二日目の朝、午前四時起床。


昨夜晩酌の後、部屋に戻りタックルのチェック及びメンテナンスをしました。 ラインは引き出して、ストレッチ&クリーニング。 リーダー&ティペットを交換しフライも結んでおきました。


準備は万全だったのですが ・ ・ ・ ・ ・



「眠たい」 「かったるい」 「どうせ釣れないだろ」 「天気もな・・・」 「今日含めまだ二日もあるし」 「釣りしに来たのに釣りしないなんて、凄い贅沢じゃん」 「金曜日から釣り三昧で、あんまり寝て無いしな」等など色々考えた挙句、凄い贅沢しちゃいました。



「朝寝」



ゆっくり・ゆったり朝食を頂いて、また、部屋で一眠り。 

何という贅沢、外は予報に反して青空だ!



十二時過ぎ、大好きな蕎麦を食べに塩沢へ向かいます。

目的地は、リンクさせて頂いている「牧之庵」十ヶ月振りの再会です。




e0123808_0425521.jpg

-青田-

米どころですねぇ、真っ青な田圃が広がっています。



途中、二つの川の状況をチェックしながら片道40キロの道のりも、あっという間です。




e0123808_0465892.jpg

-つまみと薬味-

テーブルには、オニグルミ&ヒメグルミとアサツキの球根がお出迎え。

早速「ぶっかけ蕎麦」を注文。



e0123808_0572250.jpg

-胡桃-

胡桃を楊枝で頂きながら、蕎麦を待ちます。




e0123808_059688.jpg

e0123808_0593134.jpg

-ぶっかけ蕎麦-

やっぱりここの蕎麦は旨い、天ぷらも旨い、器も凄い。 店主の拘りを感じます。




e0123808_174078.jpg

-ホット珈琲-

ご厚意で珈琲を頂きました、ありがとうございました。

ここの喫茶は奥様の担当で、珈琲豆から器に至るまで奥様の趣味の良さが光ります。


そこへ、一仕事終えたご主人が来て下さり、暫し四方山話。

楽しい一時はあっという間に過ぎ、昼の営業時間を一時間もオーバー。 ここらで退散、次回を約束し店を後にします。




e0123808_1153610.jpg

-雨の越後湯沢駅-

此処でちょっとお買い物。 お土産やら、酒処新潟の地酒も購入しなくちゃね。



e0123808_1183021.jpg

-酔倒れ-

倒れて寝ているのは私じゃありませんよ。 駅舎内にある「ぽんしゅ館」、各種地酒や名産品等のお土産屋さんが軒を連ねています。
日本酒にはちょっとガッカリ、超有名銘柄のお酒が地元にも関わらずプレミア価格で売られていました。 正直「ふざけんなよ!」と思い、日本酒は事前に調べておいた地元の酒屋さんにて定価で購入しました。 銘柄はその内紹介いたします。





e0123808_126064.jpg

-雨の本流-

川に入ったのは夕方の五時過ぎ。 減水でナーバスになっているのは分かるけど、フライが着水と同時に逃げる魚には閉口しちゃいます。 丁度そんな頃、雨脚が強くなりずぶ濡れに。 車に戻りポイント移動です。




e0123808_1321770.jpg

-チビ岩魚-

漸く「森の宝石」が釣れました。 もう、これで大満足。 

時間的にまだ出来るので、もう少し釣る事に。




e0123808_1345336.jpg

e0123808_1351373.jpg

e0123808_1353591.jpg

-岩魚-

その後三匹追加したところで、フライは結べない、着水したフライが見えない、これじゃ釣りにならないので納竿です。 


この厳しい状況下、ドライで4匹も岩魚が釣れたなんて、超ラッキー!




宿に戻り、ひとっ風呂浴びて、また、八海山のぬる燗を頂きました。
[PR]
by kebariya | 2009-07-22 01:49 | 川の釣り | Comments(4)

7月18日から三日間、何時もの新潟へ岩魚と蕎麦を楽しみに行って来ました。


色々あって、今回は宿へも二日前に電話して「週末泊れます?」

「大丈夫ですよ」との事で、急遽行ってまいりました。





e0123808_1741947.jpg

-低い雲-

予報通りの雨模様。 高速を降りて峠に向かう途中、国道からちょっと離れた山々には重たそうな雲が垂れこんでいました。




e0123808_179638.jpg

-減水-

しとしと雨に期待しておりましたが、御覧の通りの減水とクリアな水色。 





e0123808_17144713.jpg

-雨の山道-

雰囲気は良かったのですが ・ ・ ・




e0123808_17161557.jpg

-紫陽花?-
e0123808_172049.jpg

-季節外れの紅葉-

どちらも雨に映えています。




二箇所ほどポイントをチェックして、今日から三日間お世話になる宿「似っ久」さんへ到着。


十ヶ月ぶりの互いの近況報告や、これからのプランなどを話している内にお互い好きな蕎麦の話になり、「今日の昼は、ちょっと変わった蕎麦屋を案内します」と、マスター。

「ここらは繋ぎにフノリを使いますが、そこは”おやまぼくち”やまごぼうの葉を繋ぎに使うんです。」

「やまごぼうの葉の繋ぎの蕎麦、一度食べてみたかったんですよ。 是非、お願いします。」

と言うことで、宿のマスターと奥さんと私の三人で蕎麦を食べに行きました。


この蕎麦屋さん、変わっているのは繋ぎだけじゃなくて、店のロケーションも構えも全てが変わっているようです。




e0123808_17465872.jpg

-山奥に-

写真中央にスッゴク小く見える赤い建物がお分かりでしょうか? 撮影位置は国道17号線からです。 かなり奥深い山の中腹の一軒家です。





e0123808_17521379.jpg

-姉山の家-

如何にもな構えでしょ。





e0123808_17534712.jpg

-民家とお婆-

いや失礼、お店と店主です。 かつては蚕農家だったらしく、それをそのまま店舗にした様。 右側に写っているお婆さんが店主で、ご自身で蕎麦を打っているそうです。




e0123808_1758059.jpg

-店内-

古い農家そのものって感じです。




e0123808_17591546.jpg

-囲炉裏-

店内には囲炉裏なんかがあったりして、如何にもですね。




e0123808_1804612.jpg

-おやき-

テーブルに着くと直ぐに、お茶とおやきが出てきました。 このおやき、小麦粉を溶いて塩と具(紫蘇)を加えて焼くというよりは揚げた感じの食感です。 昔懐かしい味がしました。





e0123808_1854896.jpg

e0123808_1861819.jpg

-大ざる-

私は大ざるを注文、お二人は天ざるを注文されていました。

繋ぎの香りと蕎麦の香りは余り感じられませんでした。 食感はヌルッとツルツル、これが繋ぎの特徴でしょうか、コシはほどほどで余り強い方ではありません。 スルスルっとした喉越しで頂くタイプだと思います。





e0123808_18144585.jpg

-とろろの磯辺揚げ-

サイドオーダーで頂いたとろろの磯辺揚げ、これもフワフワ・トロトロで美味しかったですよ。


此処は、蕎麦として旨いかどうかと言うよりも、ロケーションや建物の趣、珍しい繋ぎなどが口込みで人を呼ぶ、そんな蕎麦屋だと思います。 駐車場の車は殆ど県外、東京ナンバーが多かったですよ。 蕎麦好きは一度は行く価値ありますよ!


【姉山の家】
住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉字姉山613
 田 村 昭 一
電話:0278-66-0618
定休日:水曜日




e0123808_18255532.jpg

-定宿-

おん宿似っ久 わさびや




e0123808_1829841.jpg

-晩酌-

呑ん兵衛kebariya晩酌は忘れません。 新潟の銘酒「八海山 普通酒」をぬる燗で頂きました。 立ち香は弱く、含むと極僅かにフルーツの様。 サラリとした口当たりで決して食事の邪魔をしない、正に食中酒と言った感じで呑み飽きしないお酒ですね。




おっと、忘れてた、時々釣りしたんだっけ。




e0123808_18413430.jpg

-放流したて-

三週間前に地域の釣り大会があって、その時に放流されたものが下流に落ちてきたものらしい。 丸々と太ってはいるが、尾鰭はまだ丸い個体でした。





e0123808_1845546.jpg

-宿裏にて-

夕方、宿の裏の流れでやっと出た、ピンシャン山女(小さいけど)。 去年のチビ山女の生き残りかな。



のんびり・ゆっくり、旨い蕎麦喰って時々釣りして、あとは岩魚が釣れれば言うこと無いんだけどな。 


のんびり・ゆっくり楽しみ鱒。
[PR]
by kebariya | 2009-07-20 19:15 | 川の釣り | Comments(4)

弐百四拾分の壱 

七月壱拾七日午前七時出船。


気温弐拾七度、曇り時々小雨。


今日はほとんど色が無い。





e0123808_17241554.jpg







e0123808_17245962.jpg







e0123808_1725405.jpg







e0123808_17263033.jpg




キャストしてフライを落し込み、極僅かな変化を察知し合わせ、ファイトし取り込む。 


この一連の動作は、およそ一分。  


四時間のチャーターで、一回有るか無いかのチャンスのためのコンセントレーション。 


「痺れます!」



癖になりますね、この痺れ。
[PR]
by kebariya | 2009-07-17 17:41 | 海の釣り | Comments(8)

乾式毛鉤 

昨日、今日とお酒も呑まずに毛鉤を巻きました。




e0123808_23595576.jpg

e0123808_00204.jpg




また、岩魚を釣りたくなってきました。
[PR]
by kebariya | 2009-07-16 00:02 | 川の釣り | Comments(4)

今日の晩酌 

e0123808_23393047.jpg

-晩酌セット-




e0123808_23405636.jpg

-砂肝の串焼き-

塩・胡椒・七味唐辛子を振って焼きました。





e0123808_2343154.jpg

-素揚げ-

鰈の一夜干しを、カリッカリに素揚げしました。





e0123808_2345776.jpg

-カリッカリⅠ-



e0123808_234625.jpg

-カリッカリⅡ-

淡白な鰈は素揚げにすることで、油を吸収し旨味倍増です。 さらに縁側・鰭・頭もカリッカリで最高、日本酒に合わない訳が無いっしょ。 



「えへへ、旨いねぇ!」     「而今が終わっちゃいそうだ」
[PR]
by kebariya | 2009-07-13 23:53 | 日本酒 | Comments(2)

7月10日金曜日は、有給休暇を取って11カ月振りのFF黒鯛に行く予定でした。 

週初め辺りから強風が続き、金曜日も朝からビュービュー吹いていました。 一応支度をしようとした10時半過ぎCPからの電話。

CP「今日も風が強いですね、全く収まる気配が無いですね。 ・ ・ ・ 延期にしましょう」

私「わかりました、了解です。 今日の振替で来週の金曜日に予約したいんですが」

CP「17日の金曜日ですね、了解です。 その方が良い釣り出来ますよ、よろしくお願いします」

私「こちらこそ、よろしくお願いします。 じゃ、また、来週」

と、言うことで、予定変更で午後から買い物に行って来ました。


高台グラスと利き猪口、晩酌のメインに干物を少々買ってまいりました。





e0123808_1522026.jpg

-金曜日の晩酌-

メインは金目鯛の干物です。 他には青葱の味噌漬けと小長茄子の漬物、豆腐に野菜スティック、お酒は而今を頂きました。 火入れなのに生を感じるジューシーなお酒です。





e0123808_213598.jpg

-土曜日の晩酌-

メインは鰈の一夜干しです。 他にはゴロゴロきんぴらと、昨日の残りものと何時ものつまみ。 お酒は房島屋を頂きました。 このお酒は、日によって味に変化を感じます。 恐らくは呑み手側の体調によるものだと思います、今夜は呑み込んだ後に渋みを感じました。




e0123808_293741.jpg

-高台グラス-

日本清酒組合推薦の品、人寄せの時の食前酒や乾杯用に良いかなと思い購入しました。





e0123808_2163344.jpg

-利き猪口 三尺-

仲間内での「な~んちゃって利き酒」なんかに丁度良いと思い購入しました。

白地に青の蛇の目は、お酒の色・濁りを見極めるためのものだそうです。 因みに本物の利き猪口は、一合入りで青の蛇の目は手書きの二度塗りです。



結局は、お酒ですね。(笑
[PR]
by kebariya | 2009-07-12 02:30 | 雑談 | Comments(6)

S川ノート 

【7月11日 土曜日 曇り 17:40~19:10】





e0123808_0263142.jpg

-穏やかなS川-

昨日までの強風も収まり、今日はとっても穏やかです。

ライズもちらほらあって、何となく良さそう。





e0123808_0285536.jpg

-good one-

今日はすこぶる反応が良いです。 

一投目から反応があり、久しぶりに着水前のフライに飛び出すオイカワを見ました。(フッキングはしませんでした)  写真の魚は二匹目に釣れたもので、ロッドを絞る引き具合は雄かと思うほどでした。




e0123808_0363520.jpg

-雄-

小振りながらも待望の雄です。 サイズは小さいですが、綺麗な婚姻色が出た立派な雄、追星も僅かですが出ていました。

昨年と比較すると、二ヶ月くらいズレが生じているようです。 昨年は、5月の上旬には追星が出た婚姻色の雄が釣れ始めました。

haripapaさんも言っておりましたが、今年は変(時期がズレている)ですね。




e0123808_0451839.jpg

-水中で-

今日はよく釣れました。 20匹位でしょうか、サイズが良かったのは写真のも含め5匹程でしたが、とにかく反応が良く楽しめました。





e0123808_0505153.jpg

-夕暮れ-

上空には、凄い数の鳥と蝙蝠が餌を求め飛び交っていました。 フライが見えなくなると、魚の反応も鈍くなってくるようです。 今日はここまで、納竿です。




稀にみるほぼ無風でのオイカワ、こんなチャンス滅多にありませんよね!何とか雄が釣れて今日はハッピーです!! 
[PR]
by kebariya | 2009-07-12 01:09 | 川の釣り | Comments(0)

房 島 屋 

今夜は、岐阜の地酒「房島屋」を頂きました。





e0123808_23193583.jpg

-房島屋 純米吟醸 山田錦 生酒 720ml-

◆岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪357-1
◆所酒造合資会社
◆使用米 山田錦 (麹米・掛け米共精米歩合50%)
◆日本酒度 +5
◆酸度 2.0
◆ALC 17度以上18度未満


立ち香は微かに若い林檎の様、含むと米の旨味と甘味に絶妙に絡む酸、そして香りが一気に立つ爽快感。 山田錦の旨味を軽快な酸が綺麗に纏め上げる秀逸のお酒です。「旨いっすね」 お燗も、きっと美味しいと思います。





e0123808_2344838.jpg

-晩酌セット-

つまみは、焼きとり・豆腐とアーリーレッドのサラダ・焼き厚揚げ・焼きさつま揚げ・厚焼き玉子です。 このお酒も料理を選ばないお酒だと思います。 淡麗旨口とでも言いましょうか、スッキリしていて米の旨味もあり、しっかりした酸が全体を引き締めた芯の通ったお酒ですね。




明日は、「燗」をつけてみよう。
[PR]
by kebariya | 2009-07-08 23:57 | 日本酒 | Comments(0)

而  今 

今夜は、三重の地酒而今(じこん)を頂きました。





e0123808_23563321.jpg

-而今 純米吟醸 八反錦 火入れ 720ml -

◆ 三重県名張市本町314-1
◆ 木屋正酒造
◆ 酵母 自社9号
◆ 原料米 広島八反錦 精米歩合 55%
◆ 日本酒度+1
◆ 酸度 1.6 
◆ アミノ酸度1.2
◆ アルコール 16度 


立ち香は柔らかみのあるフルーティーな香り、含むと甘味と旨味のハーモニー、含み香は更に広がりを見せます。 数値ほどの酸を感じさせず、それでいて綺麗にキレる。 

「あぁ~、旨いなぁ」




e0123808_0171148.jpg

-晩酌セット-

料理は特に選ばないと思います。 今夜は自家製の鮭の粕漬け・豚バラの味噌漬け、野菜スティックにいぶりがっこ、〆はとろろご飯でしたが、どれにも相性は良かったと思います。




少量生産のため入手が難しく、電車を乗り継いで店頭販売のみを買いに行った甲斐がありました。


「旨いっすね」



  
[PR]
by kebariya | 2009-07-07 00:28 | 日本酒 | Comments(0)

S川ノート 

【7月4日土曜日 曇り 17:45~19:15】

二週間ぶりのS川、夕方本流に入りました。 二週間前は小さいながらもライズの嵐だったのに、今日は殆どありません。

ライズも無ければ、反応も良くありません。 たまにあっても、サイズが小さいのか鈎掛かりしません。

小一時間経ったでしょうか、漸くまともなサイズが掛かり無事にネットイン。 写真撮影のために岸際に戻り、鈎を外そうとティペットを掴んだその時、鈎が外れ勢いよく川へ帰って行きました。 メスでしたが今年一番の大物でした。(涙

暗くなるにつれ、少し反応が良くなりましたが、サイズは8センチクラスのチビさんばかりで写真は撮りませんでした。




e0123808_2319458.jpg

-夕暮れ-

昨日の夕暮れは、何だか淋しそう。 でも、私が投じた毛鉤の1メートル位後ろで巨大なオイカワ(多分)が跳ねました。 今年も目標の17センチを遥かに超える、20センチオーバーはありそうな巨体が完全に宙を舞ったのです。 その大きさ、その体高、目に焼き付いて離れません。


明日、もう一度来て、奴を狙ってやる。












【7月5日 曇り 18:00~19:10】

昨日の続きです。

しかし、今日は風が強い。 

こう水面がざわつくと、水面への反応が悪くなります。 風が若干落ちた合間のキャストに、たまに反応がありますが小さくて鈎掛かりしません。

昨日、モンスターを見てしまったので万が一を期待したのですが残念、勝負になりませんでした。 風裏になる支流に移動します。





e0123808_2336418.jpg

-夕日-

今日の夕日は綺麗でしたね。 

あと数分の勝負です。





e0123808_23381322.jpg

-失敗1-
e0123808_23385776.jpg

-失敗2-

漸く形は見られましたが10センチ足らず。

釣果が良くないと写真撮影にも集中力が欠けてしまいますね。 ダメダメ写真2連発です。



何処へ行っちゃったんでしょうかね、今年のオイカワ。




e0123808_23432799.jpg

-変わった花-

反応も無くなってきたので帰ろうと河原を歩いていると、奇妙な花が咲いていました。 よ~く見ると花が終わった後の種子とガク若しくは葉が色づいたもののようです。




二日続きの貧果にも、微笑みかけてくれている様なそんな気がした瞬間でした。



来週もモンスター狙いに行くぞ!
[PR]
by kebariya | 2009-07-05 23:57 | 川の釣り | Comments(2)