流星・蕎麦・時々釣り (前篇)

8月11日~14日、ペルセウス座流星群を観に何時もの新潟へ行って来ました。

勿論、蕎麦と時々釣りもね。






e0123808_2321674.jpg

-コスモス-

早いですねぇ~、もう秋の気配、コスモスが咲き始めていました。






e0123808_2332654.jpg

-森の宝石-

初日の朝一は、復活しつつあるパラダイス。

無垢な岩魚は、毛鉤に騙されてくれました。






e0123808_2354872.jpg

-森の宝石-

初日の午後、宿裏の流れでも無垢な子が毛鉤を咥えてくれました。






e0123808_2383861.jpg

-初めての渓-

十年以上通い詰めているのに、初めて足を踏み入れた渓。

白昼の炎天下、残念ながら森の宝石は答えてくれませんでした。






e0123808_23112469.jpg

-牧之庵-

二日目の昼、漸く蕎麦を頂けます。

初日は、オリンピックと当日の寝不足がたたって、昼飯も喰わず睡眠を貪ってしまいました。






e0123808_2315310.jpg

-胡桃と浅葱-

蕎麦が供される合間、胡桃をつまみながら蕎麦茶を頂きます。






e0123808_23165920.jpg

-ぶっかけ蕎麦-

何とか菜(名前忘れちゃいました)・ししとう・茄子・舞茸・かき揚げ・南瓜の六種類の天ぷらと大根おろし、カイワレをトッピングした冷たい蕎麦です。

汁を回し掛けし豪快に喰らう、これが旨いんです。






今夜がメインイベントのペルセウス座流星群、夕マズメの釣りはせず早飯で夜に備えます。

早飯を済ませ8時半頃には、仮眠に着きました。

寝入って直ぐ激しい雨音、外を見ると土砂降りです。

半分あきらめ気味に、再度仮眠に。

12時起床、取敢えず雨は上がっています。

案の定、星は一つも見えません。

でも、迷いはありません。

観に行かずして、後悔はしたくありませんから。






e0123808_0191292.jpg

-準備完了-

大峰山山頂に着いて空を見上げると、周囲に雲はあるものの天上は晴れ渡っています。

「やったーっ!」

一昨年同様、山頂は晴れていました。


上の画像は一昨年のものです。

しっかり見留めたいので、写真は撮りませんでした。

一昨年と変わったところは、ブランケット代わりのグランドシートが寝袋に換わった事と、枕がコンパクトな物に換わった事です。

トレーナーを着て寝袋にすっぽり入って丁度良いくらい、山頂は寒かったですよ。

でも、その甲斐あって46個もの流れ星を観ることが出来ました。

その内6個くらいは、綺麗に残像を残す火球だったように思います。

来年は、近年では最良の年にあたるそうです。

是非とも、晴天の漆黒に闇に瞬く流れ星を観たいと思います。


来年も必ず観に行きますよ!
[PR]
by kebariya | 2012-08-15 00:42 | 川の釣り | Comments(0)