蕎麦時々釣り ・ ・ ・ 参  

三日目の朝は、午前四時前に起床。


昨日の夕マズメで満足だったので、今日は釣りしなくても良かったのですが、一つ確認しておきたいことがあったのです。 

それは昨夜の事だったのですが、一定以上暗くなってこないと反応しなかったことです。 初日の朝、此処を釣ったのですが無反応、代わって昨夜薄暗くなってきてからは好反応でした。 ならば、朝の暗い内はどうなか試しておきたかったのです。




四時過ぎポイントに到着。 雲は厚く、霧雨が降っていて少し寒い。





e0123808_2339599.jpg

-オレンジベーグル-

ポイントに降り立ちラインをリールから引き出している時、流れで揺れる川面が一瞬割れた気がした。

はやる気持ちを抑えつつ、毛鉤に浮力材を施しゆっくりキャスト。 あれっ、毛鉤は申し分無い所を流れたのに無反応。 

二投、三投、朝は駄目なのかなと呟きながらの四投目。

流芯を僅かに外れた処を毛鉤が通る、何の前触れもなく飛び出し毛鉤を咥えた。

何時もS川でオイカワを釣っているロッドは、大きく弧を描いて絞り込まれています。

二度の突っ込みをかわし、ネットに納まりました。





e0123808_2356546.jpg

-岩魚 雄-

一枚目の写真は、またまた偶然が重なった賜で、本当はこの上の様な写真を撮るつもりでセットしたのですが、シャッターを切った瞬間運良く跳ねたのが功を奏しました。

胸鰭や尾鰭も大きく、雄らしい面構えのグッドサイズでした。



その後一度だけ、毛鉤を咥えない飛び出すだけの反応があったものの、辺りも明るくなってからは無反応です。 やはり相当警戒心が強くなっているようです。 この後、昨日釣れた瀬も流してみましたが、全く反応無し。 魚、居ない訳じゃ無いんですけどね。 だって、私の影を見て逃げる奴らを何度か見ましたから。




e0123808_01406.jpg

-ナーバスな瀬-

釣れたのは、少し上流の堰堤上の水深があるポイントでした。



今朝の一尾に大満足、早く宿に戻ってもう一度、寝よっと。




e0123808_0182012.jpg

-道路情報板-

午前六時気温十六度、こりゃ~寒いよ!




本当に二度寝をしてから朝食を頂きました。 

三連休の最終日、相当な渋滞が予想されることから早帰りする事にします。





e0123808_0244717.jpg

-ノルディックウォーキング・インストラクター-

帰り仕度を済ませてくると、マスターがお仕事モード。 今日は、ノルディックウォーキングのお客様が来られるのでバス停までお出迎えだそうです。

ストックを使うことで、腰や膝への負担が軽減される体に優しいスポーツの様です。興味のある方は、こちらまでお問い合わせ下さいませ。



九時半頃家路へと向かいました。 渋滞もストレスも無く午後一時前には家に着きました。




e0123808_0353283.jpg

-ひやむぎ-

渋滞怖さで、まだまだ興味がある蕎麦も食べずに帰ってきてしまったので、家蕎麦ならぬ家ひやむぎです。

湯沢で買ってきた「ぬれ七味」が良い感じで、あっという間に完食。 「旨かった!」



一風変わった蕎麦、何時食べても旨い蕎麦が喰えて、大好きな岩魚が釣れ、新潟の地酒も手に入れて最高な三連休でした。 




「今日も感謝です」
[PR]
Commented by haripapa at 2009-07-24 21:45
尾鰭が扇のように大きなイワナですね。
こんな魚にRUNされたら、たまんないですね。
Commented by kebariya at 2009-07-24 22:02
haripapaさん

ども、こんばんは。
状況が悪い中、ナイスコンディションな魚が釣れて大満足でした。
今年は、去年の様なチビヤマメは全く確認出来ませんでした。

海も川も何となく変ですね、どうもしっくりこない。

それはさて置き、明日は頑張りましょうライバル同士でね。
by kebariya | 2009-07-24 00:53 | 川の釣り | Comments(2)