希望の風 

今日4月29日は、昭和の日で休日です。 私が何時も通っているS川では、5月4日,5日に開催される大凧祭りのイベントの一貫としてのオープニングセレモニーが行われます。

セレモニー開始は午後7時からなので、それまでは何時ものオイカワ釣りです。





e0123808_2325140.jpg

-準備中-

会場では、イルミネーションライブの準備中です。





e0123808_2343032.jpg

-水中1-

e0123808_2373819.jpg

-水中2-

e0123808_2382480.jpg

-ネットの中-

e0123808_2381784.jpg

-水中3-

良型のみを写真に収めました。 ネットの中の魚は、尾鰭の下側が欠損していましたが、とてもパワフルで良く引きました。

改めて水中写真は難しいですね、モニターの確認は出来ないしオートでもピントは上手く合わないし・ ・ ・ ・ ・




e0123808_2318271.jpg

-良く釣れた場所-

こんなチャラ瀬が一番反応が良かったです。 私的には、少し上流の複雑なポイントで釣るのが好きなのですが、そこにはまだ魚は入っていないようです。 

連休明けくらいからでしょうか、楽しみ・楽しみ。





e0123808_23243279.jpg

-夕暮れ-

あっという間に日が暮れました。 上の方に下弦の月が出ています。






e0123808_23264362.jpg

-希風-

カウントダウンが行われ、いよいよ大凧に点灯です。

実行委員会?!会長さんのお話では、今年のテーマは希望の風を意味する「希風」になったそうです。





e0123808_23311611.jpg

-餅つき-

テント脇で地元の方々が餅つきをされていました。 後ほど来場者にふるまわれるようです。




e0123808_2335630.jpg

-イルミネーションライブ-

大凧の電飾とアコースティックギターの生演奏。 正に、イルミネーションライブ。

ルパン3世のテーマや、ビリー・ジョエルのオネスティーなどが演奏されていました。



ちょっと風邪気味で寒かったのでここで退散、他にもロックぽいバンドやらが釣りをしている最中にリハをやっていたので聞いてみたかったのですが、残念です。 お餅もたべたかったな、去年はしっかり辛味餅とあんころ餅を頂きました。 来年に期待しま~す。



もう少し暖かくなったら、期待出来ますよ。 きっとね!
[PR]
by kebariya | 2009-04-29 23:50 | 川の釣り | Comments(4)

雨後のS川 

昨日の冷たい雨も上がって、今日は良く晴れ上がっています。


相変わらず休みの日は、ゆったりした朝を迎えます。 それでも午前中に洗濯を済ませ、午後からはちょこっと草むしり。 一服した後は、晩飯の仕込みをしてS川へ行きました。





e0123808_2318967.jpg

-S川-

昨日は結構な雨の量に感じたのですが、濁りは心配無いようです。





e0123808_23221184.jpg

-くっきり・すっきり-

普段は霞が掛かっている遠くの山も、今日は昨日の雨と強風のお陰で綺麗に見えます。





e0123808_23254150.jpg

-満開の小手毬-

e0123808_23285470.jpg

-鈴なり?!-

昨年はこの小手毬にモンシロチョウが遊びに来ていました。 今日はフジ・サンケイ レディースクラシックが、風で中止になるほどの強風でしたから蝶々も何処かに避難していた事でしょう。




いよいよ、釣り開始です。

濁りは全く無く、川底も綺麗になっています。 水量はやや多めです。 雨のせいで水温が下がっていることと、強風も手伝って活性は良くありません。

最初におチビさんが釣れましたが、後が続きません。 マズメ近くになって漸くナイスサイズが反応し始めました。




e0123808_23443429.jpg

-ナイスサイズ-

e0123808_2346297.jpg

-グッドフィッシュ-

流れの弱い所をメインに攻めていましたがパッとせず、まだ、ちょっと早いかなと思いましたがチャラ瀬にフライを投入すると反応がありました。 風を読みながら慎重にフライを流すとパシャッと出ました。 やる気のある奴は既に瀬に入っているようです。




e0123808_23541867.jpg

-夕暮れ-

青い空に薄っすらピンクに染まる夕暮れ。 風が冷たくなってきたし、魚の反応も無くなったので引き揚げる事にしよう。




確実にオイカワが戻って来ています。 これから、益々楽しくなりそうです。
[PR]
by kebariya | 2009-04-27 00:01 | 川の釣り | Comments(4)

雨の土曜日は、 

今日は朝から雨で、気温も上がらず肌寒く感じる一日でしたね。


朝、目覚めるも窓から見える雨を確認して、もう一度布団に潜り込む至福の一時。 休みの日にしか出来ない贅沢。


昼過ぎまで布団の中でウダウダ、些か腹が減ったので起きる。

飯が喰いたい、最近無性にご飯が食べたくなることがある。 晩酌をするようになってから、ほとんど夜はご飯を食べなくなった。 バランス的には丁度良いのだろうが。


シンプルでご飯主体で喰いたい。 先週は、炊きたてのご飯に漬物・納豆・生卵でした。





e0123808_011324.jpg

-キムチ炒飯-

冷蔵庫にあるもので何とか出来た。 

お米も切らしていて、冷凍庫に茶碗2杯分の冷凍ご飯があります。 あとは、発酵が進んだ酸味が出てきたキムチ・使い残しのブロックベーコン・卵が2個・野菜室にはちょっと古くなったニラ1把・タマネギがあります。

あとは、何時もの中華鍋とお玉を使えば、この通り美味しいキムチ炒飯の出来上がり。

今日もガッツリ頂きました。





で、夜は、



e0123808_0283129.jpg

-晩酌セット-

つまみには、牛肉のタタキ・野菜サラダ・とろろ豆腐・玉葱入り焼きさつま揚げを用意しました。 




e0123808_0345071.jpg

-貴(たか)純米吟醸 雄町 中取り 春盃おりがらみ-

このお酒も生酒で、開栓したら早めに呑み切る方が良いのでしょうが、2週間ほど経った今日呑んでみると「まろやか」になっているように感じました。 


のんびり時間を掛けて、つまみを頂きながらチビチビ呑んで、全部食べ終わった頃にはお腹も一杯になっています。 だから今夜もご飯を食べていません。 これが丁度良いんですね。
[PR]
by kebariya | 2009-04-26 00:55 | 雑談 | Comments(0)

日本酒とつまみ 

先日開けた鴈木(がんぎ)「活性にごり」発泡純米原酒、この日で五日目を迎えました。
まだまだ、残っています。(笑


4月の人事異動で職場が変わったこともあり、帰宅時間が少々遅くなりました。 そんなこともあって、なるべく時間の掛からない、且つリーズナブルに。 スーパーは午後7時を過ぎると2割・3割は当たり前、中には5割引きになるものもあります。





e0123808_19501366.jpg

-お手軽晩酌セット-

刺身盛り合わせ(マグロ・甘エビ・鯛・サーモン・ホタテ・イカ)は5割引き、ネギトロ巻きは3割引きで、作り置きしたきんぴら、アボカドを生ハムとパストラミビーフでそれぞれ巻いたものと、クリームチーズを生ハムで巻いたもの(どちらもサンドウィッチで余ったものに一手間加えただけ)を用意しました。
刺身はスーパーの容器から皿に盛り直すだけで、見栄えが見違えるほど良くなりますね。





e0123808_20956.jpg

-五日目の活性にごり酒-

発泡がほとんど無く、おりが沈みがちです。




e0123808_20162180.jpg

-クリームチーズの生ハム巻き-

この日用意したつまみは、どれも日本酒と相性が良いものばかりでしたが、特にクリームチーズの生ハム巻きは秀逸です。 相性もさることながら、それそのものが美味しいと思います。


お酒もつまみも嗜好のものですから、あくまでも私個人の好みですが一度お試しになっては如何でしょうか。



あれとこれを合わせるとこんなに美味しいとか、あまりパッとしなかった日本酒にこれを合わせるとバッチリ嵌ったなんて事があると目茶苦茶楽しいですよね。 これからもこんな出会いが出来たら、この日本酒ライフももっともっと楽しくなると思います。
[PR]
by kebariya | 2009-04-25 20:44 | 日本酒 | Comments(0)

ワイングラスDE日本酒 

ワイングラスが似合う、そんな日本酒だと思います。



e0123808_22594040.jpg

-スパークリング ライスワイン-

先日開けた鴈木(がんぎ)「活性にごり」発泡純米原酒、酒香グラスで美味しく頂きましたが、「待てよ、これはワイングラスで呑んだ方が合うんじゃないか?」と思い、早速翌日試したものです。





e0123808_23164818.jpg

-ワイングラスDE晩酌セット-

合わせた料理は、金目の煮付け・NUKADUKE・きんぴら(蓮根・人参・蒟蒻)・厚焼き玉子・鬼おろししらす大根・板わさ・ワサビ漬けでした。 とてもワインに合わせる料理では無いですよね、でも、和スパークリングはワイングラスが似合うし、こんな料理にもぴったりでした。





e0123808_23255156.jpg

-金目の煮付け-

中でも金目の煮付けは、予想通り相性バッチリでした。 薄味好みの私ですが、敢えて今回はちょっとだけ濃いめの味付けにしてみました。 甘味のあるお酒には、ちょっと濃い目で甘めの煮付けが合うと思いました。



日本酒、益々楽しい!
[PR]
by kebariya | 2009-04-21 23:37 | 日本酒 | Comments(2)

今日もS川 

先週に引き続き、今日もS川です。


午後4時頃到着。 直ぐに支度をし、ポイントへ向かう。 最近は身軽にニーブーツです。

週中の雨のお陰で、川底は幾分綺麗になったようです。

しかし釣れません、反応も殆んどありません。


「おかしいな、先週はそこそこ釣れたのに・ ・ ・ ・ ・」


足元に目をやると、愛嬌のある顔をした奴がいました。




e0123808_22135430.jpg

-ヨシノボリ-

この魚、水温が上がって来ないと姿を現しません。

水中に目を凝らしていると、かなり大きなヨシノボリを発見。




e0123808_2217349.jpg

-頭隠して・ ・ ・ ・ ・-

かなり神経質で、直ぐに石の下に隠れてしまいます。

この模様、雷魚の稚魚に見えるのは私だけでしょうか。



もう、一時間以上ノーフィッシュ、五時過ぎに漸く釣れました。





e0123808_22213998.jpg

-水中のオイカワ-

e0123808_22251545.jpg

-オイカワ in ネット-

数匹目に釣れた良型の個体12.8cmありました。 最初のは、尾鰭が欠損していた小さな個体でした。

ライズもほとんど無く、反応も無いまま、どうなってしまうのかと思っていましたが、夕マズメにはしっかり反応が出て来ました。





e0123808_22312854.jpg

-夕暮れ-

ゴールデンタイムの西の空、ハッチもかなり見られます。





e0123808_22331218.jpg

-逃げるオイカワ-

良型が釣れたので、格好良く写真を撮ろうと思ったのですが逃げられてしまいました。

中々のサイズでしたよ。




e0123808_22344255.jpg

-菜の花に挟まれたメインルート-

風が吹くと菜の花の花びらがパーっと散って、ただでさえ小さなフライを見失ってしまいます。



いい季節になって来ましたね、もう少しでオイカワの繁殖期を迎える事でしょう。 

そしたら、また あの綺麗な婚姻色の雄が釣れるようになります。



楽しみ、楽しみ。
[PR]
by kebariya | 2009-04-19 22:45 | 川の釣り | Comments(0)

引き続き、part3です。

このお酒は木曜日にクール便で届いたものですが、冷蔵庫で一晩じっくり冷やして金曜の晩に開栓しました。





e0123808_1442541.jpg

-鴈木(がんぎ)「活性にごり」発泡純米原酒-

山口県岩国市 八百新酒造株式会社      
【アルコール分】14~15      
【日本酒度】-10~-8       
【使用米】山田錦 60%(麹)/(掛)     
【使用酵母】山口酵母9H

スパークリングな発泡酒も、是非呑んでみたいと思い購入に踏み切りました。




e0123808_1501475.jpg

-スパークリング-

開栓途中の発泡状態。 栓を開けたり閉めたりを3回ほど繰り返し無事開栓。 開栓と同時に発泡に伴って瓶底のおりが浮き上がり、全体におりが馴染んで程よいにごりになりました。




e0123808_1532375.jpg

-酒香グラス/にごり酒-

貴のおりがらみより、ちょっと濃い目のにごり具合でしょうか。




e0123808_22252.jpg

-和スパークリング晩酌セット-

つまみは糠床を改良したNEO-NUKADUKE・毎度の豚ロースの味噌漬け・アボカドと生ハム・焼きさつま揚げ・ワサビ漬けです。

上立ち香は軽~い葡萄のようで、含むと発泡の刺激と相まってシャンパンのようです。

「これって、日本酒?旨ぇ~!!」が、第一印象、スペックには日本酒度-10~-8とありますがこちらも発泡の刺激でしょうか、それ程甘くは感じずスッキリ感すらあるように思います。

料理は特に選ばず、何にでも合いそうな気がします。 次はちょっと甘めに味付けした、煮魚などを合わせてみようと思います。



このお酒、癖になりますよ。
[PR]
by kebariya | 2009-04-19 02:48 | 日本酒 | Comments(0)

日本酒3rdステージ part2は、蔵元さん(生酛造りの大七)へ直接オーダーをして購入いたしました。





e0123808_0282144.jpg

-おひとり燗セット-

純米生もと720mlと湯燗器(美濃焼・黒結晶)がセットになったものです。

使用米 五百万石
精米歩合 69%(扁平精米)
日本酒度 +3
酸度 1.6


お陰様で、ここまで美味しいお酒と出会えることが出来て、日本酒では一番苦手としていたと言うより「嫌い」だった燗酒にも挑戦してみたい衝動に駆られ、選んだのがこのお酒です。


★★★日経新聞「何でもランキング」において、“おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒”の第一位に選ばれました。★★★
★★★2007年 日本酒大SHOW 『お燗でじっくり飲みたいお酒』第一位★★★
★★★2008年 日本酒大SHOW 『お燗にして美味しい日本酒』ゴールド賞★★★
など等色々な部門で最高の評価を得ており、また私が何時もお世話になっているbarbar安さんにも「あの燗酒は旨いですよ」と勧められたものでした。





e0123808_124559.jpg

-大七晩酌セット-

燗つけは、ぬる燗よりちょっと熱めの上燗と言ったところ。

つまみは、チーズペンネ・豚ロースの味噌漬け・NUKADUKEです。

恐る恐る一口目、猪口に注いで先ず香り、昔ながらの燗酒独特の嫌~な匂いはしない。 かと言って「良い香り」がするとも言えない。 呑んでみる、「あ、呑めた」と言うのが第一印象、可も無く不可も無くと言った感じでした。

相性が良い食べ物としては、ちょっと濃い目の味付けのものが合うような気がします。 今日のペンネもブルーチーズ・クリームチーズ・パルミジャーノ・レッジャーノにニンニク・白ワインを利かせ、豚ロースの味噌漬けは自家製でどちらもコクと旨味があるもので、合わせる料理としては良いものだと思います。

ただ残念なことに、お酒の旨さが良く分かりません。 これだけ世間の評判が良いものなのに、悔しいです!!  きっと、もっともっと「修行を積みなさい!」ってことでしょう。 



精進いたします・ ・ ・ ・ ・
[PR]
by kebariya | 2009-04-19 01:30 | 日本酒 | Comments(2)

日本酒3rdステージ 

いよいよ日本酒3rdステージに突入です。

日本酒デビュー時の浦霞は呑み終わりましたが、一升瓶の湊屋藤助まだあるし2ndステージの日本酒も勿論まだあります。

でも、ダメなんですよね、色んなものを呑んでみたくて・ ・ ・ ・ ・

先日の週末、気になるお酒をネットで三本注文しちゃいました。

その内の一本が今夜届きました。





e0123808_22375416.jpg

e0123808_22383339.jpg

e0123808_22502897.jpg

-貴(たか)純米吟醸 雄町 中取り 春盃おりがらみ-

「貴(たか)」 

永山本家酒造場  山口県宇部市車地
精米歩合 50% アルコール度数 16.8度
使用米 岡山県産 雄町 日本酒度+5 酸度1.6 



生酒と言うものがどうしても気になって、呑んでみたくなりました。

生酒にも種類が沢山あって、さて、どれにしようか悩んでしまいます。 そこで、2ndステージで特に気に入った貴の生酒にしてみました。


クール便指定で注文したところ、冷え冷えで到着。直ぐに冷蔵庫に入れつまみの支度。適当に揃ったところで、さあ、いただきます!

香りは2ndステージの貴よりも吟醸香がやや弱い感じで、口に含んだ途端舌先にシュワッとした刺激(発砲している訳ではありません)と軽快な口当たり、喉越しはサラっとしてスーっと入って行きました。

「なんだ、これ!? 面白い!!」が第一印象です。

一口、二口、呑み方によっても感じる味が違います。

この清涼感は、乳清をお酒にしたような感覚でしょうか。

今日のメニューでは、牛肉のタタキ・ブルーチーズのサラダと厚焼き玉子とは相性が良く、焼きさつま揚げは普通でNUKADUKEとは相性が良くありませんでした。

乳清を思わせるお酒には、ブルーチーズの様な乳製品はピッタリな感じです。

あくまでも私個人の感性ですので、皆様も是非お試しになっては如何でしょうか。


いやぁ~、日本酒って深いですね。
[PR]
by kebariya | 2009-04-13 23:22 | 日本酒 | Comments(2)

NEO-NUKADUKE 

今年もこの季節がやって来ました。

暖かくなると食べたくなるんですよね、NEO-NUKADUKE。




e0123808_085284.jpg

-今日の晩飯-

糠漬け以外は昨日までの余り物です。





e0123808_085247.jpg

-NEO-NUKADUKE-

昨日のS川の帰り、無性に糠漬けが食べたくなり野菜を買って帰りました。

夕食後、4ヶ月振りに糠床を出してチョイトお手入れ、人参・茄・胡瓜を漬け込みました。

久し振りの糠漬け、相変わらずオリーブオイルとの相性は最高ですね。




e0123808_0143027.jpg

-豚バラ肉の味噌漬け-

1週間前に漬けたもの、週中に一度食べた残り物です。





e0123808_018035.jpg

-牛のタタキ-

これも昨夜の余り物。 スーパーの特売で牛ロースのブロックが安かったので即買いしました。

頭に浮かんだのは、「これをタタキにして本ワサビで頂こう」でした。

漬け込みタレを予め作っておいて、軽く塩胡椒した牛ブロックの6面を丁寧に焼き目を付けて、肉が熱い内に漬け込みタレに浸けて粗熱が取れるまで冷蔵庫で冷やします。
後は好みの厚さに切り分けて、漬け込みタレをまわしがけすりおろした本ワサビを添えます。
付け合わせのクレソンは、S川で採ってきたものではありませんよ。(笑




e0123808_0352228.jpg

-スモークド・カマンベール-

これは、2月頃スモークしたものが冷蔵庫に残っていました。

まだまだ全然大丈夫、スモークってホント保存が効きますね。




糠漬けのシーズンになりました、今年も色んなものを漬けて、また紹介したいと思います。
[PR]
by kebariya | 2009-04-13 00:40 | 美味しいもの | Comments(0)