<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

トマトの天ぷら




e0123808_20422084.jpg

-今日の雲-

今日も仕事の帰り道、夕暮れの雲の写真を撮りました。

中々良いタイミングで綺麗な夕焼けに遭遇出来ません。





さて、今夜は何を食べようかな。

そうだ、この前久米島の反省会をしたお店で食べたトマトの天ぷらが美味しかったので、それを

使ったものにしよう。



で、出来たのがこれ。





e0123808_20531017.jpg

-ぶっかけひやむぎ野菜天ぷら添え-


まあ、冷蔵庫の余り物を集めて天ぷらにし、ひやむぎに載せてめんつゆをかけただけなんです

がね。

ナスと山芋とピーマンと赤玉ねぎとプチトマトとシラスが使えそうな食材。

赤玉ねぎとピーマンとシラスはかき揚げに、ナスは縦に四つ割に、山芋は輪切りに、プチトマト

はへたを取って天ぷらに。トマトは素揚げにすると皮がはじけちゃいますが、衣を付けた天ぷら

にすると皮もはじけず綺麗に揚がります。



トマトは火が通ると一層美味しくなりますね。
[PR]
by kebariya | 2008-07-30 21:33 | 美味しいもの | Comments(0)

e0123808_2227439.jpg

-夕日に映える雲-





今日も夕焼けを期待して、デジカメを持って出勤したのですが・・・・・





昨日や一昨日のようにはいきませんでした。それでも一瞬、雲を綺麗に映し出していました。
[PR]
by kebariya | 2008-07-29 22:33 | 雑談 | Comments(0)

4打数1安打

2週間振りにS川のオイカワです。




午後の4時半位に駐車場に着いて、支度を始めようとした途端雨が降り出してきました。

まっ、良いっか、カメラさえ濡らさないようにすれば、少々の雨なら釣りになる。


釣り支度を済ませポイントへ向かう橋の上で、川を覗くと鷺らしき鳥が川面に思いっきり体ごと

突っ込み魚を捕って食べている。

シャッターチャンスと思いカメラを構えスイッチオン、あれれ、電源が入らない。バッテリーが無く

なっていたので充電しておいたのに、装填してくるの忘れてた。

もう一台のOptio W60は、ズームが5倍しか無いので諦めました。




さあ、釣り開始です。







e0123808_23422135.jpg

-チビ雄-


e0123808_2347162.jpg

-同チビ雄-

今日、最初に手にしたのがこのチビ雄、体長10.7センチ何時も釣れるメスより小さいかも。

このサイズでもオスは雄、サイズ的には良く引くし、なんてたって色が綺麗!





e0123808_23481195.jpg

-また雄-

ちょっとサイズアップしました。





e0123808_2349586.jpg

-またまた雄-





e0123808_23512939.jpg

-またまたまた雄-


e0123808_23521999.jpg

-同雄水中-





e0123808_23534419.jpg

-またまたまたまた雄-

いや~、それにしても雄が良く釣れました。

写真は撮りませんでしたが、一番大きかった雄は尾鰭が何者かにかじられていました。

その割には元気で、フライを丸呑みにして引きもかなり強い個体でした。写真的にはNGだし、

早く回復してほしかったので即、リリースしました。






e0123808_027100.jpg

-夕焼け-


e0123808_03082.jpg

-夕焼けⅡ-



今日のメスは、小ぶりが殆んどでしたが大小雄雌合わせ20匹以上釣れました。

その内6尾が雄、4打数1安打2割5分、かなり打率が上がって来ました。これからもっと良くな

るのかな?期待しちゃいます。






新潟に引き続き良い釣りが出来た日の夕焼けは、二段構えで違った風景を見せてくれました。
[PR]
by kebariya | 2008-07-28 00:15 | 川の釣り | Comments(6)

銀シャリ

今日はの~んびり、ゆ~っくりの週末。



12時ちょい前に起きて食事の支度、三人分の米を研いでいると長男が起きて来て「飯、作って

るの?俺の分作んないで、時間ないから」だって、せっかく久し振りにダッジオーブンでご飯炊

こうとしてたのに。




で、出来たのがコレ。






e0123808_2265226.jpg

-朝兼昼飯-


e0123808_2275243.jpg

-朝兼昼飯2-


e0123808_2285065.jpg

-炊きたての銀シャリ-


e0123808_2210448.jpg

-うっすらおこげ-


分厚い鉄のダッジオーブンで炊いたご飯は、炊飯器で炊いたものとは違いますね。

なんか水分の飛んで行き方が違うんですかね、蒸らしが終って蓋を開けザックリ混ぜる。

茶碗に盛った時は、ちょっと水っぽいような気がしますが、少しするとパリッとした米の一粒一粒

を感じる旨い飯に変わってきます。



おかずは、スパイスドチキン・ガーリック風味、辛子明太子、野沢菜漬け、ジャガイモと玉ネギの

味噌汁。美味しいご飯には、少し塩気があるものがあれば十分ですね。




(ダッジオーブンでのご飯の炊き方)

お米は研いでざるに上げ水気を切り30分置く。

ダッジオーブンに研いだお米と、お米と同量の水を入れ火にかける。(強火)

水が沸騰し噴きこぼれそうになったら、火を弱火(吹きこぼれない程度)にして10分+お米の量

例えば、4合のお米なら10分+4分(1合1分)で14分間炊く。これで出来上がり。

おこげを付けたければ、炊き上がり1分前に強火にして炊き上げるとうっすらおこげが出来ま

す。あとは好みで加減してみて下さい。

美味しいご飯炊けますよ。
[PR]
by kebariya | 2008-07-26 22:47 | 美味しいもの | Comments(8)

烏の羽

昨日の朝の通勤途中、駐車場から職場に向かって歩いているとこんな物が落ちていました。







e0123808_22314418.jpg

-クロウ・クウィル-


道端に黒い物が、「うぬ、烏の羽じゃん」 

一瞬通り過ぎたものの、引き返して拾っちゃいました。

一対じゃないんでウィングには使えませんが、ボディー材になら十分使えそうです。

先ずはモスキートでも、他にはどんな物が良いかな。







この日の夜は、






e0123808_22434738.jpg

-厳島神社-

そう、haripapaさん&harimamaさんのテリトリーで密会。





e0123808_2246478.jpg

-釜飯屋-

こじんまりとして、落ち着いた良いお店でした。




どんな話が出たかって?

ふ・ふ・ふ、密会ですから話せません。
[PR]
by kebariya | 2008-07-25 23:00 | 雑談 | Comments(0)

出張三日目

出張二日目の夜、食事を済ませた後、明日はどうしよう?悩んでしまいました。

二日間で充分過ぎる釣果を得られました。だから、明日はゆっくり起きて朝食を頂き、早めの出

発で、渋滞しない内に帰路に着こうか、それとも昨日捕り損なった岩魚を(此処しか無いと言うピ

ンスポットにフライが入り、理想的にフライが流れ「出ろ!」とつぶやいた瞬間ヤツが出ました。

あまりに思い通りに事が運んだので、思わずオーバーアクションになってしまい合わせ切れし

てしまいました)もう一度捕りに行こうか悩んだ挙句、後者を選択。

朝の四時には、宿を静かに出て行きました。



結果は、そう甘くはありません。小さな堰堤下の小場所、三日も続けてマズメ時を攻められれ

ば、否が応でもナーバスに成らざるを得ません。 小場所の大場所は沈黙してしまいました。


でも、下流の他の流れでは、初日・二日目程ではないけれどポツポツ反応してくれました。





e0123808_0162179.jpg

-堰堤下-

マイナスイオン一杯の心地良い場所。





e0123808_0181016.jpg

―朝の月-

日が上がってきた青空に月がポッカリ。





e0123808_0203949.jpg

-良い感じで出た岩魚-

出るべきところで出たって感じの岩魚、う~っ、気持ちいい!!




e0123808_0233760.jpg

-木漏れ日の渓-

朝日が射し、朝靄が白く眩しい。






なんとも言えない充実感の三日間でした。快く迎えてくれた新潟の自然に感謝!



これにて、新潟出張の夢物語お開きにさせていただきます。
[PR]
by kebariya | 2008-07-24 00:32 | 川の釣り | Comments(0)

出張二日目

朝三時四十五分起床、四時出発。


初日最後のポイントへ、下流から釣り上がるのではなく直接入渓することに。








e0123808_2311533.jpg

-早く、放せよ!-


e0123808_2313325.jpg

-じっとしてなんかいらんね~ぞ!-


ポイントに立ち昨日出たピンスポットにキャスト、二投して反応が無いので一呼吸置いてフライ

にフロータントを施し本命のど真ん中へキャスト、一発で出ました。

尺一寸(33.5センチ)

ネイティブに育った岩魚は、往生際が悪い。決して観念して写真に納まろうなんて思わない、常

に体をくねらせその場から逃れようとしている。命を繋げようとしているのがひしひしと感じる。

綺麗な写真でなくてもいい、美しい姿は記憶に留めて早くリリースしようと思った。



小躍りしたいくらい嬉しい、自己記録更新だ! 



まだ、良いサイズが居そうだ。左隅の木の枝がせり出した奥のピンスポット。

上手くフライが入った、着水から20センチほど流れたところで、吸い込むようにフライを咥えた。







e0123808_2335371.jpg

-27.5センチ-


e0123808_23363051.jpg

-いい顔してます-

小さな堰堤下ですがかなり良い状態に、むしろ過去よりもポテンシャルが上がっているようで

す。




昨日釣り上がって来た下流のポイントから、再度釣り上がる事に。




移動の途中で見かけた花たち。


e0123808_23445660.jpg



e0123808_23452330.jpg



e0123808_2346414.jpg



e0123808_23462861.jpg



e0123808_2347250.jpg



e0123808_23474342.jpg



e0123808_2348813.jpg



e0123808_23484139.jpg


そして此処は、登山道の入り口なのです。

この橋の袂から入渓します。






e0123808_23504698.jpg




e0123808_23511427.jpg


勿論岩魚も釣れていますが、ヤマメが増えました。私は岩魚の方が好きなんだけどな。










-昼飯-

新潟名物の「へぎそば」を食べに行こうとしたら、宿の主人に最近のおススメは此処「牧之庵」

(ぼくしあん)
と地図を書いて頂き、行ってみる事に。

片道37キロ、峠を越え街中を抜け行って来ました。





e0123808_23594856.jpg

-店構え-


e0123808_003076.jpg

-看板-


e0123808_01485.jpg

-囲炉裏-


e0123808_013949.jpg

-長火鉢-


e0123808_02972.jpg

-天ぷら善盛そば-

ここら辺一帯は、つなぎにふ海苔を使った薄っすら緑がかったそばが主流ですが、こちらでは

ご主人が拘りを持って丁寧に打ったそばが人の心を打ちます。美味しかったです。





帰り道、峠のトンネルを抜けると雨が降って来ました。

そんな午後は、部屋でちょっとタイイング。





e0123808_0125876.jpg

-〇〇スペシャル-

此処の渓に効く〇〇スペシャルを5本巻き足しました。出発前にあまり準備が出来なかったの

で、ある程度のマテリアルとタイイング道具を持参していました。

お陰様で夕マズメも魚たちと出会えることが出来ました。




e0123808_0185686.jpg



e0123808_0194298.jpg



e0123808_020788.jpg


この魚も今朝尺一寸が釣れたポイントから出た魚です。




もう充分、こんなに釣れて良いのかなと思うくらい魚たちの歓迎を受けました。




三日目に続く、
[PR]
by kebariya | 2008-07-23 00:43 | 川の釣り | Comments(4)

出張一日目

新潟出張初日は、私にしてはちょっと遅い出発になってしまい渋滞にはまってしまいました。






e0123808_20233025.jpg

-渋滞-

最近二人の息子が居付いて、なんやかんやあってついつい出遅れてしまいました。







e0123808_20264052.jpg

-モーターサイクルと峠道-


渋滞を過ぎると高速も一般国道もスーイスイ。3時間45分で到着。







e0123808_20302154.jpg

-おん宿 似っ久・わさびや-

此処が今回お世話になる宿。

今年は三年振りになりますが、かれこれ十年目のお付き合い、気心も知れとてもアットホーム

に迎えてくれます。


挨拶をし冷たい飲み物を頂きながら、暫しお互いの近況報告。


日も高くなった10時過ぎ、せっかく来たのだから昼飯まで近場で竿を出す事に。






e0123808_22192874.jpg

-渓-

久々の渓流、やっぱり良いですね、こういった景色大好きです。







e0123808_2227731.jpg

-チビ岩魚-

日中は中々いい仕事をさせてくれません、昼飯まではこのチビ岩魚一匹だけでした。

何時も釣ってるオイカワのレギュラーサイズ位の個体ですが、森の宝石のような美しさ、堪りま

せん。



昼飯の後は宿の裏の流れをチェック、過去に私と同行した餌釣り師が揃って尺岩魚をあげてい

る川です。








e0123808_22393035.jpg

-ヤマメ-

此処でも日中は、このヤマメ一尾のみ、ヤバイかな?

あまりにも反応が悪いので中途半端に伸びてしまった午後の釣り、仕方ないので夕マズメは近

場の過去に実績があった渓へ入ることに。






e0123808_22481926.jpg

-入口の看板-

駐車場から登山道への入口に設置してある、マナーと熊注意の看板。

この渓は過去に私が尺岩魚をあげた場所ですが、最近はめっきり場荒れした感じで良くありま

せんでしたが、3年来ない内に復活したようです。






e0123808_22564664.jpg

-岩魚-





e0123808_22574854.jpg

-ヤマメ-





e0123808_22583098.jpg

-ヤマメ-

ここまでは5対5でヤマメが同数、此処は別名「イワナ沢」と言われる処なのに・・・・・

最近は全体的にヤマメの放流を多くしているそうです。(漁協監視員の話)

お世話になっている宿の主人が漁協監視員なんです。







e0123808_2323989.jpg

-岩魚-

此処はやっぱり「イワナ沢」でした。

28.5センチ、尺にはちょっと欠けますがもう大満足の釣果です。

写真を撮り終わったのが7時20分くらい、もうフライが結べません、尺上は明日の朝マズメの

楽しみにとっておいて宿に戻ります。 初日にしては上出来。




さあ、明日早いので早寝しよっと。


二日目に続く、
[PR]
by kebariya | 2008-07-21 23:21 | 川の釣り | Comments(4)

新潟出張

明日から三日間、新潟出張です。







e0123808_22594463.jpg

-隠し道具-


バッグの中にそっと忍び込ませて・・・・・




旨い「へぎそば」でも喰って来よう。
[PR]
by kebariya | 2008-07-18 23:02 | 雑談 | Comments(4)

三日目の正直

二日目の昨日は、フライを替えてそこそこキャッチすることが出来ましたが、それで満足する訳

にはいきません。



で、今日はいつもより一時間早めに家を出発し、じっくり丁寧に攻めてみる事に。


ピクニックポイント下は、大小沢山居ますが出ません。



昨日釣れた下流のポイントで、最初に釣れたのはウグイでした。 ネットにキープしキャストを続

けます。 

ヒット! フライを咥え一気に下流へ走る、中々の引きだ!

オスなら派手な婚姻色が見えるが、こいつは黒っぽい魚影が見えるだけ。無事にネットに納ま

ったのは、






e0123808_22334268.jpg

-でっかいメスとウグイ/CS H3 オート マクロ-


e0123808_2235444.jpg

-暫し休憩/O W60 オート マクロ1㎝ 

雄を思わせる強い引きでしたが、14.5cmもある立派な雌でした。





釣れた場所は、





e0123808_2240940.jpg

-ピクニックポイント下、下流/CS H3 オート-

写真中央白濁の泡の下、二本の流れが交わる複雑な流れがポイント。









最下流から釣り上がるも釣れない。たまに小さいのがフッキングする程度。

視線の下の方で何かが走る、「おぉっ、ヨシノボリ」 Optioを取り出す。






e0123808_2248461.jpg

-愛嬌のある顔/O W60 水中撮影 マクロ1㎝-

水中撮影って、楽しいですね。Optio W60 買って良かった!!





ここで気分を変えて、上流の支流をチェック。しかし、水量が多く濁った感じで魚っ気全く無し。





戻って最下流部から仕切り直し。

一投目で喰わせないと、一度反応を示した魚は直ぐに沈んでしまう。中々楽しいゲーミーな展

開。

そんな中、着水とほぼ同時にナイスフッキング。かなりの引きにフェンウィックイエローグラス

#3が弧を描く。

下流に走るオイカワ、ロッドを横に構えためる、オレンジ色の胸鰭が鮮やかな紛れも無い雄。

走りを止め寄せようとした瞬間、フーっと痛恨のバラシ。「ああ~っ!雄だったのにぃ!!」






暫くポイントを休ませて、再度最下流から徐々に先程のポイントを狙う。

いよいよ先程のポイントへ、ソフトプレゼン。






e0123808_23164087.jpg

-よっしゃ、雄/CS H3 オート マクロ-


e0123808_23181168.jpg

-よっしゃ、雄/O W60 オート マクロ1㎝-




e0123808_23193776.jpg

-男前/CS H3 オート マクロ-


e0123808_23203123.jpg

-男前/O W60 オート マクロ1㎝-


バラシてしまったヤツよりは小さかったけれど、同じ場所から二匹目を引き出した事に満足。

三日目の正直
[PR]
by kebariya | 2008-07-13 23:30 | 川の釣り | Comments(10)