流星・蕎麦・時々釣り (後篇)

e0123808_2128084.jpg

e0123808_21282336.jpg

-渓-

2日目の朝はこんな渓を釣ってみましたが、全くの無反応でした。

要所々々には、魚が留まれるポイントはあるのですが ・ ・ ・ ・ ・






e0123808_21313047.jpg

-牧之庵-

今日も昼は、牧之庵の蕎麦です。





e0123808_21322715.jpg

e0123808_21324014.jpg

-山菜おろそ蕎麦-

このままだと昨日の梅そばよりあっさりしていますが、添えられた揚げ玉を入れると冷やしたぬき風になり、これもまた美味しく頂きました。






e0123808_213541.jpg

-某ダム-

蕎麦の後は、釣り場近くのダム見学。

実は、このダムの上の調整値も良く釣れるポイントの一つです。

最近、行ってないなぁ。





e0123808_21373924.jpg

-トンネル-

導水管を掘ったトンネルを見学です。

入った途端ヒンヤリと気持ち良い!





e0123808_21391655.jpg

-寒暖計-

トンネルの中は16度前後、暫しの涼を楽しめました。





e0123808_21405420.jpg

-渓-

夕マズメに選んだ渓です。

此処でも釣れて来るのは例のチビヤマメのみでした。


さあ、流星観賞に備えて早飯して寝よう。






e0123808_21445679.jpg

-流星観賞-

午前零時起床、何時もの観賞ポイントへ向かいます。

零時45分着、一組の先行家族が居ました。

此処で流星観賞を始めて以来、流れ星を見に来る人を初めて見ました。

新調したコットを広げ、寝袋に滑り込み観賞開始。

観賞以来、初めての快晴に流星を見る前から興奮(笑)

ほどなくして現れる流星、ワーオッ!1年振りの流れ星に感動。

その感動もつかの間、何処からともなく雲が出てきて全てを覆ってしまう。

すると家族連れはそそくさと帰ってしまう、少し待てば雲は切れるのになぁ。

此処からは晴れたり曇ったりの繰り返し、途中一組の家族連れが来ましたが、生憎の曇りのタイミング、直ぐに山を下りて行きました。

午前3時の極大の頃、運良く雲が切れほぼ快晴。

素晴らしい一時を過ごす事が出来ました。

3時45分、雲に覆われて来たので山を下りることにしました。

トータル1時間半位でしたが、およそ40個位の流れ星を観ることが出来ました。一瞬ですが流星痕を残すものも3個ほど観られました。

来年は月明かりが残る条件が悪い年だそうですが、間違いなく此処に来ていると思います。





e0123808_229410.jpg

-ゴマとバニラのミックスソフト-

流星群後の釣りもサッパリ駄目で、朝食後は思いっきり昼寝(朝寝!?)。

何もしていないのでお腹も空かず、午後から街道筋の温泉に浸かり、3時過ぎに山の中のイタリアンでやっているソフトクリームが3日目のランチでした。

前回先輩と行った際には、時間切れで食べられなかったのでことのほか美味しく感じられました。






e0123808_22182228.jpg

e0123808_22183719.jpg

-何時もの宿-

何時もお世話になっている宿似っ久(いっきゅう)&BAR WASABIYA。

夕マズメはせず、早めに食事を済ませ明日の早立ちに備えます。


釣は全くのダメダメでしたが、蕎麦は何時でも旨いし、流星群も裏切りません。

のんびりした大人の休日満喫出来ました。


感謝です。
[PR]
by kebariya | 2013-08-24 22:26 | 川の釣り | Comments(0)