蕎麦時々釣り ・ ・ ・ 2010 (夏・壱日目) 

7月17日午前7時、何時もお世話になっている「似っ久・わさびや」に到着。

約、十箇月振りの再会、お茶を頂きながら、近況の報告やら何やらで約一時間半。


大雨では無いが、毎日必ず雨が降っているとの事。


「取敢えず、川の様子を見に行って来ます」で、釣り券を貰って宿を後にします。



日も高いこの時間、さて、何処へ行こう?


そうだ、昼間でも余り日が射し込まない、川幅が狭く両側の木々が覆いかぶさるあの沢にしよう。


一番美味しい、上流部の堰堤下から入渓です。






e0123808_233471.jpg

-森の宝石01-

居ました、今年も「森の宝石」

此処のところの雨で、増水と強い水勢により毛鉤を上手く流せないでいましたが、ほど良く毛鉤が佇むスポットを発見。 そこへ毛鉤を送り込んでやると、素直に反応してくれました。






e0123808_23113353.jpg

-森の宝石02-

尺クラスを掛けそこなった後に、掛かった一尾です。





e0123808_2315678.jpg

-山アジサイ-





e0123808_2316796.jpg

-森の宝石03-

此処からは、プールでは無く流れから出た宝石たちです。





e0123808_23174762.jpg

-森の宝石04-





e0123808_2319066.jpg

-森の宝石05-





e0123808_23194462.jpg

-森の宝石06-




此処で車で移動、4キロほど下流のポイントをチェックします。






e0123808_23264173.jpg

-森の宝石07-

既に11時過ぎ、流石にピーカンの日向からは反応がありません。

でも、大きな橋の下からは、こんな可愛い森の宝石が3匹も遊んでくれました。



8時半から11時50分迄で、チビ山女1匹、6寸から8寸の岩魚10匹も釣れました。

様子見にしては上々です。いや、出来過ぎですね。





e0123808_23363537.jpg

-駐車場-

二箇所目のポイントは、川の直ぐ脇に立派な駐車場まであります。





途中、チェックしたい流れ(別の川)を二箇所ほど確認しながら、塩沢の蕎麦屋に向かいます。





e0123808_23383031.jpg

-牧之庵-

此方も、約十箇月振りです。





e0123808_23395329.jpg

-御膳蕎麦-

旨い、メインの蕎麦やおにぎりもさることながら、脇役の漬物や昆布の山椒煮が絶品です。

私が昆布の山椒煮を作るようになったのは、此処の山椒煮に影響されたものなのです。実は、ご主人にお店で使っているものと同じ山椒を分けて頂きました。





e0123808_234639.jpg

-紅花-

奥様のセンスが伺える、投げ入れです。

大胆でいて繊細、何時も素敵な生け花を飾られています。




「ご馳走様でした」





e0123808_2348508.jpg

-側溝の岩魚-

店の玄関前を流れる側溝に岩魚が居ます。

今日は一匹でしたが、9月にもなると側溝の中を群れが移動する様を見る事が出来ます。

「スゴイデスネ!」





e0123808_23524148.jpg

-田圃-

やっぱり此処は、「お米の国」なんですね。



この後はもの凄い夕立ちで、夕マズメは無し。


宿で、「夕方寝」しました。



さて、二日目は ・ ・ ・ 


夕立の影響は ・ ・ ・
[PR]
Commented by harimama at 2010-07-21 07:52 x
あら、こちらも爆釣ですか~渋滞まで回避、なんてデキすぎです!(笑

PS.お料理はカラーでもお願いします。
Commented by kebariya at 2010-07-21 21:33
harimama さん

ども、こんばんは。
渋滞は、割切りで回避出来ますよ(笑)
カラーでは、前のエントリーと同じになってしまうので、今回は白黒にしてみました。
Commented by falconerbridge at 2010-07-22 00:16
スポーティな車は赤が似合いますね。
今度、カーインプレッションもお願いします。
Commented by kebariya at 2010-07-22 00:52
falconerbridge さん

ども、こんばんは。
車ですが、今回の釣行で色々と解ってきました。
足回りやら、燃費やら、その内紹介しようと思いますので、暫くお待ち下さいませ。
by kebariya | 2010-07-21 00:00 | 川の釣り | Comments(4)