり豆腐)を載せ、薬味に葱・大葉・茗荷・胡瓜・下ろし生姜をトッピング、そこへ自家製胡麻汁をたっぷり掛けます。


後は、豆腐を崩してざっくり掻き混ぜ一気に頂く。 柚子の香りと豆腐の甘味が、味噌仕立の胡麻汁とマリアージュ。 「旨いっす!」


お酒の後の〆には勿論、食欲が無い時の休日ランチなんかにも良いですよ。





e0123808_22361266.jpg

-焼き芋-

秋の夜長にはこれ、焼き芋が良いですね。



さて、明日からまた、「蕎麦時々釣り」に行って来ます。
[PR]
by kebariya | 2009-09-18 22:42 | 美味しいもの | Comments(0)