夕立の後に

今日、私が住んでいるS川中流部近郊は、午後2時頃から雷を伴った夕立がありました。


そんな雨を利用して、久し振りに洗車をしました。


シャワーを浴び、軽く腹ごしらえをして、夕食の仕込みを済ませ雨上がりのS川へ。




5時過ぎに到着、手早く支度をし本流へ。

水位は気持ち上がった程度ですが、濁りが結構あります。

曇天で風も無く、濁り以外はかなりの好条件。

しかし、この濁りではフライを突っつくものさえおりません。

ここは見切って、何時もの支流へ移動です。








e0123808_23503218.jpg

-変な空-

移動中、何時もとは違った変な空だったんで、パチリ。






e0123808_23522681.jpg

-カメ-

橋から手前の流れを覗くと、今日も居ましたカメさん。






e0123808_23551928.jpg

-カワセミ-

よく見かけるカワセミですが、何時もカメラを向けるだけで逃げていってしまいます。

さっき降った雨と濁りのせいで誰も居ない河原、カワセミも油断しているのか、じっと濁った流れ

の中を餌を求めて覗き込んでいる。

コンパクトデジカメの10Xズームはこれが限界です。






e0123808_02569.jpg

-ピクニックポイント下・下流-

かなり濁っていますが、時折小さなライズがあります。

とりあえず釣ってみる事に。

一投目、  ピシャ。





e0123808_054197.jpg

-一尾目-

なんと、一投目でフックアップ。後が続くかどうか分からないので、とりあえず写真。


こんな濁りの中からもポツポツと釣れてきます。サイズは7センチから11センチと言ったところ。


そんな中、チョウ小さい吸い込むようなアタリ、ピシッと合わせると、





e0123808_0132352.jpg

-鰭が綺麗な雄-

「あっ、おチビちゃん釣っちゃった」と思ったら、以外に良く引く「まさか、もしかしてオス?」と呟き

ながら寄せてくると、鰭がとても綺麗な雄でした。





遠くで花火の音がしている、何時もより暗くなるのが早い、さあ、帰ろう。





e0123808_0201493.jpg

-遠くの花火-

川では見えなかった花火も土手の上の道に上がると、遠く山の彼方に姿を現しました。






濁りが取れていれば、明日の朝マズメは最高かも。
[PR]
by kebariya | 2008-08-10 00:27 | 川の釣り | Comments(0)