流星・蕎麦・時々釣り

8月12日土曜日~14日月曜日、何時もの新潟へペルセウス座流星群をメインに釣りに行って来ました。



e0123808_01164059.jpg
-小雨の渓-

午前3時20分、ザーザー降りの中自宅を出発。

6時過ぎ到着、ザーザー降りの雨は小雨が降ったり止んだりとなっていました。

先月にも増しての増水、釣り難そう。



e0123808_01165137.jpg
-森の宝石-

強い流れの脇の巻返しに毛鉤を送り込んでやると、素直に咥えました。


しかし、後が続かず約束の時間となったので、宿へ向かいました。

朝食の用意をお願いしてありました。


朝食後は朝寝、これが堪らなく気持ち良いんです。




e0123808_01170128.jpg
-米の国-

昼飯を喰いに行く途中のワンショット、此処はお米の国なんですよね。




e0123808_01175975.jpg
-牧之庵-

何時もの牧之庵、夏暖簾がちょっとくたびれていますよ(失礼)




e0123808_01181147.jpg
-梅そば-

夏季限定の一品、この時季毎年頂いています。




e0123808_01182409.jpg
-厚い雲-

雲が低く厚いです、今夜の天気はどうだろう?


その後は買い物をし、宿の裏の流れに竿を出しましたが、釣果はありませんでした。




e0123808_01183921.jpg
-雨の山頂-

23時45分アラームで起床、外は霧雨模様。

午前零時15分、ダメ元で何時もの山頂を目指します。

山道に入ると直ぐに濃い霧、まるで雲の中を走っている様。

いつも以上に安全運転で山頂に辿り着くと、霧雨は雨に変わっていました。

暫く様子を見ていましたが、好転する兆しが無く山を下りました。

お陰様で、世界陸上の4X400リレーをLIVEで見る事が出来ました。



e0123808_01185084.jpg
-米処-

昼飯を喰いに行く途中の田圃、この時だけでしたねぇ、ちょっと日が射したのは。




e0123808_01190307.jpg
-夏はカレーだね!-

ランチは山のイタリアンでお店オリジナルのスープカレー、ナンじゃなくてアッソパン、それとノンアルのスパークリングワイン。

このノンアルワイン、甘ったるい葡萄ジュースなんかじゃなくて、酸がしっかりあって辛口のキリッとしたとても美味しいワインでした◎



e0123808_01192154.jpg
-山女魚-

e0123808_01193641.jpg
-山女魚-

食後の帰り道、ちょっと竿を出してみたら、山女魚しか釣れませんでした。

やっぱり此処では、岩魚を釣りたいんですよね。


今回の釣りは、これにて終了。

早目に宿に戻り一っ風呂、ゆっくり食事をしてのんびり過ごします。

14日の月曜日は、渋滞を避けるため午前3時過ぎには宿を発ち帰路に着きました。

来年は好天に恵まれ、素晴らしい天体ショーが観られますように!




[PR]
# by kebariya | 2017-08-21 22:52 | 川の釣り | Comments(0)

D川ノート

7月31日 晴れ 気温29度 南寄りの風少々 18:10~19:15

家を出る頃は、まだ強い風が吹いていましたが、ポイントに着いてみると風は弱くなり治まっていました。



e0123808_23435169.jpg
-今日のD川-

先日のゲリラ豪雨の影響はなく、水量は先週並みで落ち着いていました。

湿度が低いのか、わりと心地良い。




e0123808_23440204.jpg
-オイカワ ♂-

ファーストフィッシュは、まだ若い雄のオイカワです。

反応はポツポツあるのですが、中々フッキングせず漸く乗った一尾です。




e0123808_23441362.jpg
-夕焼け-

その後は、反応が無く直ぐに夕焼け空。

今日は厳しいのかな!?




e0123808_23442641.jpg
-ハス ♂ 28.5cm-

かなり暗くなってきた頃、やっと毛鉤を吸い込んでくれました。

この魚の前に、同じレーンでかなりの手応えのハスを掛けたのですが、ちょっと強引なやり取りでバラしてしまいました。

広範囲に探りながら、同じレーンにも必要に毛鉤を流します。

すると、バラした時と同じように通り過ぎた毛鉤を追いかけるように出て来て、すんなりと吸い込みました。


膝を折りためを作り、またラインを送り込み往なす事数回、やっとこさネットに収まりました。

サイズを測ってみると、28.5cmの自己記録更新です。

ちょー、ウレピイ!!!

次回は、30オーバー釣りたいなぁ!



e0123808_23443655.jpg
-デカい顔-

追星が出て、デカイ顔をし、婚姻色を纏った雄でした。




e0123808_23445162.jpg
-同、水中-

もう、暗い!

ソフトストロボで何とか撮ることが出来ました。



e0123808_23450379.jpg
-同 水中-

もっと綺麗に撮れる、日中に釣りたいなぁ

今度は、16時くらいから釣り始めてみようかな。





[PR]
# by kebariya | 2017-08-01 00:25 | 川の釣り | Comments(0)

D川ノート

7月24日 月曜日 曇り 気温32度位 南の風やや強し 18:15~19:20



e0123808_23291872.jpg
-曇天のD川-

丁度18時頃に到着。

なんか今日は、道が混んでたなぁ!

前回とは打って変わって人が疎ら、チャンスかも♪




e0123808_23300345.jpg
-オイカワ♂ 17.6cm-

開始五分ほどで釣れたオイカワの雄、自己記録を1mm更新。

こりゃ~、鼻から縁起が良いや!!




e0123808_23523412.jpg
-同水中-

水はかなり澄んでいて綺麗なんですが、曇天と時間の関係かちょっと暗い絵になっちゃいました。


二匹目が中々釣れませ~ん(泣)




e0123808_23303343.jpg
-二匹目の♂-

一度目は合わせられず、二度出の時に合わせたら、なんとスレがかりでした!

それでも一尾は、一尾。

立派な婚姻色の雄です。




e0123808_23312449.jpg

-今季初ハス-

辺りが大分暗くなってきた頃、漸く吸い込むような小さなアタリで出ました。

今季初ハスです。

銀ピカのポットベリーな24cm、雌なのかなぁ。




e0123808_23315538.jpg

-夕闇-

もう真っ暗です。

蒸しっとした、生暖かい夕マズメ。

数こそ少ないものの、満足の行く夕マズメとなりました。

感謝。




[PR]
# by kebariya | 2017-07-25 00:03 | 川の釣り | Comments(4)

夏の風物詩

7月15日土曜日 晴天 微風 気温35度位



e0123808_20132857.jpg
-相模湾と富士山-

HOLAさんからお誘い受けて、2年振りの相模湾です。



e0123808_20134106.jpg
-出港-

狙いはシイラ、運が良ければカツヲやマグロもです。

でも今回は、釣り以外のものがメインなんです(笑)

さて、それは、、、




e0123808_20135181.jpg
-fish on-

ファーストフィッシュは、マスターフグさんのティーザーに大型シイラがヒット!




e0123808_20140443.jpg
-カツヲ-

シイラのポツヒットの後の数カ所目、暫しカツヲ祭りになりました。

日頃の行いですかね、運が良かった!!

忙しかったので、カツヲを釣っている写真がありません(泣)



さあ、ここからが本日のメインイベントです。



e0123808_20141716.jpg
-船上かき氷大会-

私は今回、このためにお声が掛ったようです(笑)

カツヲ祭りで大汗をかいたので、何んと朝の7時半に一回目のかき氷です。



e0123808_20143548.jpg
-マンゴーかき氷-

一番人気のかき氷です。




e0123808_20144744.jpg
-額に傷を持つマヒマヒ-

かき氷でクールダウンした後は、プチシイラ祭りになりました。

久し振りのMオーバー、大海原に大ジャンプが似合います!

乗組員全員大満足で、何んと午前9時半沖上がりです!!


船宿に戻ってからは、女将さんを交え二回目のかき氷大会。

はりパパお手製の梅シロップが、清涼感たっぷり、後口スッキリで美味しかった!




e0123808_20150087.jpg
-カツヲ三昧-

カツヲを3本もキープしたものの、息子には断れるし、どうしよう(-_-;)(^_^;)(~_~;)

「捌いて、料理もするから食べて!」と、お友達家族にお願いし、一切無駄にする事無く食べきって頂きました。

カツヲは刺身、ポキ、ユッケ、それとお友達家族伝統の中骨の煮付けです。

皮を厚めに引き、久米島風に血合いも付けてみましたが、臭みなど全く無く目茶苦茶美味しかったです(@_@)

今回のカツヲ、今まで頂いたカツヲで一番美味しかったかもしれません。


また、お誘いくださいね!

かき氷器、何時でも持参致します(笑)



[PR]
# by kebariya | 2017-07-22 21:00 | 海の釣り | Comments(2)

蕎麦、時々釣り

少々時間が経ってしまいましたが、七月七日~九日、何時もの新潟へ行って来ました。

天候は、予報に反して晴天に恵まれました。

宿付近の気温は、朝方16度位から日中で25~6度で、昼寝には最高の環境でした。




e0123808_23090968.jpg
-マイナスイオン-

数日前の大雨で、かなり増水していました。

大好きなポイントなのですが、此処では掛ける事が出来ませんでした。



e0123808_23092415.jpg
-堰堤上のプール-

此処も大雨の影響で満水です、ですが、魚影のカケラもありませんでした。




e0123808_23093671.jpg
-同行の先輩-

やっぱり、餌は強いですね!



e0123808_23094954.jpg
-森の宝石-

サイズは大したことありませんが、体高がありでっぷとした岩魚。

此奴らに逢いたくて、毎年訪れています。




e0123808_23100571.jpg
-森の宝石-

水はとても冷たく、10秒も手を入れていると痛くて我慢できません!



初日の昼飯は、何時もの蕎麦屋牧之庵です。



e0123808_23102139.jpg
-ぶっかけ蕎麦-

先輩は蕎麦御膳を注文し、セットのおにぎりの半分を私に押し付けて来ます。

お腹一杯、ごちそうさまでした!



e0123808_23103347.jpg
-森の宝石-

何年か振りの尺、30.5cmのちょっとスレンダーな岩魚でした。

何か久々、うれしい!



二日目の朝、気温16度。

なんとなく、うすら寒い!!



e0123808_23104768.jpg
-渓-

此処も水量が多く、徒渉が大変そうです。

案の定途中で半転倒、右腕全部と右脇ずぶ濡れ!寒い!!



e0123808_23110689.jpg
-森の宝石-




e0123808_23111592.jpg
-森の宝石-

何処もテクニカルで、不用意なアプローチでは簡単に見切られました。




e0123808_23113075.jpg
-山のイタリアン-

昼飯は山のイタリアン、外のテラスで頂きます。



e0123808_23114263.jpg
-サラダ-

自家栽培の野菜を使った、グリーンサラダです。



e0123808_23115326.jpg
-窯焼きチーズ-

五種類のチーズと一次発酵の生地を薪窯で焼いたもので、パンをちぎってチーズを絡めて頂きます。

とっても、美味ですよ!



昼食後の釣りは、私も先輩も大したことなく終わっちゃいまいた。



三日目の朝は、気持ち遅めのスタートとなりました。



e0123808_23120546.jpg
-先輩-

小さなプールには、確実に魚が着いています。



e0123808_23121769.jpg
-森の宝石-

お腹でっぷりの良型です。



e0123808_23123197.jpg
-森の宝石-

特にお腹のオレンジが濃い一尾でした。



朝マズメの後は宿に戻り、シャワーを浴びて朝食。

渋滞が大嫌いな私は、後ろ髪魅かれる先輩を車に押し込み帰路に尽きます。




e0123808_23124100.jpg
-とまと蕎麦-

お陰様で渋滞も無くスムースに帰って来られました。

昼飯は、海老名にある国分寺そばで、海老名産トマトを使ったとまと蕎麦を頂きました。

確か去年は、地元産トマトが早く終わってしまったので食べられなかったんです。

釣りも食事も大満足な釣行でした。


先輩、また来年もね!



[PR]
# by kebariya | 2017-07-19 00:17 | 川の釣り | Comments(0)

D川ノート

【6月19日 月曜日 晴れ 南寄りの風少々 気温28度 17:50~19:10】

今年初めてのD川です。

本当は東京湾でマゴチ釣りでしたが、前日の予報で10m前後の強風予報が出ていたので中止にしました。

予報が外れたのか、陸ではあまり風が吹いていなかったので夕マズメだけ釣して来ました。



e0123808_18250557.jpg
-D川-

休み明けの月曜日なのに、凄い数の釣り人(鮎狙いのね)が竿を出しています。

何じゃ、これ! 平和だな、日本!



e0123808_18251966.jpg
-婚姻色のオイカワ-

対岸に廻って、鮎師の邪魔にならない処へ入って釣り開始です。

少しづつ上流に移ると、漸く反応がありました。

どうも魚が小さ過ぎて、毛鉤を咥えられない模様。

数歩上流に歩を進め、キャストしたら出ました!

綺麗な婚姻色の15~6cmの雄でした。


その後、後が続かずD川初日は一尾のみでした。



e0123808_18253317.jpg
-夕暮れ-

あっと言う間に夕暮れ、綺麗に空が染まりました。

此処に良く通われているというフライマンの方とお話しすると、「例年に比べると水量が多く、本来なら一番楽しめる時期なんですが、今年は渋いですね」との事でした。

それでもまた、訪れる事にしよう。




[PR]
# by kebariya | 2017-06-25 18:44 | 川の釣り | Comments(4)

南の島 三日目~

6月5日月曜日、偶に薄っすらと日が射す日和。

出来れば曇ったままの方が、身体には楽で良いんだけど(笑)




e0123808_23374693.jpg
-出港-

昨日浮いている魚が多かった4番パヤオへ向かいます。




e0123808_23383157.jpg
-久米島弐年兵-

黄昏ています。



e0123808_23390186.jpg
-カツヲ ゲット-

先ずは今夜のおかずゲットです。



e0123808_23393197.jpg
-船長釣りをする-

もう10年くらい来てるけど、船長が釣りをするところを始めて見ました!



e0123808_23400256.jpg
-3rd fish-

約15キロ、空鉤にキビナゴ付けて投げたら一発で喰っちゃいました。



e0123808_23403620.jpg
-トリプルヒット!-

奥から久米島弐年兵、おやつ大臣、マスターフグさんのトリプルヒット!です。




e0123808_23410938.jpg
-帰港中-

マグロを送ったり、松乃屋さんに魚を持ち込んだりと色々あるので、釣り最終日は早目の帰港です。

お疲れ様でした!!!



e0123808_23413978.jpg
-サワラのお造り-



e0123808_23420943.jpg
-サワラの焼き物-



e0123808_23423974.jpg
-マグロのお造り-

これ、メバチマグロです。



e0123808_23431643.jpg
-カツヲの酢味噌和え-

例年より、酸味が強かったかな。



e0123808_23434851.jpg
-カツヲのタタキ-

釣魚以外にも島料理を沢山頂き、満腹です。

し・あ・わ・せ・・・





e0123808_23444952.jpg
-speciaol thanks-

焼きテビチをしゃぶるおやつ大臣さん、手も唇の周りも脂でギトギトさせながら美味しそうに食べています。

何時も我儘なメンバーのお世話をして頂き、凄く感謝していますよ!

あなたが居ないと成り立たないツアーですから、来年もよろしくお願いしますね



6月6日火曜日 晴れっぽい



e0123808_23441980.jpg
-バイバイ久米島-

楽しい時間は、あっと言う間に終わってしまいますね。

だから、また来年。





[PR]
# by kebariya | 2017-06-14 00:23 | マグロ | Comments(0)

南の島 二日目

6月四日曇天、今にも降り出しそうな雲行きの中出港。

ポイントは、ここのところ調子が良い6番パヤオ。

小雨交じりのスタートフィッシングとなりました。



e0123808_23484947.jpg
-フィッシュ オンー

マスターフグさんにキープサイズがヒット!!

良い曲がりしています。




e0123808_23494142.jpg
-20キロクラス-

ファイト時間8分、流石です!



e0123808_23501512.jpg
-1st fish-

マスターフグさんの二匹目の後、仕掛けを回収中にヒットしたものです。

途中、乗組員二人にお手伝いいただき、私は最初と最後の美味しいところだけやってキャッチ出来ました。

約30キロ。


その後アタリがサッパリで、時間が遅かったこともあり4番パヤオ(島に一番近い)に移動しました。



e0123808_23504888.jpg
-2nd fish-

1st fishは取敢えずマグロの顔が見たいので、フライタックルと漁師仕掛けを融合させたシステムで獲ったものでした。

2nd fishは本来のスタイル、チャミングしながらフライを流しマグロを誘い掛けた一尾です。

約15キロ、老体にはこの位のサイズが丁度良い(笑)



e0123808_23511876.jpg
-ナイス ファイト-

マスターフグさん、三匹目のキープサイズです。



e0123808_23515144.jpg
-浮上-

大きく円を描きながら浮上、無事船上に上がりました。

釣り初日はここで終了、17時過ぎ帰港となりました。


つづく・・・


[PR]
# by kebariya | 2017-06-11 00:21 | マグロ | Comments(0)