新潟出張 其の弐

e0123808_22545369.jpg

-夕方の雲-



前線が停滞しているようで、局地的豪雨を伴いよく降りますね。

今も雷を伴い雨が降ってます。でも、上の写真のように思いっきり晴れて夏空を覗かせたり、つ

かみどころのない空模様です。



そんな中、明日からまた、三日間新潟出張です。


前回の出張は、天候にも恵まれかなり良い仕事が出来ました。

今回は同行者が二名居て三名でのお仕事です。

一人より二人、二人より三人の方が、段取りや交渉など、相手とのやり取りもこちら側に有利に

働くだろうと期待しております。


あとは、天気だけですね。


また、報告します。
[PR]
by kebariya | 2008-08-29 23:14 | 雑談 | Comments(0)

夜 食 part2

今日は土曜日の夜と言うこともあって、深夜までオリンピック放送を見ています。


やっぱりこの時間、腹減るよな~!!



で、今夜はこれ。







e0123808_146938.jpg

-お夜食-

手羽と卵の黒酢煮で~す。


夏バテ防止に良いって紹介されていたので作ってみました。

作り方は簡単だし、時間も材料の切り出しからで4~50分。味はだいたい想像してた通りの感

じで中々美味しゅうございます。


夏バテ防止って言っても、昨日今日は寒いくらいの陽気です。

こんな時は、旨いもの食べて体長崩さないように気を付けましょう。
[PR]
by kebariya | 2008-08-24 01:56 | 美味しいもの | Comments(0)

ほぼ一周年

今日は午後から半日休暇を取って、FF黒鯛の予定でした。


が、休暇届も受理されて、あともう少しで午前中の仕事も終わりだなと思っていたところ、

ブー、ブー、ブーっと、マナーモードの携帯が震えてる、もしやと思いつつ着信表示を見ると

ークロCP岡本さん
である。

嫌な予感は的中、「今シーバスのお客様をガイド中だが、風がドンドン上がってきてFF黒鯛には

ちょっと」とのことで、協議の結果日を改めての仕切り直しに相成りました。


まぁ、休暇も取っちゃった事だし、とりあえず家に帰ってオリンピック見て、S川の夕マズメでもや

ろう。   星野ジャパン、負けちゃいました。






で、夕方。







e0123808_2230682.jpg

-本流の雌-

昨夜の雷雨の影響で、本流はまだ濁りがかなりあり超低活性。

写真の魚は、岸際のやや濁りが取れ始めたポイントから出た一尾。本流ではこの一匹だけで、

ほとんど反応が無い。 何時もの支流に移動します。








e0123808_22371378.jpg

-支流の雌-

こちらは濁りも取れていて、反応もそこそこあるもののフッキングしない。フライを#17から

#21のディアヘアーカディス黄色にチェンジ、見事にフッキング。


その後も、同サイズの雌は飽きないほどに釣れてきます。

#21にサイズダウンすると、こんなサイズまで釣れてきます。






e0123808_2251237.jpg

-小っさ!-

指三本、5センチに満たないサイズでも、しっかりお口にフッキング。

今日は雄の気配、全くありませんでした。





e0123808_2256108.jpg

-夕闇-

釣りを終え土手に上がってくると、そこらじゅうで虫の声がしています、もう秋ですね。









早いもので、昨年の八月二十五日からこのS川のオイカワ釣りに通い始め、ほぼ一年になりま

す。これでやっと、シーズナルパターンがおぼろげに見えてきました。

この経験を基に、もっと大きな雄を釣りたいな。 まだまだ、精進しま~す。
[PR]
by kebariya | 2008-08-22 23:30 | 川の釣り | Comments(0)

停 電 

ここ数日、朝晩は幾分過ごし易くなってきましたね。








e0123808_20525960.jpg

-夕暮れ-

この写真は、昨日の仕事帰りに車の中から撮影したものです。

雲がすっかり秋めいてきました。





e0123808_20583416.jpg

-アブラゼミ-

このところアブラゼミの鳴き声もトーンダウン、写真のアブラゼミも私の肩位の低い所に止まっ

ていて、カメラを近づけても逃げる事無くジッとしていました。


先日、オイカワの朝マズメに向かう午前5時頃、ヒグラシが鳴いていました。

もう、秋なんですかね。


先程も激しい雷を伴う夕立がありました。

だんだん近づいてくる雷、ピカッ・ドン!となった瞬間、プンと停電。

オリンピックゲームのなでしこジャパンを見ながら、食事をしている時でした。幸いパソコンが点

いていて手元だけは明るく、食事をする事が出来ました。

家の中も、外の街中も真っ暗です。 私の子供の頃はしょっちゅう停電していた事を思い出した

今夜の夕立ちでした。


これからは一雨毎に涼しくなってくるんですかね、秋は近いようです。



明日の午後は、またFF黒鯛です。 今日の一雨で更に活性が上がってくれると良いんだけど

な。
[PR]
by kebariya | 2008-08-21 21:25 | 雑談 | Comments(0)

夜食

こんばんは、毎夜毎夜オリンピックを見ていて、寝不足なkebariyaです。



今も陸上の棒高跳びを見ながら、腹が減ったので夜食を頂いています。









e0123808_0195279.jpg

-スペアリブ&ルートビア-


うんめぇ~!! 明日は、なでしこジャパンだな。
[PR]
by kebariya | 2008-08-21 00:23 | 美味しいもの | Comments(0)

午前五時、今朝は曇り空で外はまだ薄暗い。

気温は25~6度で、風がややあり気持ち良い。



早速本流に入る、ポツポツとライズはあるが、何かを捕食している様ではない。

何時ものようにディアヘアー・カディス#17をキャストする、全く反応が無い、突っつくものすら

居ない。下流から丁寧にプレゼンしてもダメ、完全にフライ先行になるようにダウンクロスで探っ

てもダメでした。

ただ一度だけ、交通事故のように着水と同時に、まあまあサイズの雌が出ただけでした。



支流にポイント移動です。



支流の橋の上から下を覗くと、少年たちが泳いでいました。






e0123808_1211334.jpg

-気持ち良いか~い?-

まだ、朝の6時をまわったところですよ。 若いって良いねぇ!



気難しいピクニックポイント下から再スタート。

目視出来る魚の数は、一頃よりかなり少なくなっている。

手前から徐々に探って行くが反応が無い。奥の護岸際にフライが入り、少し流れた所でパシャ

っと出ました。

「やった!」 小さいけど婚姻色の雄、しかしコイツは、掛かりが浅かったのかバレてしまいまし

た。 「チッ!せっかくの雄だったのになぁ」 気を取り直して、フライを乾かし浮力材を吹きかけ

少し上流側にキャスト、するとまた、パシャッと出ました。







e0123808_12283094.jpg

-小振りの雄-

今度はがっちりフッキング。

水中で見る雄の鰭は綺麗ですね!!


でも、後が続きません、ポイントを下流に移します。






e0123808_12443710.jpg

-メタルチックな雌-

今度は銀箔のメスが出ました。


本流との合流点に来ると、足もとに無数の稚魚が湧いています。







e0123808_12485721.jpg

-将来のターゲット-

カメラを水中に入れた時は一瞬散ってしまいますが、暫くすると寄ってきます、この時がシャッタ

ーチャンス。 「早く大きくなって遊んでおくれ」 


その後も、中位のメスを数尾追加しただけで終わっちゃいました。




「う~ん、なんだかなぁ~、変だぞS川」






e0123808_1304086.jpg


川の様子が変わっても、土手の花は綺麗に咲いていました。






また、様子を見の来よう。





来週末で本格的にS川のオイカワ通いを始めて、丁度一年になります。 早いものですね。
[PR]
by kebariya | 2008-08-17 13:09 | 川の釣り | Comments(2)

マドラーミノー・撃沈

このところ好調なサーフェイス・ゲーム、これならマドラーミノーでもイケると思い、いざ出陣!







e0123808_222560.jpg

-夜明け-

東の空が明けてくる頃の出船、なんだか怪しい雲行です。






最初のポイントに着くや、あちらこちらでライズ。

「これは貰ったかな」と、思いきや、マドラーミノーには無反応。

かたや、ポッパーを引くキャプテンにはすこぶる好反応、簡単にキャッチしていました。


それでも必要にマドラーミノーを引き倒し、やっと一本。






e0123808_22141410.jpg

-デイ・マドラーシーバス(豆)-

無垢な豆シーバスが騙されてくれました。





川崎方面で鳥山絡みで猛ボイルの情報で移動することに。

移動の途中でもオープンウォーターでボイル、ここもポッパーには好反応、マドラーミノーには

無反応。   何が違うんでしょう?







e0123808_2253765.jpg

-富士山-

久し振りに富士山が見えました。 なんか、良いことあるかな?






で、ポイント到着。 ルアーのガイドボートが2,3隻情報をくれたガイドボートもガンガン釣ってい

ます。


ここでも、これだけボイルがある所でもマドラーミノーには無関心。そうとう頑張って引き倒しまし

たがダメ。 仕方なくイワイミノーにチェンジ。

悲しいかな、一発でフックオン。(笑)






e0123808_22503116.jpg

-不本意な一発-

イワイミノーに換えた途端コレ、なんなのよ!!

その後も出るには出るが、乗りが悪く乗っても小さいので大きくポイント移動。



今度はストラクチャーのシェード打ち、イワイミノーで50アップを3本掛けるも全部バラシ。

ベイトに付いて移動しているシーバスではないので、再びマドラーミノーにチェンジ。

残念ながら一度水面が割れただけでした。




またまた、ポイントを換えて大きな停泊船。

マドラーミノーをタイトに、舐めるようにしつこくトレースしても何も出ない。

ストラクチャー・シェード・ベイト反応と条件はきっちり揃っているので、居ない筈はないとキャプ

テン
がイワイミノーをキャストすると、あれだけ引き倒したにもかかわらず、ワンキャストで5回も

6回もバイトがある。 どうなってるの!?!?






e0123808_2320434.jpg

-ダブルヒット-

ダブルヒットのこんなシーンも。

もちろん、小さい方が私です。(涙)





e0123808_23221236.jpg

-バイトシーン-

こんな感じで、バコバコ出て来ます。






e0123808_23244997.jpg

-強い引き?-

いえいえ、私が使っていたロッドが、フェンウィック イエローグラス 6'11"#7 フローターバム

と言うもので、小さくても良く曲がるんです。(70オーバーでも十分対応出来るロッドです)







e0123808_23353462.jpg

-雲-

台風の影響でしょうか、青空の中に分厚い雲が、まだまだ夏ですね。





マドラーミノーとイワイミノーの差がここまであるとは、正直思いませんでした。 悔しい!!

マドラーミノーにも改良を加えて一矢報いたいものです。 また、チャレンジしますよ。


キャプテン、どうもお疲れ様でした。
[PR]
by kebariya | 2008-08-16 23:47 | 海の釣り | Comments(0)

明日はデイ・マドラー

今日は猛暑日だったんですかね、暑いですね。







e0123808_2157667.jpg

-ぶっかけひやむぎ-

昨日は焼き肉だったので、今日は控えめにひやむぎです。

先日、いつもの床屋さんに頂いたアオサを使ってのメニューです。

竹輪のアオサ磯辺揚げ、トマトの天ぷら、ゴーヤの素揚げとアオサの天ぷらを載せて、薬味は

ミョウガと下ろし生姜、七味唐辛子を少々で毛鉤屋好みのぶっかけひやむぎの出来上がり。

あぁ~、旨かった。 暑い日にはピッタリですね。






でもって、食後はこんな物を準備して、







e0123808_2262720.jpg

-バスフライ?-

今日巻いたホワイト・マドラーと昔バス用に巻いたフライ版アライ君。

ここ最近、サーフェイスの釣りがかなりよろしいようで、明日が楽しみです。





出るかな、デイ・マドラー。
[PR]
by kebariya | 2008-08-15 22:13 | 雑談 | Comments(2)

夏バテ防止

今日の暑さも厳しかったですね!!



朝マズメのリベンジは、眠くてちょっと疲れ気味なので自主キャンセルしちゃいました。







そこで、夏バテ防止には、これっしょ!!







e0123808_23544627.jpg

-焼き肉-

職場の若手中心7人とジジイの私の8人で、思いっきり焼肉を食べてきました。

塩ハラミ中心にホルモン・上カルビなど等、デザートのチョコミントとヨーグルトのアイスクリーム

まで頂いてきました。



これなら、明日の朝マズメに行けるかな?
[PR]
by kebariya | 2008-08-15 00:01 | 雑談 | Comments(0)

罰当たり

今日から旧盆ですね。







e0123808_21283678.jpg

-抜け殻-

最近、蝉の声がやたらしませんか?








迎え火など焚かれましたか。


私はS川へ、オイカワの雄をお迎えに行きました。






ところが風が強く、本流は全く釣りになりません。

そこで、風裏の何時もの支流へ行きました。

ピクニックポイント下を覗くと、あれだけ沢山居た大型のオイカワがサッパリ見当たりません。

水位が少し落ちたようで、その影響なのでしょうか、定かではありません。


大型の雄のオイカワを釣るべく、フックサイズは#17。

反応が良くありません、たまに出ても超おチビさん。

対岸ギリギリのトロ場に毛鉤をポトリ、ゆ~っくり流れたところで、パシャと出たのがこれ。






e0123808_2149410.jpg

-アブラハヤ-

10センチに満たないアブラハヤですが、#17のディアヘアーカディスをしっかり咥えていま

す。 ちょっと、驚き!

写真は水中で撮影したものですが、空気中のものとは全く異なった体色に映っています。

オイカワは、雄でも雌でも空気中と同じ色に映るのに不思議ですね。






e0123808_21591615.jpg

-オニグルミ-

以前の大雨で土手がえぐられ、倒れたオニグルミの木にはかなりの実が生っていました。



その後フックサイズを#21まで落としてみましたが、ちっちゃな雌が数尾釣れただけでした。






e0123808_22475.jpg

-支流からの夕焼け-

もう、こんなに日が暮れてしまいました、風はあまり治まっていないようですが、ダメ元で本流に

毛鉤を流す事に。






e0123808_228425.jpg

-本流からの夕焼け-

多少風は落ちたものの、水面がザワついていてライズも全くありません。

フライは思う所に入らず、たまに入っても突っつく者すらいない。 フラッタリングさせ誘ってもダ

メ。 浮力を失って沈んだフライを逆引きしてもダメ。 何やってもダメダメでした。



昔の人は良い事言ってますね、「盆に殺生はするもんじゃない」ってね。

罰が当たったのかな? 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。



明日の朝マズメで、リベンジしちゃおうかな。
[PR]
by kebariya | 2008-08-13 22:31 | 川の釣り | Comments(2)