見~ちゃった

またまた、S川のオイカワ釣に出かけた。
10月に入り、もう鮎師もいないだろうと今日は、今年最初に行った本命ポイントに向かうべく下流の橋を渡ろうとした時、なんとコロガシ竿を持った鮎師が一杯立ち込んでいる。
すぐさま引き返し、いつもの支流のポイントへ車を向けた。





e0123808_23182675.jpg

-本流-

展望ポイントから本流を見渡すと、沢山いる鮎師の中に和船が見えた。投網でも打つのであろうか、下流から上流に向かって櫓を漕いでいる。






e0123808_23231952.jpg

-流れ込み-

いつもの流れ込みも大分水位が下がってきました。さて、今日はどんな具合でしょうか。






e0123808_23251155.jpg

-今日の2番魚-

毛鉤を流すと直ぐに反応があり、針を外そうとした時にちょっとしたアクシデントがありました。かえしを潰し忘れていて、1番魚は顎の一部が取れてしまいました。ゴメンナサイ。必ずバーブレスを使いましょう。で、2番目に釣れたのは、銀ピカのメス。






e0123808_23323299.jpg

-夕暮れ-

今日の夕暮れは、V字に延びる雲がとてもステキでした。







e0123808_23362273.jpg

-CDCカディスを咥えた小振りのオス-






e0123808_23393417.jpg

-若干のサイズアップ-

途中息子から電話が入り、ほんの数分のゴールデンタイムを逃してしまった、今日はこれでお終い。




e0123808_23475162.jpg

-S川の夜景-

展望ポイントからの夜景です。夜景と言ってもこれから6時になろうとしているところです。







e0123808_2350467.jpg

-ロマンチックな橋-

辺りが暗くなると、昼間はただの遊歩道の橋が、光を身に纏いロマンチックな橋に大変身。

釣りを終えてこの橋の袂を上がって来るとき、一組のアベック(死語か!)と遭遇。辺りは既に暗くなり人影も無い、橋脚の護岸に寄り掛かりながら身を寄せているアベック。一瞬双方ハッとする間があって、私はミニスカートからスーっと伸びたおみ足にドキッとしながらも、何も無かったようにその場を通り過ぎてきました。「見~ちゃった」
[PR]
Commented by falconerbridge at 2007-10-08 01:35
偶然ですね?今日はkebariyaさんの下流に行ってました。
ホームリバーと違って全然濁りがありませんでしたが、魚は釣れなくてキャス練になってしまいました。
Commented by kebariya at 2007-10-08 17:34
鷹さん

何を釣りに来られたんですか?S川には、鮭はいませんよ。間違ってサクラ鱒は、釣れる事があるらしいですよ。
あっ、そうか、下流と言うことなので川鱸ですね。気配、ありました?
by kebariya | 2007-10-08 00:02 | 川の釣り | Comments(2)