カテゴリ:川の釣り( 251 )

D川ノート

【5月2日月曜日 曇り 気温20度 南寄りの風少々 17:10~18.30】




実は、今年二回目のD川です。

まあ、一回目は3月の中旬頃、蕗の薹を探しに行ったものですが ・ ・ ・ ・ ・

ちゃ~んと、パスタと蕗味噌にして頂きましたよ。




で、今回は本気でオイカワ狙いで行って来たのです。




e0123808_2143392.jpg

-今日のD川-

昨年釣れた頃より、水量は多めです。

偶にカゲロウがハッチしていますが、水面は静まり返っています。


暫くすると、超気まぐれなライズが「ポツン」と。

すかさず毛鉤を打ち直しす、オン ザ ライン。

それでも、さっき見たオレンジ掛かった体側の、かなりの大きさのその魚は沈んだままでした。


厳しいなぁ、魚は確実に居るんですがね。

S川で有効な毛鉤には見向きもしませんでした。




e0123808_21194581.jpg

-カワムツ-

この魚は、D川に注ぐ小さな流れ込みで出た一尾です。




e0123808_21251485.jpg

-クレソンの花-

此処にもクレソンが自生しています。

「水が綺麗」って、ことでしょうか。


暫くD川に通いそうです(笑)
[PR]
by kebariya | 2016-05-03 21:29 | 川の釣り | Comments(1)

S川ノート

【4月27日 水曜日 曇り 気温20度 東南の風少々 17:30~18:50】




e0123808_23575970.jpg

-今日のS川-




e0123808_23584037.jpg

-クレソンの花-




e0123808_2359688.jpg

-ウグイ-

今日はたったこれだけ、撃沈。

なんか、可笑しいぞ ・ ・ ・ ・ ・
[PR]
by kebariya | 2016-04-28 00:01 | 川の釣り | Comments(0)

S川ノート

【4月25日 月曜日 曇り 南寄りの風やや強く 気温22度 16:50~18:50】


何か月振りだろう、久し振りにS川に行って来ました。




e0123808_23232552.jpg

-今日のS川-

かつてのメインルートは、完全に死んでしまいました ・ ・ ・ ・ ・




e0123808_23253020.jpg

-菜の花-

少しづつ緑が回復しています。




e0123808_23271774.jpg

-1st Fish-

釣りを始めておよそ一時間、漸く一尾目を手にすることが出来ました。

渋い!

ライズが全く無く、ソフトハックル等水面直下の毛鉤にも反応せず、ドライに戻してやっと出ました。




e0123808_23331810.jpg

-観察箱-

falconerbridgeさんから頂いた観察箱に入れてみました。

水際に置いての撮影は、かなりのローアングルで難しい。

上手く撮る方法を身に着けないと。




e0123808_2338377.jpg

-オイカワとウグイ-

日が落ちて薄暗くなると、ちらほらとカゲロウがハッチしています。

それでも水面は、静まり返っていました。

#17のオイカワ用パラシュートをアップクロスにキャスト、メンディングをしながら流し、ドラグが掛ったあたりでドンと出ます。

ドラグフリーより、意図的にドラグを掛けた方が反応が良かったようです。


久し振りのS川、何だかよく解らない夕マズメでした。


falconerbridgeさん、ありがとうございました。

近いうちにD川へ行きましょう。
[PR]
by kebariya | 2016-04-25 23:51 | 川の釣り | Comments(2)

トーナメントの合間に

海フライお馬鹿のシーバストーナメントの合間に、職場の仲間と管釣に行って来ました。





e0123808_12373662.jpg

-旧 FF CLUB のメンバー-

むかしむかし、このメンバーたちで始めた「ボートシーバスのワンデートーナメント」が、現在行われている「海フライお馬鹿のシーバストーナメント」の始まりでした。

色々あって、今の形に落ち着いています。

今回は久々に皆が集まっての管釣旅行、楽しみたのしみ。





e0123808_12454510.jpg

-白河フォレストスプリングス-

あのテツ西山さんが監修した管理釣り場、ロケーションは最高です。





e0123808_12471827.jpg

-紅葉-

まだまだ紅葉も残っています。





e0123808_12481534.jpg

-もみじ-

一本の木で、緑から深紅の葉色までを表していました。





e0123808_1251997.jpg

-虹鱒-

自然繁殖しているのでしょうか、こんなサイズまで釣れてきました。


釣果以外は、素晴らしい環境でした。





e0123808_12524556.jpg

-支度-

宿は貸別荘、大型2LDKの8人用ですが、10人は楽に泊まれそうです。

皆が協力して食事の支度をしています。





e0123808_1257121.jpg

-鍋パーティー-

お疲れ様でした!いっただきま~す!!


昔話に花を咲かせ大いに盛り上がりました。





e0123808_12592930.jpg

-陶芸体験-

翌日は電動轆轤による陶芸体験、N原さんが先生の指導を受ける図。





e0123808_131957.jpg

-作品-

これ、私の作品です。

ご飯茶碗、片口、ぐい飲みを作ってみました、二月半後の焼き上がりが楽しみです。

釣りよりも、こちらの方が楽しかったりして(笑)





e0123808_1335819.jpg

-温泉-

さて、昼飯前に一っ風呂浴びましょう。

「小鹿の湯」という、源泉かけ流しの湯だそうです。





e0123808_13254316.jpg

-お風呂-

御見苦しい画像で失礼!!

中はこんな感じでこじんまりしていますが、小さな露天風呂もあって硫黄の香りプンプン、お肌すべすべ、からだポッカポカ、おまけに腸に効果的とか便秘解消等々、良いお風呂でした!


なんだかんだ色々あって、ちょっと遅めの昼食を頂き帰路に着きました。


ご一緒下さいました皆様、ありがとうございました、感謝です。
[PR]
by kebariya | 2015-11-23 13:35 | 川の釣り | Comments(4)

【9月17日  雨】




e0123808_2125371.png

-ガマズミ-




e0123808_2126827.jpg

-森の宝石-




e0123808_21263845.jpg

-夕暮れ-

初日は日頃の疲れがたまっていて、早起きが出来ず昼過ぎの出発となってしまい現地に着いたのが午後4時過ぎ。

取敢えず竿を出さないと。

日頃からの雨の影響でかなりの増水、何とか森の宝石に逢う事が出来ました。




【9月18日 曇り~小雨】



e0123808_21322793.jpg

-朝-



e0123808_21325580.jpg

-ヤマボウシ-



e0123808_21332481.jpg

-森の宝石-



e0123808_2133552.jpg

-森の宝石-



e0123808_21342227.jpg

-蜘蛛の巣-



e0123808_2134517.jpg

-牧之庵-



e0123808_21351323.jpg

-梅そば-



e0123808_21353873.jpg

-米の国-



e0123808_2136813.jpg

-森の宝石-



e0123808_21363783.jpg

-森の宝石-



e0123808_2137133.jpg

-森の宝石-



e0123808_2137193.jpg

-森の宝石-



e0123808_2137459.jpg

-森の宝石-



e0123808_2138762.jpg

-森の宝石-

二日目は先月釣り損ねた魚を朝から釣る事が出来、また、夕マズメも良い釣りが出来大満足でした。




【9月19日】



e0123808_21425442.jpg

-コスモス-



e0123808_21431781.jpg

-小さな花-



e0123808_21434218.jpg

-ちょっとお疲れの蝶-



e0123808_21441985.jpg

-都忘れ-



e0123808_21444419.jpg

-黄色い花-



e0123808_21451037.jpg

-レンゲ-

最終日は、美味しく朝食を頂くために川沿いを散歩して来ました。

本当は、チビヤマメしか釣れなかったんですけどね(笑)


大本命の舞茸ですが、限りなく天然物に近い作り舞茸の名人が今年から作るのをやめてしまったため、手には入らなくなってしまいました。(涙)

毎年楽しみにしていたのに、残念です ・ ・ ・ ・ ・


これにて、今シーズンの岩魚釣りは終了です。
[PR]
by kebariya | 2015-09-30 22:14 | 川の釣り | Comments(0)

S川ノート

【8月15日 土曜日 晴れ 気温26度~31度 ほぼ無風 6:00~9:00 】

このところちょっとご無沙汰だったS川の偵察に行って来ました。





e0123808_23151870.jpg

-今日のS川-

サブルートと本流の合流点に鮎師がパラソルを立てて陣取っています。

挨拶をすると、此処S川の鮎事情を一生懸命説明してくれました。

「オイカワなら、この少し下流に一杯いるから釣ったらいいよ!」って。

折角だから少し釣ってみることに。

極小サイズが毛鉤を突っつくだけで、どうにも良くありません。

対岸の水深がある方へ数投すると「其処はさあ、鮎の通り道だからやらないでよ!」だって。

鮎に限らず条件の良い処は、鯉だって、ウグイだって、オイカワだって集まり易いんだけどね。

この親父さん、よっぽど話し好きなのかお節介なのか、「あんたも鮎釣りしなよ!家族も食べられるしな」

「親や親戚がやってたんで、飽きるほど食べたんですよ、もうお腹一杯」





e0123808_23335935.jpg

-青空とオイカワ-

何んとか形を見たので、ポイント移動します。





e0123808_2335145.jpg

-鮎師-

途中お仲間さんも合流して楽しそうでしたよ。





e0123808_2337553.jpg

-つゆ草-

「兵どもが夢の・・」ってか。





e0123808_23382656.jpg

-雄-

この日唯一の婚姻色の雄。

はたいた後か、お腹が削げたスレンダーな一尾でした。




e0123808_2340511.jpg

-ウグイ-

その後は、ウー様やまあまあサイズの雌が飽きない程度に釣れました。


あっと言う間に午前9時、日射しが痛くなってきたので納竿。

昼寝でもしてから、夕方は隣町へ蕎麦でも喰いに行こう。
[PR]
by kebariya | 2015-08-16 23:47 | 川の釣り | Comments(0)

流星・蕎麦・時々釣り

8月12日早朝、毎年恒例のペルセウス座流星群観賞のため、何時もの新潟へ向け出発しました。


6時半頃到着、取敢えず釣りでもしますか。





e0123808_2243829.jpg

e0123808_22432626.jpg

e0123808_22434339.jpg

e0123808_2244364.jpg

e0123808_22442031.jpg

e0123808_22443677.jpg

-森の宝石たち-

最初に入ったポイントは、餌釣りの先行者が居てノー感じ。

次のポイントでは、小さいながらも森の宝石たちが遊んでくれました。





その後は宿へ行き、午前の昼寝。

午後1時頃、蕎麦を食べに塩沢へ向かいます。





e0123808_22501228.jpg

-牧之庵-





e0123808_22503925.jpg

-梅そば-

大根おろしと自家製の梅干しでサッパリと頂きました。




その後は、ちょっと買い物をし宿に戻り午後の昼寝です(笑)




夕食後は仮眠をし、流星群に備えます。





e0123808_22542285.jpg

-山頂の夜景-

午前零時を回った頃、曇り空の中を何時もの山頂に向かいました。

着いて直ぐ夜景の写真を撮っていると、ポツリポツリと雨が降って来ました。

「やべ、天気予報当たってる!」

前日の予報では夜は晴れだったのですが、当日の予報で雨に変わっていました。





e0123808_230318.jpg

-雨のウィンドー-

暫く様子を見ていましたが、一向に上がる気配はありません。

仕方なく諦め下山することに。

今年は新月で好条件だっただけに、非常に残念です。

まあ、自然相手ですから仕方ありませんね、来年に期待しましょう!





e0123808_2373232.jpg

-渓-

8月13日は、とうとう一日中雨でした。

何もしないとお腹も空いてこないので、夕方ちょこっと竿を出してきましたがチビヤマメのみでした。

翌日は渋滞回避のため、朝マズメもせず、朝食も取らず午前3時には帰路に着きました。
[PR]
by kebariya | 2015-08-15 23:16 | 川の釣り | Comments(0)

D川ノート

【8月9日 日曜日 晴れ 気温32度 南寄りの風少々 17:00~19:00】

falconerbridgeさんに案内してもらったこの某県、某所、某河川ですが、この川を案内してもらった頃ネットの動画サイトで「頭文字D」を見つけ見入っていました。そんな訳で、「某県、某所、某河川」では長ったらしいのでイニシャルDからそのイニシャルを貰い「D川」と致します。

なので、この川の釣りは「D川ノート」となりますので、以後よろしくお願いいたします。


水量も落ち着いて、と言うより、やや減水気味のようです。

鮎師の方お二人にお話を聞いたところ、水位が落ちて釣り辛いそうです。

耳寄りな情報もゲットしました。

「ハスなら下流の〇〇橋の下に沢山いるよ、その下にデッカイ〇×△が着いているよ」だって!



鮎釣り師や川遊びの人達が一杯ですが、取敢えず邪魔にならない処に入ってみます。





e0123808_23474738.jpg

e0123808_2348521.jpg

e0123808_23482022.jpg

e0123808_23483288.jpg

e0123808_23484418.jpg

e0123808_2348594.jpg

e0123808_2349104.jpg


人生初ハス、釣れました!

サイズは19cm位から最大は23.5cmまで三尾、オイカワは小振りで殆どが雌でした。

尺越えのハスと20cmオーバーのオイカワ、是非釣ってみたいと思います。
[PR]
by kebariya | 2015-08-10 00:18 | 川の釣り | Comments(2)

某県、某所、某河川

今週末、falconerbridgeさんと行く予定だった某県、某所、某河川でしたが、先日の台風の影響でかなりの増水とのことで「延期にしましょう」と土曜日にメールがありました。

「了解しました、また、よろしくお願いします」と返したものの、18日の土曜日のSweet Waters も台風の余波の強風で中止になり、「何か釣りして~っ!」と言う事で、取敢えず単独で行っちゃいました。





e0123808_23425271.jpg

-某県、某所、某河川-

案の定、かなりの増水です。

鮎師が数人、両岸にポツポツ居ます。

ポイントさえ選べば、何とか釣りは出来そうなので竿を出してみることに。





e0123808_23454317.jpg

-オイカワ-

チビだけど婚姻色が出た雄、一応写真を撮っておきましょうか。





e0123808_23474119.jpg

-アユ-

ニンフに替えるとアユも釣れちゃいました。

その後もポツポツと釣れるのは、ちっちゃなオイカワだけです。





e0123808_23502081.jpg

-夕暮れ-

あっと言う間に夕暮れです。




e0123808_2351296.jpg

-カワムツ-

午後7時を過ぎた頃、ラストのポイントに選んだのは、普段は殆ど水量が無い支流の合流手前の小さなプール。

釣れてきたのは、婚姻色が出たカワムツ。

カワムツばから5~6匹釣れたら、パタッと反応が無くなりました。

小場所だから仕方ありませんね、次回はコンディションの良い時に、20センチクラスのオイカワとさらに大きいハスを釣りたいなぁ!
[PR]
by kebariya | 2015-07-21 00:04 | 川の釣り | Comments(2)

蕎麦、時々釣り

好調だった初日に気を良くして、午前四時起床。





e0123808_16561861.jpg

-朝-

入渓ポイントの山、もうすっかり明るくなっています。





e0123808_1658591.jpg

-白い花-




e0123808_16584437.jpg

-白い花と落ち込み-




e0123808_16592223.jpg

-朝日-




e0123808_16595291.jpg

-白い花-




e0123808_1703145.jpg

-先輩-




e0123808_1705963.jpg

-ヤマアジサイ-

昨日釣り損ねた魚を釣りたくて、昨日の朝入った渓をやってみたのですがノーキャッチ。

二度ばかり、寸前で毛鉤を見切った反応があっただけでした。


一方先輩は、昨日掛け損なったポイントで良型を仕留めたそうです。

そして、私がやっていたポイントでも一尾引きずり出しました。




朝食まで少し時間があるので、ちょっと気になっているポイントの様子を見る事にします。





e0123808_171598.jpg

-森の宝石-

このポイントが形成されて5~6年でしょうか、初めて釣れた一尾です。

「素直に嬉しいです!」

私が上流側をチェックして戻ってくると、先輩にも一尾釣れたそうです。

さあ、朝飯にしましょう。



朝食を済ませると私は、洗濯とお昼寝です。

毎度のことですが、先輩は宿の裏の流れを楽しんでいたようです。

12時過ぎに戻ってくると、良型を含め5~6匹の釣果があったそうです。



さて、買い物がてら昼飯でも喰いに行きましょう。





e0123808_17244667.jpg

-牧之庵-

今日もやっぱり、蕎麦です。





e0123808_17255360.jpg

-梅おろしそば-





e0123808_17263567.jpg

-梅おろしそば-

私の梅おろしそばは、たっぷりの蕎麦に大葉、若布、鰹節、カイワレ、大根おろしに梅干しが乗っています。それに汁を掛け回し、頂きます。

蕎麦を混ぜると笑っちゃうほどの大盛り、「ご主人、何時もいつもお気遣い有難う御座います」





e0123808_17342219.jpg

-冷やしたぬき蕎麦-

先輩の冷やしたぬき蕎麦も、勿論大盛り。

二人とも、ペロッと平らげてしまいました(笑)




e0123808_17364576.jpg

-避暑地-

昼食後は、少々観光に。

先ずは、とある隧道です。

導水管のために掘られた隧道の中は14度、会話する息が白く見え、暫くすると寒く感じるほどでした。因みにこの日の塩沢は、33度位になっていました。






e0123808_17422065.jpg

e0123808_1742377.jpg

e0123808_17425228.jpg

-ロックフィルダム-

とあるダム湖、私たちはこの周辺を釣り歩いています。

十年以上通っていますが、初めて訪れました。

駐車場にトイレ、四阿まで整備されていて良い処でしたよ。



その後、近くの流れをやってみましたが、ビックリ合わせのティペットブレークが一回のみ。

二日目、終了です。





e0123808_17485327.jpg

e0123808_174947100.jpg

-渓-

三日目の朝は四時に起き先輩を送り出し、もう一休み。

遅れること小一時間、宿の裏の少し下流の気になるポイントをチェックします。

流れが変わってしまい、大きく渦を巻くエグレがなくなっていました。

上流へ向かいます。

丁度岩魚を釣り上げていた先輩と遭遇、「もう少し上流を見て来ます」

上の二枚が、その上流のポイントの写真です。

雰囲気はとっても良い処なんですが、私の毛鉤には反応してくれませんでした。


ご一緒頂いた先輩お疲れ様でした、また、来年もよろしくお願いいたします。

有難う御座いました。


さて、来月は流星観賞でこの地を訪れます。

また、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kebariya | 2015-07-19 18:07 | 川の釣り | Comments(0)