オフ会   

昨日は、S川でオイカワのオフ会でした。




メンバーは、前々からオイカワ釣りをしてみたいと言っていた、coolman!さんとharipapaさん

&harimamaさん、そしてピクニック目的のおやつ大臣さんと息子Jと私の六人です。





ピクニックがメインなのか釣りがメインなのか良く解りませんが、昼前に集まってBBQでゆっく

り時間をかけて肉を喰らい、夕マズメのゴールデンタイムに釣りをする、ゆる~い感じのオフ会

です。




川の土手の天場辺りのフラットで芝生で整備された絶好のスポットをピクニックヤードにしてBB

Q開始。 時折下の溜りを覗くと今年一番の魚の数、婚姻色の出た大きな雄が雌を追いかけて

いたり、イワシボールのように団子状に群れていたりとものすごい数に期待が膨らむ。






そんな溜りの中を、、、、、







e0123808_23152049.jpg

-シマヘビ-

なにか長いものが動いた。 おぉ、2メーターオーバーのでっかいシマヘビが水面を鎌首を上げ

て泳いで行きました。



延々3時間半、肉と野菜とおにぎりを喰らい、ルートビアを飲干しました。



途中、家庭の事情で釣りはせず、満腹状態になったところでおやつ大臣さんは帰路に着きまし

た。(次回があったら、釣りしましょうね)





いよいよ釣り開始です。





e0123808_23274494.jpg

-等間隔で-

普段は私以外にFFをする人を滅多に見ないところなので、別の川に来ているようでした。


みなさんオイカワの電撃アタックに苦労しているようです。

反応はかなりあるものの中々フックオンしない模様。





e0123808_23335328.jpg

-最初の一尾-

前日までの雨の影響で川底が変ってしまい、私のお気に入りポイントが無くなってしまい、その

手前のよれから出た一尾です。

他にウグイ、アブラハヤ等も釣れてきました。




e0123808_23413179.jpg

-雄-

今日最初の雄、前回の雄よりも婚姻色が鮮やかになっていて、大きなオレンジ色の胸鰭が特徴

的な固体でした。




ようやく慣れてきたのか、coolman!さんがお腹パンパンの雌をヒットさせておりました。その後

も数尾追加していたようです。



一方、haripapa&harimamaさんは、オイカワの電撃アタックに翻弄されていたようで、電撃

アタックには電撃アワセで対抗しないとストライクは中々難しいのです。

出た瞬間、ロッドティップをちょんとあおり、同時に極小さくストリッピング、これがコツでしょうか。




気が付けば7時を過ぎ、フライも見えなくなってきたので本日のオフ会はこれにて御開き。

みなさん、お疲れ様でした。 また、声をかけて下さい、喜んでご一緒させていただきます。











e0123808_2359338.jpg

-肉-

昨日の余った肉を今日も私は食べました、「もったいない」食物を無駄にしてはいけませんね。



「あぁ、苦しい!!」
[PR]
by kebariya | 2008-05-28 00:08 | 川の釣り | Comments(16)

予報通り、出船して間も無く雨が降りだしてきました。


ガイドは、私のマドラーミノーに理解を示して頂いている鹿内CP、そしてイワイミノー担当にじゃ

らし
さんをお願いしての釣行となりました。


先ずは、南本牧の壁からスタート。

丁寧にマドラーミノー・イワイミノーをキャストするも、残念ながら無反応。


次に、この日の昼間調子の良かったブイ周りとテトラ郡をシンキングラインでヘッドを小さめに刈

り込んだマドラーミノーを引くが、ここも無反応。

一方、インタミにゾンカーを結んでいたじゃらしさんに待望のヒット!






e0123808_1444619.jpg

-イエス・シーバス-

とりあえず船中【ボ】は回避、これで気持ち的にも楽になってきたところで、風も治まってきたの

で運河筋へ移動。



鶴見川の河口からサーフェイスゲームの再開。

マドラーミノー、イワイミノーの順で上流へ船を向ける。

スタートから30メートル位過ぎた所で、マドラーミノーに水面が爆裂!

「出たっ!!!」 が、乗らず、大きな水柱と共にもんどりうって飛び出したが咥えることはあり

ませんでした。

その直後、スターンのじゃらしさんが「出たっ!!」 一瞬竿は曲がったもののフックオフ、重さを

感じる事は出来たようです。


ここまでの反応は、1対1互角です。


次のポイントでは、マドラーミノーに反応1回。

ここからじゃらしさんは、前のポイントでロッドにアクシデントが発生したためイワイミノーを断

念。


次のポイントは、強烈なライトと温排水の絡むポイントで潮も満潮に近い時間帯。

明暗の奥にマドラーミノーが消えた。

ゆ~っくり竿を立て気味にリトリーブ、暗から明にフライが出てくる「出ろ、出ろ」と心で叫ぶ。

「出たっ!!!」 一瞬置いてアワセ 「乗ったっ!!」 「バレるなよ・バレるなよ」超緊張。







e0123808_2194486.jpg

-ガッチリ咥えたマドラーミノー-


e0123808_2212123.jpg

-満面の笑み-


「いやー、超うれしい」 このポイントは過去に何度も来ているところですが、サーフェイスの釣り

は初の試み、何事もやってみる事ですね。

その後も二度ほど反応がありましたがフッキングには至らず、じゃらしさんはここでマジックミノ

ーで一匹追加しました。


帰路の途中、二箇所ほど寄り道をしましたが、魚からの反応はありませんでした。


濁り潮、雨、前半の強風とタフコンディションの中、念願のマドラーミノーでの結果に大満足の一

日でした。


鹿内CP大変お世話になりました。 じゃらしさんお付き合い頂き有難う御座いました。

また、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kebariya | 2008-05-25 02:34 | 海の釣り | Comments(4)

明日も・・・・・   

明日は、ボートシーバスです。




性懲りも無く・・・・・・・






e0123808_2352486.jpg

-ア・ソート-


明日も・・・・・ マドラーミノーを投げまくってきます。


さて、スズキさんは気に入ってくれるのでしょうか?


それより、天気の方が心配だ。
[PR]
by kebariya | 2008-05-23 23:57 | 雑談 | Comments(0)








e0123808_2127991.jpg

-ひやむぎ 揚げ浸し風-



茄子・ピーマン・パプリカを素揚げにし、たっぷりのお湯でひやむぎを湯で、水でさらし氷水でし

める。 水分をよく切って器に盛り、素揚げした野菜をのせネギとおろし生姜をトッピング。



「さあ、召し上がれ」
[PR]
by kebariya | 2008-05-21 21:48 | 美味しいもの | Comments(0)

パプリカ   

今日もS川のオイカワ釣に行こうと思っておりましたが、昼過ぎテレビを見ながら横になっている

と、いつの間にかお昼寝タイム。


ふっと、目が覚めると、5時を過ぎていました。

「やべ、どうしよ」  「昨日使ったラインのドレッシングもしてないし」  「まっ、良いか、6時過ぎ

ても3~40分釣り出来るし」  


正直3~40分あれば、そこそこ結果も出るとその時は思っておりました。


結果、惨敗。 5~6センチのオイカワと8~9センチのウグイ一匹づつ。

慌てて出かけてもろくな事はありませんね、カメラは忘れ、魚も真っ赤な夕日も撮れずじまい。






そんな日は、美味しいもの・ ・ ・ ・ ・


e0123808_23422499.jpg

-NUKADUKE-


パプリカのNUKADUKE、メッチャ旨いですよ。

ピーマンのような青臭さは無く、甘味があって肉厚の食感とフルーティーな香り、発酵した糠漬

けの香りと塩味が相まってオリーブオイルとベストマッチ。


一度お試しあれ。
[PR]
by kebariya | 2008-05-18 23:49 | 美味しいもの | Comments(2)

今日もオイカワ   

今日も夕マズメにS川のオイカワです。






e0123808_21115153.jpg

-白鷺?-


ポイントへ向かう橋の上から何時もの川に目をやると、白鷺?が二羽ポイントに陣取っている。

カメラを構えズームアップ、手前のグレーのがナイスサイズの魚を咥えた。

「よし、これなら今日も釣れるぞ」





先週雄が釣れたポイントは、今日はおチビちゃんばかり。


続いて、お気に入りポイント。

中途半端な流し方ではフライを見切る。 水中でUターンするヤツや、フライを追って出はする

が咥えないヤツがいる。   ”熱くなる”

此れでもかと必要に流す、やっと出た。






e0123808_21384596.jpg

-シャッターチャンス-


中々カメラに納まろうとしない。



e0123808_21422081.jpg

-じーっとして-


サイズはそれ程でもないが、元気があって中々じっとしてくれないメスでした。





上流にポイントを移して釣れたのがこれ。





e0123808_21522466.jpg

-おめめパッチリ、オレンジのアイシャドー-


ランディングネットに入るまでは雄かと思わせる引きで、手元まで寄っては走るを二度も繰り返

し納まったのは13.5センチ程のメスでした。




e0123808_2214191.jpg

-一休み-



e0123808_229192.jpg

-息を整えて-


リリースの時に流れが弱く水深が浅い所で上流に向けて放す、体力が回復するとまた流れの

中に戻って行く。
[PR]
by kebariya | 2008-05-17 22:30 | 川の釣り | Comments(0)

♂   

雨の週末、今日は昼過ぎにようやく雨が上がりました。



早めに買い物を済ませ晩飯の仕込み、ナスとベーコンとフレッシュモッツァレラのパスタ用のト

マトソースと明日以降用の和風カレーを煮込んでいると、キッチン越しの西の空が一瞬明るくな

ってきた。

「オイカワ釣に行きて~な」

「今、何時?」   「もうすぐ、4時」

「どうせ、釣れるのは5時すぎだから」    「よし、行こう」


と言う事で、仕込みをキッチリ済ませ4時45分出発。




5時過ぎに到着、支度をし何時もの場所へ。

お気に入りのポイントから釣り始めるも反応無く、一番下流へ。

2,3投目で反応があり、10センチちょっとのメス。

ダウンクロスにキャストしフライが流れきったところで、ロッドを立てロッドティップを小刻みに震

わせながら誘いをかけてみたら・・・・・



















e0123808_2283380.jpg

-オイカワ♂-


e0123808_2292629.jpg

-追星-


ディアーヘアーカディスをフラッタリングさせられ、我慢出来ずに飛び出したって感じ。

やっぱり雄ですね、#2ロッドを絞り込みます。



「これだよ、これ。 これが釣りたかったんだよ」

写真を撮ってサイズを測ってリリース、15.5センチありました。


その後もメスを数匹追加して、と言うより雄が釣れない。

さっきと同様、ダウンクロスに~~~。で、またまた反応がありました。









e0123808_22214160.jpg

-美しい!15センチ-


ドラグフリーでは出ず、艶っぽく誘わないと出ない、やっぱ雄ですね。


その後釣れてくるのはメスばかり、9:1位の割合でメスが多いですね。

今日は貴重な雄が釣れて「うれぴい」







e0123808_22275673.jpg

-晩飯-


e0123808_22283092.jpg

-ナスとベーコンとフレッシュモッツァレラのパスタ-

「旨かった、明日はカレーだ」
[PR]
by kebariya | 2008-05-11 22:32 | 川の釣り | Comments(4)

癒しの場所   

連休最後の今日は、風が強かったですね。





e0123808_21485319.jpg

-強風のS川-


南よりの風が強く、流れとぶつかって白波が立っています。

そう、またS川に来てしまいました。




先週良かったポイントからスタート。強風で釣り辛いがフライは何んとか思ったところへ。

何度流しても反応が無く、少しづつ上流へ。 たまに反応するのは、フックセット出来ないサイズ

ばかり。

仕方なく一つ上流の支流へ。 ここも魚っ気なく無反応。

時計を見るともう直ぐ5時、やっぱり夕マズメは何時ものポイントが良いな。





e0123808_2252823.jpg

-ウグイ-


五時の鐘が鳴ってから、ようやくポツポツ釣れてきました。

二匹目に釣れたのが今年初めてのウグイでした。 腹鰭、尻鰭がオレンジに色付いた固体でし

た。






e0123808_2213193.jpg

-good face-


e0123808_22142798.jpg

-good body-


居ました、居ました今日も良い魚が。

じあいでしょうか、最初は全く反応が無く、今日はハッチも殆どありませんが、五時を過ぎたあた

りから一時好反応になりました。







e0123808_2223924.jpg

-変り雲-

夕暮れとちょっと変った縦長の雲。

私はこの場所が大好きです。訪れる度に違った顔を見せてくれ、オイカワはこのヘッポコフライ

マンに応えてくれる、貴重な癒しスポットなんです。
















e0123808_2237460.jpg

-パプリカの糠漬け-


マドラーミノーの台座になったパプリカも、美味しく糠漬けにして頂きました。
[PR]
by kebariya | 2008-05-06 22:41 | 川の釣り | Comments(0)

マドラーミノー   





e0123808_2227434.jpg

-期待-


フローティングラインにマドラーミノーを結んで、






e0123808_22292679.jpg

-曇天の横浜-


曇天の早朝、横浜港を後にする。


先ずは実績がある運河筋へ。

最初にマドラーミノーを試させてもらう、浮力も十分で引き波もイワイミノーよりかなり多く出る。

キャストも決まり、リトリーブコースも申し分ない、だが魚は出ない。


釣手代わって I さんがイワイミノーを引く、数投目で水面が割れた。 残念フッキングには至ら

ず。


今度はおやつ大臣さん、フライはもちろんマドラーミノー(白)、キャストもリトリーブもグー!な

のだが、これまた魚が出ない。

戻りながらも同様に攻めるも、I さんのイワイミノーに一度反応があっただけでした。





移動しながらポイントに合わせ、沈めて引っ張る釣りだったり、サーフェイスの釣りだったり色々

試したがノーフィッシュ。




気持ちを切り替えるためにも、







e0123808_23956100.jpg

-モーニングピクニック-


朝、早かったから腹ペコ。 モーニング珈琲にサンドウィッチ、燻製塩鮭と梅干を合わせたおに

ぎりと鳥の和風から揚げ。 あ、そうそう、今日はルートビアも持参。

う~ん、とってもし・あ・わ・せ。





e0123808_2318318.jpg

-祝・初ルートビア-

おやつ大臣さん、「なんだか癖になる味で大好きです」だって。

一方 I さんは、「ごめんなさい、勘弁」と、おっしゃってました。





e0123808_2321264.jpg

-似合ってるねぇ-

この男、やたらルートビアが似合ってます。





で、後半戦。

前半戦と変らぬ展開、激渋。

停泊船の際をDI7でサーフキャンディーを引っ張った時に、チェイスしてくる固体を一回確認し

ただけでした。   う~ん、残念。

こんな訳で今日は全員【ボ】でした。



でも、マドラーミノーは十分可能性があると思います。

これからも使い続けていって、入れ食いとまでは言わずともコンスタントに釣れるようになると良

いなと思います。



I さん、おやつ大臣さん、キャプテン、お疲れ様でした。

今度は、マドラーミノーオンリーで出船してみたいな。
[PR]
by kebariya | 2008-05-05 23:44 | 海の釣り | Comments(0)

サーファイスには、イワイミノー以外に何か有効なものは無いのでしょうか。










e0123808_15324988.jpg

-マドラーミノー Ⅰ-


e0123808_15343042.jpg

-マドラーミノー Ⅱ-


明日は、今年初めてのデイゲーム(早朝から)です。

朝マズメにちょっと試してみようと思っています。

シーバスがイワイミノーをベイトとして意識し捕食しているのであれば、マドラーミノーはハゼ

類に化けるのではないかと秘かに思っているのですよ。



相変わらずお馬鹿な事を考え、試してみる、だから釣りは楽しいんですよね。



あっ、そうそう、このパプリカは後でNUKADUKEにしてちゃんと頂きます。
[PR]
by kebariya | 2008-05-04 15:49 | 雑談 | Comments(0)